ブログ内検索
ランキング
プロフィール
HN:
Super源さん
性別:
男性
自己紹介:

東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、音楽、パソコン。ネコが好き。
癒しと励まし、そして切なさをテーマとしたオリジナル曲を作っています。
広告
ページランキング
最新コメント
リンク
ブックマーク
カウンター


開設日: 2008/04/26 (土)

作詞・作曲、名曲のご紹介、その他音楽にまつわることを、ペンペンと書いていきたいと思います。


 
今日は、桜田淳子の「20才になれば(はたちになれば)」のご紹介です。

桜田淳子(さくらだじゅんこ、1958年(昭和33年)4月14日 -)は、秋田県秋田市出身の元女優、歌手です。愛称は、「ジュンペイ」。

桜田淳子は、1972年7月19日、中学2年生の時に、日本テレビの人気オーディション番組『スター誕生!』の秋田県民会館で行なわれたテレビ予選で、牧葉ユミの「見知らぬ世界」を歌い、番組史上最高得点となる573点で合格したのがデビューのきっかけです。

そして、その翌年の1973年2月25日には、ビクター音楽産業よりデビュー。デビュー曲「天使も夢みる」は12.1万枚を売上げ、オリコンチャートでも12位になるなど、幸先の良いスタートを切ります。

3枚目のシングル「わたしの青い鳥」のヒットで、第15回日本レコード大賞新人賞、第4回日本歌謡大賞放送音楽新人賞を受賞。さらにその年の大晦日には第15回日本レコード大賞の最優秀新人賞にも輝きます。

4枚目のシングル「花物語」では、初めてオリコンチャートのベストテン入りを果たし、続く「三色すみれ」「黄色いリボン」「花占い」も順調にベストテン入り。

8枚目のシングル「はじめての出来事」は、オリコンチャート第1位を獲得し、その後も、「十七の夏」「夏にご用心」「ねえ!気がついてよ」「気まぐれヴィーナス」「しあわせ芝居」「リップスティック」「サンタモニカの風」などのヒットを飛ばしていきます。

今日は、1978年9月5日に発売された、桜田淳子の通算24枚目のシングルである「20才になれば」をどうぞ。


20才になれば(はたちになれば)/桜田淳子

この曲は、中島みゆきの作詞、作曲によるもので、中島みゆきの詩「愛が好きです」(新潮文庫、1982年)と「中島みゆき全歌集(朝日新聞出版、1986年)では、タイトルが「20才になるまで」となっており、これがこの曲の元のタイトルです。

この曲の、中島みゆき本人によるセルフカバー版は発表されていません。

今日は、南野 陽子の「ガールフレンドpart2」のご紹介です。

南野 陽子(みなみの ようこ、1967年6月23日 - )は、兵庫県伊丹市出身の女優、タレント、歌手です。愛称は、ナンノ。

南野 陽子は、1985年6月23日に「恥ずかしすぎて」で歌手デビューをします。
そして、同年の11月からフジテレビ系ドラマ「スケバン刑事」シリーズ第2作「スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説」で主役を演じ、一躍ブレイク。トップアイドルの座を獲得します。

同時に、1986年3月に発売された、同ドラマの主題歌「悲しみモニュメント」が、初のオリコンチャートトップ10入りとなります。

また、1987年2月公開の映画「スケバン刑事」では、主演に抜擢され、主題歌の「楽園のDoor」は初のオリコンチャート第1位を獲得します。

その後も、「話しかけたかった」「はいからさんが通る」「吐息でネット」「あなたを愛したい」「秋からも、そばにいて」「涙はどこへいったの」「トラブル・メーカー」など、ヒット曲を連発。
くわえて、フジカラー、グリコ、JR西日本など多数の企業のイメージキャラクターに起用されてCMに出演。かくして、南野 陽子は中山美穂、工藤静香、浅香唯と共に、女性アイドル四天王の一人として活躍することになります。

1989年、日本テレビ系列の「24時間テレビ」のチャリティー・パーソナリティとしてカンボジアに赴き、リポートを行います。
また、自身のシングルのカップリング曲「思いのままに (ニュー・バージョン)」がこの番組のメインテーマ曲として使われ、同年の8月には、「恥ずかしすぎて」から「はいからさんが通る」まで、CD化されていなかったシングル10タイトルがCDシングルとして再発売されます。
そして、そのうちの9タイトルが、オリコンシングルチャートにランクインします。

今日は、そんな南野 陽子の、1989年に発売された曲である「ガールフレンドpart2」をどうぞ。

ガールフレンドpart2/南野陽子

この曲は、1989年2月に発売された、南野陽子の通算14枚目のシングルである「涙はどこへいったの(なみだはどこへいったの)」のB面に収録されていた曲で、いわば隠れた名曲です。

ところで、この曲は何故「part2」となっているのでしょうか?

その理由は、この曲の発売される約2年前の1986年11月1日に発売された、セカンドアルバム「VIRGINAL(ヴァージナル)」に、「ガールフレンド」という曲が収録されているからです。



「VIRGINAL」 収録曲
A面
1.ガールフレンド
2.砂に埋めたSECRET
3.ニュー・イヤー・イヴ
4.ベルベット・シークレット
5.呼びすてにしないで
6.黄昏の図書館

B面
1.接近(アプローチ)
2.私の中のヴァージニア
3.ムーン・ランデヴー
4.海のステーション
5.曲がり角蜃気楼

それで、”part2”なのですね。

今日は、あべ 静江の「コーヒーショップで」のご紹介です。

あべ 静江(あべ しずえ、本名:阿部 静江、1951年11月28日 -)は、三重県松阪市出身の歌手、女優です。ニックネームは、「しーちゃん」。

あべ 静江は、大学在学中に東海ラジオの人気DJとなり、1973年5月25日、「フリージアの香り」のキャッチフレーズで、キャニオンレコードから「コーヒーショップで」でデビューします。
この曲は、発売されるやいなや、オリコンでベスト10内にランクインし、またシングル売上約28万枚を記録する、彼女自身最大のヒット曲となります。

続いて、同年の9月25日に発売された「みずいろの手紙」も大ヒット。年末に放映された第15回日本レコード大賞新人賞を受賞し、翌年の1974年12月31日にはこの「みずいろの手紙」で「第25回NHK紅白歌合戦」初出場を果たします。

今日は、そんなあべ 静江のデビュー曲である「コーヒーショップで」をどうぞ。


コーヒーショップで/あべ静江

あべ静江の近況
あべ 静江は、現在は、ダイエットに成功して肥満を脱し、年に似合わぬ美貌で、映画、舞台、テレビ、CM等で活躍中です。
2010年4月20日には、NHK総合テレビ放映の「NHK歌謡コンサート」にて、デビュー曲の「コーヒーショップで」を披露するなど、懐メロの歌番組にもたびたび出演しています。

また、出身地である三重県松阪市での地域イベントにも、積極的に参加しています。

  音楽ブログ  次のページ   →→
Copyright(C) 2008-2014 Super源さんの音楽ブログ All Rights Reserved.
*
blogdesigned by 福井めい