ブログ内検索
ランキング
プロフィール
HN:
Super源さん
性別:
男性
自己紹介:

東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、音楽、パソコン。ネコが好き。
癒しと励まし、そして切なさをテーマとしたオリジナル曲を作っています。
広告
ページランキング
最新コメント
[07/29 Super源さん]
[07/28 t.o]
[07/07 Super源さん]
[07/06 しちてんはっき]
リンク
ブックマーク

カウンター


開設日: 2008/04/26 (土)

作詞・作曲、名曲のご紹介、その他音楽にまつわることを、ペンペンと書いていきたいと思います。


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
今日は、森高千里の「私の夏」のご紹介です。

森高千里(もりたか ちさと、本名:江口 千里(えぐち ちさと、旧姓:森高 1969年4月11日 -))は、大阪府茨木市(おおさかふ いばらきし)出身の歌手・作詞家・作曲家・ドラマーです。

森高千里は、九州女学院在学中の1986年夏、大塚製薬が主宰した「第1回ポカリスエット・イメージガールコンテスト」でグランプリを受賞します。

翌年の1987年春、東宝映画『あいつに恋して』にヒロイン・松前千里役で出演し、5月25日に同映画の主題歌「NEW SEASON」で歌手デビューをします。

1989年、南沙織の楽曲のリメイク「17才」がヒットし、一躍人気ミュージシャンとなります。

今日は、そんな森高千里の1993年4月10日に発売された通算17枚目のシングルある「私の夏」をどうぞ。


私の夏/森高千里

この曲は、アルバム「LUCKY 7」からの先行シングルで、アルバムの方は別音源で収録されています(前奏と間奏が若干長い)。
また、「'93全日空沖縄キャンペーンソング」として使われました(CFには本人も出演)。

森高千里 CM 1993年 ANA 「ANA'S SUMMER 沖縄」 曲 私の夏


当時、森高千里は以下のような賞も受賞しています。

1987年 大塚製薬 第1回 ポカリスエット・イメージガールコンテスト グランプリ
1989年 TBSテレビ 第22回 日本有線大賞 有線音楽賞 (17才)
1999年 「いい夫婦の日」をすすめる会 第1回 パートナー・オブ・ザ・イヤー ※江口洋介との共同受賞


森高千里の近況

2007年5月に、自身のヒット曲「渡良瀬橋(わたらせばし)」の歌碑が、栃木県足利市(とちぎけん あしかがし)にある渡良瀬橋のそばに完成。
同月には、日産・ラフェスタのCFソング(「ラ・ラ・ラ・ラフェスタ」)が発表されました。

2009年4月24日放送の「僕らの音楽(フジテレビ)」にて、親交のある渡瀬マキと対談。
10年ぶりのテレビ出演となります。

2011年4月9日に、アップフロントエージェンシー(現:アップフロントプロモーション)が山下公園で東日本大震災チャリティーイベント「がんばろうニッポン 愛は勝つ~From Yokohama with love~」を開催。
同エージェンシー所属のアーティストと「愛は勝つ」を歌い、募金活動を行ないました。

2012年5月25日の歌手デビュー25周年を機に、公式ホームページをリニューアル。
さらに、Youtube公式チャンネル、facebook公式ページ、google+公式ページを立ち上げ、その中で、今後1年間をかけて、オリジナル楽曲200曲のセルフカバーを目玉に、他にもベストアルバムの発売等、25周年記念企画をPR、本格的に歌手活動を再開することを発表。
この日を境に、メディアへの露出も急激に増えます。

2013年11月13日に、若手DJである「tofubeats(トーフビーツ、本名:河合 佑亮(かわい ゆうすけ))」からの依頼で制作した「Don't Stop The Music feat. 森高千里」が収録された「tofubeats」の2ndシングルである「Don't Stop The Music」を発売。

2014年8月17日に、サマーソニック2014のレインボーステージで2013年にメジャーデビューしたばかりの「tofubeats」と共演し、スタートレックをモチーフとした衣装と演出で、クラブミュージック直系のエレクトロ・ポップにリミックスされた代表曲群を歌唱。
ここで、最新のクラブミュージックを歌う森高千里という新しい一面を切り開きます。


