[6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]

2016年10月04日

「ドールハウス/沢田聖子」 - 名曲のご紹介

今日は、沢田 聖子の「ドールハウス」のご紹介です。


写真は、こちらからお借りしました。

沢田 聖子(さわだ しょうこ、1962年3月13日 -)は、東京都中野区出身のシンガーソングライターです。
担当楽器は、ボーカル、ピアノ、ギター。

沢田 聖子は、1979年5月25日に、クラウンレコードから「キャンパススケッチ」でデビューをします。
当時、「イルカの妹」というキャッチコピーにより、産休から復帰したイルカのカムバックリサイタルのステージにも立ちます。

以後、ライブを中心とした音楽活動、パーソナリティ活動などを積極的に行ないます。

彼女が活躍を開始した1980年代初頭においては、若い女性のシンガーソングライターは希少な存在で、そのルックスも相まって、男性層からアイドル的人気を得ます。
そして、80年代の女性ニューミュージックシーンを変え、アイドル性をもったシンガーソングライターの草分け的存在となります。

1980年には、学園祭出演数No.1を記録し、「学園祭のプリンセス」と呼ばれます。

今日は、そんな沢田聖子の、1983年03月20日に発売された通算9枚目のシングルである「ドールハウス」をどうぞ。


ドールハウス/沢田聖子

1970年代から1980年代にかけて、フォーク・ニューミュージック系の歌手はテレビには出演しないという一種の風潮のようなものがあった時代に、沢田聖子はライブを中心とした音楽活動を続けるかたわら、音楽番組にも数多くゲスト出演をしています。

1979年11月に、初の全国ネットフジテレビ系列『夜のヒットスタジオ』に出演し、「シオン」を歌います。
1998年10月6日~2000年9月26日に、KBS京都テレビにて毎週火曜日22:30-23:00に放送された「うわさの街WA!」では、立原啓裕との共演で、初のテレビ番組のレギュラーを務めます。

1993年10月3日~2004年3月28日に、TBS系列にて毎週日曜日7:30-8:00に放送された「笑顔がいちばん!」では、初の旅番組レポーターとして4回にわたって出演し、自らの楽曲「青空」「smile」「PRESENT」が番組のテーマソングとなります。

2016年09月28日

オリジナル曲、「ミルク色の朝」(歌:初音ミク)を公開しました。

皆さん、こんにちは。(^^)/
ちょっぴりご連絡が遅くなってしまいましたが、【><】新曲ができたのでお知らせいたします。(^^)v
曲名は、「ミルク色の朝」です。

今回は、OKMusicという音楽SNSで詩を書かれているyouさんとのコラボ曲第4弾です。(*^^)
youさんの書かれた、「あなた」への愛しい想い、そして切なさがきゅんきゅん伝わってくる詩に(T^T)、私Super源さんが曲をつけさせていただきました。
お聴きいただければと思います。(^^)

今回は、作詞者からのご指名で、ボーカルは初音ミクちゃんに歌っていただきました。
また、曲にはコーラスを入れ、こちらは私の判断でMEIKO姉さんを起用しました。(^^)

曲は、先日「Super源さんの癒しの音楽館」の方で公開いたしました。
曲のページへは、以下のリンクから直接行けます。

ミルク色の朝-Super源さんの癒しの音楽館

お時間のある折にでも、お聴きいただければ幸いです。(*^^)

なお、もしもご感想などありましたら、掲示板の方にいただけるとうれしいです。

それでは、どうぞお聴きください!(^O^)/

2016年09月25日

「雪にかいたLove Letter(ゆきにかいたラブレター)/菊池桃子」- 名曲のご紹介

今日は、菊池 桃子の「雪にかいたLove Letter」(ゆきにかいたラブレター)のご紹介です。

雪にかいたLove Letter 菊池桃子 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

菊池 桃子(きくち ももこ、1968年5月4日 - )は、東京都品川区出身の女優・タレント・元アイドル歌手です。元夫はプロゴルファーの西川哲。

菊池 桃子は、叔母が青山で経営していた飲食店の店内に飾っていた菊池の写真が、たまたま来店した音楽プロデューサーの妻の目に止まり、スカウトされます。

そして、1984年4月21日に、「青春のいじわる」で歌手デビュー。

菊池 桃子自身は、当時芸能界に対して特に強い憧れや目標とする芸能人が存在していたわけではなく、(考古学者になる事が長年の夢であった)「見てみたいと思った」程度の軽い気持ちであり、デビュー以前度重なるオーディションに、「自分には向いていない、辞めたい」と思ったと後年述懐しています。

が、デビュー後は、その愛らしいルックスと優しい人柄、そして裏表のない控えめな性格が幅広い世代に愛されて、一躍トップに躍り出ます。
1980年代を代表する、アイドル歌手の一人であることは疑いありません。

また、ささやく様な独特の歌唱、まるで普段着のような衣装と、大きな振りつけのないスタイルは当時としては異色で、後にこのスタイルで活躍していく多くのアイドル歌手たちの嚆矢(こうし)となりました。

