[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

2017年02月10日

「涼風/岩崎良美」 - 名曲のご紹介

今日は、岩崎良美の「涼風(すずかぜ)」のご紹介です。

涼風 岩崎良美 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

岩崎 良美(いわさき よしみ、1961年6月15日 - )は、東京都江東区出身の歌手、女優です。
歌手の岩崎宏美は実姉。
代表曲は、「涼風」「I THINK SO(アイ・シンク・ソー)」「タッチ」「愛がひとりぼっち」「青」など。

岩崎 良美は、1980年2月21日に、「赤と黒」で歌手デビューをします。

そして、その3ヶ月後の5月に発売されたセカンドシングル「涼風」でTBS系「ザ・ベストテン」にランクインを果たし、同年の第6回日本テレビ音楽祭で、最優秀新人賞を受賞します。

その3ヶ月後に発売されたサードシングル「あなた色のマノン」は、日本レコード大賞などで新人賞を獲得。

そして、同年の大晦日には『第31回NHK紅白歌合戦』に初出場。
姉・岩崎宏美との姉妹同時ソロ出場は、紅白史上初の出来事でした。

また、1984年ごろからは、俳優としての活動も増え、 同年は山田太一ドラマ「真夜中の匂い」、「スクール☆ウォーズ」にレギュラー出演します。

今日は、そんな岩崎 良美の、1980年5月21日に発売された代表曲のひとつである「涼風」をどうぞ。


涼風/岩崎良美

この曲は、本人出演の資生堂「シャワーコロン」のCMソングに採用されました。

ジャケットは、岩崎の人見知りが激しいことを考慮したためか、30メートルほど離れた場所から撮影されました。
TBS系列「ザ・ベストテン」では、1980年7月3日に同期デビューの松田聖子と共に、「今週のスポットライト」で初出演を果たし、この曲を披露。
その後、同番組で第10位(2週連続)にランクインしました。

岩崎良美のエピソードあれこれ

・岩崎良美は、幼少期から、自宅で犬・猫・鳩・キジ・鶏などを飼っていた影響もあり、全般的な動物好きです。
また、父親は無口で、非常に厳しい人でしたが、動物と接するときの父の目が優しかったことから、動物好きの男性を理想とするようになりました。
入籍時の夫も、岩崎良美と同じく猫を1匹飼っており、結婚後は夫の猫を含めた2匹の猫を飼っていました(現在はアメリカンショートヘア、シャルトリュー、アメリカンカールの3匹の猫を飼っている)。

・杉本哲太が食事に誘った際、二人で会うことを躊躇(ちゅうちょ)した良美が友人の女性を連れて行ったため、三人で食事をしたことがあします。
この女性は、のちに杉本の妻となる神津はづき(こうづ はづき)で、これが両者の初対面の場となりました。

・朝日放送の音楽祭で優秀賞・最優秀歌唱賞を受賞した際、舞台上では平気でしたが、飛行場まで見送りに来て祝福してくれたファンを見て、ついに感極まって泣いてしまいました。

・幼少期、友達の家に行くにはひまわり畑を通らなければなりませんでしたが、姉の岩崎宏美に、「ひまわりは近くに来た小さな子どもを食べる」と教えられ、そのときの恐怖から長い間ひまわりが苦手でした。
が、のちのトーク番組で、宏美がこの発言をしたのは、仲の良い妹に友達ができて、妹を取られるように感じたためだということが明らかになっています。

・あだち充(あだち みつる)は、岩崎良美のファンであることを公言しており、のちに「タッチ」の主題歌を良美が担当してから、現在まで親交が続いています。

2017年02月06日

「哀愁エクスプレス/佐野量子」 - 名曲のご紹介

今日は、佐野量子の「哀愁エクスプレス」のご紹介です。


写真は、こちらからお借りしました。

佐野 量子(さの りょうこ、1968年8月22日 -)は、静岡県富士宮市出身の元タレント・歌手・女優で、本名は武量子(たけ かずこ、旧姓:佐野)です。

佐野量子は、1984年10月、日本テレビ系ドラマ「気分は名探偵」で女優デビューします。
が、本人は、歌手への憧れも持ち続けていたといいます。

そして、1985年4月21日に、「ファースト・レター」で歌手デビュー。
その後は、所属事務所の方針転換に伴い、バラエティ番組への出演が増えていきます。

同事務所の小堺一機や関根勤と共演する機会が増え、この2人が佐野量子の天然な言動や珍回答を上手く拾ったことで、いわゆるバラドルとしての一面も開花、重宝されるようになっていきます。

佐野 量子の出演したバラエティー番組には、「笑っていいとも」、「おれたちひょうきん族」、「ライオンのごきげんよう」などがあります。
佐野量子はまた、その他映画、ドラマ、CMなどでも活躍しています。

