ブログ内検索
ランキング
プロフィール
HN:
Super源さん
性別:
男性
自己紹介:

東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、音楽、パソコン。ネコが好き。
癒しと励まし、そして切なさをテーマとしたオリジナル曲を作っています。
広告
ページランキング
最新コメント
リンク
ブックマーク
カウンター


開設日: 2008/04/26 (土)

作詞・作曲、名曲のご紹介、その他音楽にまつわることを、ペンペンと書いていきたいと思います。


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
皆さん、こんばんは。(^^)/

新曲を公開したので、お知らせいたします。
曲名は、「ドレミファンファーレ」です。

今回は、ピアプロで詩を書かれているアリスさんとのコラボ曲第2弾です。(*^^)
アリスさんの詩に、私が曲をつけさせていただきました。
お聴きいただければと思います。(^^)

今回は、とにかく楽しくて、元気の出る曲を目指して制作しました。どうぞお聴きになってみてくださいね。(^^)

歌は、蒼姫ラピスちゃんに歌っていただきました。
今回もはちゅねミク、(゚゜)コンッ\(--;)、じゃなかった、初音ミクちゃんの歌唱を期待していた方、ごめんなざい。m(__)m
(?_?)ン? そんな方、いらっしゃるのか?(爆)

いやー、(^o^) やっぱりこの曲は、若さはち切れるラピスちゃんでしょう。
(--)(__) ウンウン←(^^;ヒトリデ ナットク シテル。

曲は、本日「Super源さんの癒しの音楽館」の方で公開いたしました。

曲へのページへは、以下のリンクから直接行けます。

ドレミファンファーレ- Super源さんの癒しの音楽館

また、感想などありましたら、掲示板の方にいただけるとうれしいです。(^^)

それでは、どうぞお聴きください!(^O^)/

今日は、荒木 一郎の「あなたといるだけで」のご紹介です。

荒木 一郎(あらき いちろう、1944年1月8日 -)は、東京都出身の俳優、歌手、音楽プロデューサー、小説家、マジック評論家、カードマジック研究家です。
母親は女優の荒木道子。父親は文芸評論家の菊池章一。元妻は女優の榊ひろみ。

荒木 一郎は、9歳で文学座アトリエ公演に出演し、俳優としての初舞台を踏みます。
高校時代はモダンジャズに傾倒し、バンドを組み、作詞と作曲を始めます。

1962年に、切手コレクションで第18回全日本切手展グランプリ受賞。
1963年には、青山学院高等部卒業。文学座に在籍して俳優業を開始、『バス通り裏』でデビュー。

その一方で、音楽の才能も注目されて、東海ラジオの番組「星に唄おう」のDJを務め、そのテーマ曲「空に星があるように」で、1966年にビクター音楽産業から歌手デビュー。
同年、この曲で第8回日本レコード大賞新人賞を受賞します。

音楽活動では平尾昌晃と交流があり、その縁で平尾昌晃が音楽を担当した必殺シリーズに参加することになり、「必殺仕業人」「必殺からくり人」の主題歌を作詞します。
また、「仕業人」では自ら挿入歌を歌っています。

マジック評論家としては、1998年に設立されたマジックサークル「プリンあらモードMagic Club」の会長を務め、またマジックに関する著書も執筆しています。
くわえて、趣味の将棋は、四段という実力の持ち主です。

今日は、そんな多才な荒木 一郎の、1966年に制作された風俗ドラマ「今夜は踊ろう」(「今夜は踊ろう」主題歌)B面に収録されていた「あなたといるだけで」(同・挿入歌)をどうぞ。


あなたといるだけで/荒木一郎

「今夜は踊ろう」は、「続社長千一夜」の笠原良三がシナリオを執筆し、「ザ・ガードマン 東京忍者部隊」の弓削太郎が監督した風俗ドラマです。
撮影は「野良犬(1966)」の中川芳久で、1967年5月13日に劇場公開されました。


ちなみに、この荒木一郎の名曲「あなたといるだけで」ですが、がカラオケで歌おうとしてもなかなかありません。【><】

調べてみたところ、通信カラオケの3社のうち、配信されているのは【UGA】社だけのようです。
UGAのカラオケ機器が設置してあるお店がどこにあるかは、近くのカラオケ店へ電話で問い合わせてみると良いでしょう。

UGAの3機種とも、この曲のリクエストNoは1038-11、または103811となっています。
原曲のキーです。

参考にしたサイト
今夜は踊ろう-映画.com
http://eiga.com/movie/36601/
荒木一郎の名曲「あなたといるだけで」のカラオケ
http://okwave.jp/qa/q6422844.html

今日は、菊池 桃子の「青春のいじわる」のご紹介です。

菊池 桃子(きくち ももこ、1968年5月4日 -)は、東京都品川区出身の女優・タレント・元アイドル歌手、ナレーター、学者、戸板女子短期大学客員教授です。元夫は、プロゴルファーの西川哲。

菊池 桃子は、叔母が青山で経営していた飲食店の店内に飾っていた菊池の写真が、たまたま来店した音楽プロデューサーの妻の目に止まり、スカウトされます。

菊池 桃子自身は、当時芸能界に対して特に強い憧れや目標とする芸能人が存在していたわけではなく、(考古学者になる事が長年の夢であった)「見てみたいと思った」程度の軽い気持ちであり、デビュー以前度重なるオーディションに、「自分には向いていない、辞めたい」と思ったと後年述懐しています。

が、デビュー後は、その愛らしいルックスと優しい人柄、そして裏表のない控えめな性格が幅広い世代に愛されて、一躍トップに躍り出ます。
1980年代を代表する、アイドル歌手の一人であることは疑いありません。

菊池 桃子のささやくような独特の歌唱と、まるで普段着のような衣装と自然な振りつけは、当時としては異色で、後にこのスタイルで活躍していく多くのアイドル歌手たちの嚆矢(こうし)となりました。

また、愛犬家で動物好きの一面があり、富士山に造詣が深く、読書家です。趣味は手工芸や料理で、独身時代は自宅で懐石料理やシチューを数日煮込んで作るほど熱中していたということです。

今日は、そんな菊池 桃子の1984年4月21日に発売されたデビュー曲である「青春のいじわる」をどうぞ。


青春のいじわる/菊池桃子

この曲の歌詞はこちら

菊池桃子の近況

2014年現在、菊池桃子は高校2年生の長男と中学1年生の長女の母親であると共に、母校である戸板女子短期大学の客員教授として、雇用政策(キャリア教育)について講義を受け持っています。

また、2014年にデビューから30周年を迎え、4月にニューアルバム「青春ラブレター~30th Celebration Best~」を発売し、5月24日・25日には記念ライブ「菊池桃子30thAnniversary Concert「青春ラブレター」」を開催。
これを期に、今後の活躍に期待が高まっています。

←←   前のページ    次のページ   →→
Copyright(C) 2008-2014 Super源さんの音楽ブログ All Rights Reserved.
*
blogdesigned by 福井めい