今日は、そんな菊池 桃子の1984年11月1日に発売された通算3枚目のシングルである「雪にかいたLove Letter」をどうぞ。


菊池 桃子は、この曲のヒットで、TBS系「ザ・ベストテン」に初めて10位以内にランクイン。
オリコンチャートでは、最高3位を記録し、「卒業-GRADUATION-」に次いで約35万枚を売り上げる2番目のヒット曲となりました。

2016年09月19日

「気分爽快/森高千里」 - 名曲のご紹介

今日は、森高千里の「気分爽快」のご紹介です。

気分爽快 森高千里 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

森高千里(もりたか ちさと、本名:江口 千里(えぐち ちさと、旧姓:森高 1969年4月11日 -))は、大阪府茨木市(おおさかふ いばらきし)出身の歌手・作詞家・作曲家・ドラマーです。

森高千里は、九州女学院在学中の1986年夏、大塚製薬が主宰した「第1回ポカリスエット・イメージガールコンテスト」でグランプリを受賞します。

1987年春、東宝映画『あいつに恋して』にヒロイン・松前千里役で出演。
そして、同年の5月25日に同映画の主題歌「NEW SEASON」で歌手デビュー。

当初は、女優・タレント、歌手業を平行して行なっていましたが、同年9月7日の渋谷LIVE INNでの初ライブをきっかけに、徐々に歌手活動に重きを置くようになります。

そして、1989年に、南沙織の楽曲のカバー曲「17才」がブレイク。
森高千里は、一躍人気ミュージシャンの仲間入りをします。

今日は、そんな森高千里の、1994年1月31日に発売された通算22枚目のシングルである「気分爽快」をどうぞ。


2016年09月07日

「各駅停車/猫」 - 名曲のご紹介

今日は、猫の「各駅停車」のご紹介です。

各駅停車 猫 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

猫(ねこ)は、1970年代に活躍した日本のフォークロックバンドです。
代表曲には、「雪」「地下鉄にのって」「各駅停車」「僕のエピローグ」などがあります。

「猫」のメンバーは、以下の2人です。

常富喜雄(つねとみ・のぶお)ボーカル・ギター
内山修(うちやま・おさむ)ボーカル・ギター・ベース・パーカッション

「猫」は、1971年10月に、早稲田大学のカレッジフォークグループ「ザ・リガニーズ」のメンバーだった常富喜雄、内山修と、「ジ・アマリーズ」のボーカルだった田口清によって結成されました。

そして、1972年3月9日に、「人生なんてそんなものさ」でデビューをします。

その後、吉田拓郎の作詞作曲・プロデュースによる「雪」「地下鉄にのって」、オリジナル楽曲の「昼下がりの街」「各駅停車」「僕のエピローグ」などがヒットします。

今日は、そんな「猫」の、1974年3月21日に発売された通算6枚目のシングルである「各駅停車」をどうぞ。


各駅停車/猫

この曲の歌詞はこちら

ちなみに、「ニューミュージック」という音楽ジャンルがありますが、これは、当時の音楽誌が、このバンドを紹介するのに「ニューミュージック」と紹介したのが語源だという説があります。

また、この「猫という」ユニークなバンド名は、「ザ・ビートルズ」「ザ・タイガース」「ザ・スパイダース」など、当時のバンドに多かった「動物・生き物系」をつけようとしたがなかなか決まらず、「猫でも犬でもいいだろう...」ということから「猫」に決まったといいます。

確かに、彼らのバンドは、その曲もさることながら、もうバンド名からして、何というか柔軟性に富んだ、既成の枠にとらわれないものを感じますね。
なので、「ニューミュージック」語源説には、私は何か納豆、じゃなかった、納得のいくものを感じます。

「猫」の近況

・1982年 - 6月18日、渋谷Egg-manでの山田パンダ&山本コータロー「旧友再会フォーエバーヤングコンサート」にて、一夜限りの再結成。
・1985年 - オールナイト・ライブ「吉田拓郎 ONE LAST NGHIT in つま恋」にて、一夜限りの再々結成。
・1991年 - オリジナルメンバーの田口清が、42歳の若さで他界。
・2000年 - 南こうせつの番組「フォーク大集合」(NHK-BS2)にて一夜限りの再々々結成。
・2004年秋 - 田口清の十三回忌法要で、メンバーが集まったことがきっかけで、約30年の沈黙を破り、再結成。
・2005年9月 - オリジナルアルバム「猫 5」(ネコ・ファイブ) を発売。
ゲストに伊勢正三を迎え、原宿Blue Jay Westで発売記念ライブを行なう。
・2008年3月 - 「猫 5」(ネコ・ファイブ) FLME盤を発売。
・2014年 - 2014年末よりニューアルバム「猫 6」(ネコ・ロク)の録音を開始する。
・2015年 - 11月21日(土)に浅草KURAWOODにて「猫 6」アルバム発売記念ライブが開催される。