さて、今日はそんな佐野量子の、1988年11月1日に発売された通算12枚目のシングルである「哀愁エクスプレス」をどうぞ。

芸名は「りょうこ」ですが、本名は「かずこ」です。
佐野量子のアイドル時代の趣味は、アクセサリー収集、スポーツで、特技はピアノでした。

また、西村知美とはアイドル時代から仲がよく、現在も親交があります。
2014年には、西村知美のブログに、佐野とのツーショット写真が掲載されました。

西村知美 佐野量子 ツーショット写真
写真は、こちらからお借りしました。

佐野量子ファンの方は、以下のサイトもどうぞ。

佐野量子写真館
http://www.geocities.jp/ryoko_photo_museum/

2017年02月01日

「星のフラメンコ/西郷輝彦」 - 名曲のご紹介

今日は、西郷輝彦の「星のフラメンコ」のご紹介です。

星のフラメンコ 西郷輝彦 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

西郷 輝彦(さいごう てるひこ、本名:今川 盛揮 1947年2月5日 -)は、鹿児島郡谷山町(現:鹿児島市)の歌手、俳優、タレントです。
芸名は明治維新の三傑の一人西郷隆盛にちなむ。
歌手としては、橋幸夫・舟木一夫と共に「御三家」と呼ばれた(徳川御三家になぞらえて命名された)。

西郷 輝彦は、1964年2月に、「君だけを」でデビューをします。
同曲は60万枚を売り上げ、この曲とともに「十七才のこの胸に」もヒットします。
そして、両曲でその年の第6回日本レコード大賞新人賞を獲得。

西郷 輝彦は、人気歌手としてだけでなく、多くの映画にも主演し、1960年代を代表する青スターでした。

特に、1966年に発売した「星のフラメンコ」は、30万枚を売り上げる大ヒットとなり、何人かの歌手によるカバーのほか、タモリ(曲名は「肉のフラメンコ」)やCMなどにパロディー化もされています、

また、2008年には、フラメンコの本場であるスペイン出身の歌手・ライートが、自身のアルバムでこの曲を英語でカバーしています。

それでは今日は、1966年07月01日に発売された、西郷 輝彦の通算26枚目のシングルである、その「星のフラメンコ」をどうぞ。

いやー、ノリのいい曲ですねー。(^O^)
もしも宇宙空間でこの曲を歌ったら、さぞかし気持ちがいいことでしょうね。(^^)

ドウイウ 発想 ダイ、ソレハ。((( ~_~)  (^ . ^)

西郷 輝彦は、1975年からは時代劇にも進出。
特に、国民的時代劇であるTBS「ナショナル劇場」の「水戸黄門第6部」の第1話にゲストとして招かれて出演したことがきっかけで、同枠の時代劇「江戸を斬る」の主演・遠山金四郎役に抜擢(ばってき)されます。

同時代劇で京都映画祭新人賞を受賞し、第4シリーズの初回において最高視聴率36.7%を獲得するなどの人気シリーズとなり、俳優としての地位を確立します。

また、あらゆる面でその後の人生に大きな影響を与えた森繁久弥(もりしげ ひさや)に師事し、舞台「暖簾(のれん)」「孤愁の岸(こしゅうのきし) ※」「屋根の上のヴァイオリン弾き」などに出演する森繁ファミリーの一員でもありました。

さらには、NHK大河「独眼竜政宗」の片倉景綱役や、時代劇「水戸黄門」の松平頼常役、「江戸を斬る」の遠山金四郎役など、主に時代劇俳優として活躍する一方、近年ではタレントとしてもみのもんたの「午後は○○おもいッきりテレビ」などに出演しています。

※「孤愁の岸」のオリジナルは、昭和37年(1962年)に刊行された杉本苑子の歴史小説。江戸時代の濃尾平野の治水事業を題材にした作品で、同年、第48回直木賞受賞。

2017年01月27日

「 ふたりの愛ランド/石川優子とチャゲ」 - 名曲のご紹介

今日は、石川優子とチャゲの「ふたりの愛ランド」のご紹介です。

 ふたりの愛ランド 石川優子とチャゲ ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

石川 優子(いしかわ ゆうこ、本名:田中優子、旧姓:石川 1958年10月3日 -)は、大阪府大東市深野出身のシンガーソングライターです。

石川 優子は、中学3年でギターをはじめ、高校時代は女性デュオの「スリーピー」、高校3年から短大にかけてはバンドの「ファンタスティック」などに参加して活躍します。

1978年、ヤマハ第16回ポピュラーソングコンテスト(通称ポプコン)つま恋本選会にCHAGE and ASKA(チャゲ アンド アスカ)、円広志(まどか ひろし)、大友裕子(おおとも ゆうこ)、クリスタルキングらとともに出場し、「夜の雨」を歌って注目されます。

そして、1979年3月に「沈丁花」で歌手デビューし、同年7月には石川優子自身が作詞・作曲した2枚目のシングル、「レット・ミー・フライ」、11月には3枚目のシングル「クリスタル モーニング」を発売。
この曲は、本人出演の「コルゲントローチ」CM曲となり、大ヒットをします。