今日は、赤い鳥の「翼を下さい」のご紹介です。

赤い鳥(あかいとり)は、1969年に結成された音楽グループです。
1970年代を中心に活動し、1974年に解散したフォークグループで、代表曲には「翼を下さい」と「竹田の子守唄」があります。

赤い鳥は、1970年4月に、イギリス、ロンドンでレコーディングを行ない、6月にシングル「人生」、アルバム『FLY WITH THE RED BIRDS』でメジャーデビュー。

赤い鳥というグループ名の由来は、鈴木三重吉主宰の児童雑誌『赤い鳥』からとられました。

メンバーは、後藤悦治郎(ギター)、平山泰代(ピアノ、1974年2月後藤悦治郎と結婚)、山本俊彦(ギター)、新居潤子(1973年4月に山本俊彦と結婚し、山本潤子)(ボーカル・ギター)、大川茂(ベース、1969年6月加入)の5人です。

後期には、大村憲司(ギター、1972年2月から解散まで)、村上秀一(ドラム、1972年6月から解散まで、村上“ポンタ”秀一)、渡辺俊幸(ドラム・キーボード、1973年4月から)が加わりました。

今日は、赤い鳥の代表曲のひとつである「翼を下さい(つばさをください)」をどうぞ。


翼を下さい(つばさをください)/赤い鳥

この曲の歌詞はこちら

「翼をください」は、もともと1971年に発売された「竹田の子守唄」のB面に収録されていた曲ですが、合唱曲として有名となり、既に1970年代後半からは、学校教育の場でもよく採り上げられるようになっていました。

1998年、サッカーワールドカップの際には、サッカー日本代表チームの応援歌としてこの曲を、山本潤子が歌いヒットしました。
また、曲をモチーフにしたドラマも制作・放映されました。

赤い鳥のその後
赤い鳥は、前述したように1974年に解散しましたが、その後、後藤・平山夫妻は「紙ふうせん」を、山本夫妻と大川は「ハイ・ファイ・セット」を、渡辺は「ハミング・バード」を結成します。

そして、「紙ふうせん」はフォークのあり方を追求し、「ハイ・ファイ・セット」は荒井由実やジャズを取り上げるなど、ポップな演奏を繰り拡げます。
「ハミング・バード」は、後期の赤い鳥の流れをつぐ音楽性を展開しますが、アルバム1枚とシングル数枚で解散します。

また、渡辺俊幸は、1976年にさだまさしのバックボーンとなって、プロデュース・編曲・バックバンドのメンバーなどで活躍します。


皆さん、こんばんは。(^^)/

さきほど、新曲を公開したので、お知らせいたします。
曲名は、「あなたハイジャック」です。

今回は、ピアプロで詩を書かれている鳥バクさんとのコラボ曲です。(*^^)
鳥バクさんの詩をハイジャックしに、私Super源さんが曲をつけさせていただきました。
お聴きいただければと思います。(^^)

今回は、タイトルがちょっとインパクトありますが、(^^;可愛い曲ですよ。
どうぞ、お聴きになってみてくださいね。(^^)

歌は、もう可愛さいっぱい&元気いっぱいの蒼姫ラピスちゃんに歌っていただきました。(^-^)g

曲は、さきほど「Super源さんの癒しの音楽館」の方で公開いたしました。
曲のページへは、以下のリンクから直接行けます。

あなたハイジャック -Super源さんの癒しの音楽館

お時間のある折にでも、ご近所さんをお誘いのうえ、お越しいただければと思います。
従業員一同、お客様のご来店、首を長ーくしてお待ちしております。(^^)
?(゚_。)?(。_゚)?アレッ? ちょっと違ったかな。(爆)

なお、感想などありましたら、掲示板の方にいただけると、泣いて喜びます。
(ToT) エーン←アララ、モウ ナイテル ヨ。(^^ ;

それでは、どうぞお聴きください!(^O^)/


←←   前のページ    次のページ   →→
Copyright(C) 2008-2014 Super源さんの音楽ブログ All Rights Reserved.
*
blogdesigned by 福井めい