1981年には、通算7枚目のシングルとして発売された「シンデレラ サマー」が、同年のJAL沖縄キャンペーンソングとなって大ヒット。
美しい声とアイドル並の容姿を持ちながら、作詞・作曲もこなす実力派歌手として認知されます。

1984年には、CHAGEとのデュエットが実現。
CHAGEが作曲した「ふたりの愛ランド」がJAL沖縄キャンペーンソングに決まったことで、「石川優子とチャゲ」というアーティスト名で、その夏最大のヒットを飛ばします(「ザ・ベストテン」には11週連続登場。最高2位)。

今日は、1984年4月21日に発売された、石川優子とチャゲ(現:Chage)とのコラボレーションソングである、その「ふたりの愛ランド」をどうぞ。

この曲にまつわるエピソード

当時、チャゲ&飛鳥(現:CHAGE and ASKA)の発売するシングルA面は、すべて飛鳥(現:ASKA)がメインボーカルをとっていました。
そのため、チャゲは、シンガーソングライターとして単独でもやっていけるほどの実力を持ちながらも、自身がメインボーカルを務める楽曲は常にB面にとどまっており、彼が目立つ機会は皆無といっていいほどでした。

そんな折、JALのCMソングとして、2人の所属するレコード会社であるヤマハに依頼があり、そこでチャゲの作った「ふたりの愛ランド」に白羽の矢が立ったのです。

しかしながら、この曲は「チャゲ&飛鳥」が通常歌っている曲とはあまりにも曲調が異なり、本人もシャレのつもりで書いたものだったため、ヤマハの制作プロデューサー・山里剛が、この曲を飛鳥とではなく、前年にJALのキャンペーンソングを担当した石川優子と組むことを提案し、それが採用されました。

また、デュエットを組む際には、チャゲがこの曲を、男女のデュエットで歌うことを想定せず、自分の歌いやすいキーで作曲していたため、キー合わせに苦心したといいます。

なおこの曲は、累計で45万枚を売り上げました。

2017年01月21日

「ムーンライト・ジルバ/やまがた すみこ」 - 名曲のご紹介

今日は、やまがた すみこの「ムーンライト・ジルバ」のご紹介です。

ムーンライト・ジルバ やまがた すみこ ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

やまがた すみこ(旧本名 : 山県寿美子、1956年10月11日 -) は、東京都北区出身のフォーク、歌謡曲等のシンガーソングライター、スタジオミュージシャンです。
作詞作曲者としての名義は「山県すみ子」で、他に「モモ」名義の録音もあります。夫は井上鑑(いのうえ あきら)。

やまがた すみこは、小学校6年生の頃から作詞作曲を始め、上野学園高校1年生在学中(1972年)にTBS系の視聴者参加番組「家族そろって歌合戦」に出場し、中学生の時の自作曲「夏になったら」を歌い優勝します。
これをきっかけに、日本コロムビアからスカウトされ、翌年の1973年2月に「風に吹かれていこう」で歌手デビューをします。

ファーストアルバム「やまがたすみこフォークアルバム第一集 風、空、そして愛」(1973年3月)では、本田路津子風のカレッジフォークのスタイルを取り、自作曲の他に森山良子などの曲をカバーしていましたが、その後は次第に「ニューミュージック」色が強くなっていきます。

1977年7月25日に発売されたアルバム「FLYING(フライング)」においては、自作曲が減り、代わって松本隆、鈴木茂、細野晴臣、佐藤健、伊藤銀次らが曲づくりに参加しています。

1985年には、つくば科学万博「住友館」のテーマ曲「空に会おうよ」(作曲・編曲:坂本龍一、作詞:矢野顕子)を「モモ」と言う名前で歌っていました。

今日は、そんなやまがた すみこの、1977年07月01日に発売された通算9枚目のシングルである「ムーンライト・ジルバ」をどうぞ。

この曲は、同月末に発売された、前述の「FLYING(フライング)」にも収録されています。

やまがた すみこは、テレビ媒体においては、TBS系TVドラマ「おさななじみ」のテーマ曲「あの日のことは」(1973年)、アニメーション「南の虹のルーシー」のテーマ曲「虹になりたい」「森へおいで」(1982年)で知られています。

『おさななじみ』のドラマ中では、ギターを持つやまがたすみこが登場して、居間や窓辺で「夏になったら」「風に吹かれていこう」「あの日のことは」などの曲を歌う場面もあり、林寛子と「この広い野原いっぱい」を合唱する場面もあります。
単なるフォーク歌手というよりも、一種美少女アイドル寄りの時期もありました。

また、1974年には、NHK教育テレビ(現:Eテレ)の学校放送番組「うたって・ゴー」で、歌のお姉さんとして出演したこともあります。

ちなみに、同年に発売された名曲としては、他にイルカの「雨の物語」、さだまさしの「かかし」、岡田奈々の「らぶ・すてっぷ・じゃんぷ」、キャンディーズの「わな」などがあります。