[1] [2] [3] [4] [5] [6]

2017年01月21日

「ムーンライト・ジルバ/やまがた すみこ」 - 名曲のご紹介

今日は、やまがた すみこの「ムーンライト・ジルバ」のご紹介です。

ムーンライト・ジルバ やまがた すみこ ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

やまがた すみこ(旧本名 : 山県寿美子、1956年10月11日 -) は、東京都北区出身のフォーク、歌謡曲等のシンガーソングライター、スタジオミュージシャンです。
作詞作曲者としての名義は「山県すみ子」で、他に「モモ」名義の録音もあります。夫は井上鑑(いのうえ あきら)。

やまがた すみこは、小学校6年生の頃から作詞作曲を始め、上野学園高校1年生在学中(1972年)にTBS系の視聴者参加番組「家族そろって歌合戦」に出場し、中学生の時の自作曲「夏になったら」を歌い優勝します。
これをきっかけに、日本コロムビアからスカウトされ、翌年の1973年2月に「風に吹かれていこう」で歌手デビューをします。

ファーストアルバム「やまがたすみこフォークアルバム第一集 風、空、そして愛」(1973年3月)では、本田路津子風のカレッジフォークのスタイルを取り、自作曲の他に森山良子などの曲をカバーしていましたが、その後は次第に「ニューミュージック」色が強くなっていきます。

1977年7月25日に発売されたアルバム「FLYING(フライング)」においては、自作曲が減り、代わって松本隆、鈴木茂、細野晴臣、佐藤健、伊藤銀次らが曲づくりに参加しています。

1985年には、つくば科学万博「住友館」のテーマ曲「空に会おうよ」(作曲・編曲:坂本龍一、作詞:矢野顕子)を「モモ」と言う名前で歌っていました。

今日は、そんなやまがた すみこの、1977年07月01日に発売された通算9枚目のシングルである「ムーンライト・ジルバ」をどうぞ。

この曲は、同月末に発売された、前述の「FLYING(フライング)」にも収録されています。

やまがた すみこは、テレビ媒体においては、TBS系TVドラマ「おさななじみ」のテーマ曲「あの日のことは」(1973年)、アニメーション「南の虹のルーシー」のテーマ曲「虹になりたい」「森へおいで」(1982年)で知られています。

『おさななじみ』のドラマ中では、ギターを持つやまがたすみこが登場して、居間や窓辺で「夏になったら」「風に吹かれていこう」「あの日のことは」などの曲を歌う場面もあり、林寛子と「この広い野原いっぱい」を合唱する場面もあります。
単なるフォーク歌手というよりも、一種美少女アイドル寄りの時期もありました。

また、1974年には、NHK教育テレビ(現:Eテレ)の学校放送番組「うたって・ゴー」で、歌のお姉さんとして出演したこともあります。

ちなみに、同年に発売された名曲としては、他にイルカの「雨の物語」、さだまさしの「かかし」、岡田奈々の「らぶ・すてっぷ・じゃんぷ」、キャンディーズの「わな」などがあります。

2017年01月18日

「白いパラソル/松田聖子」 - 名曲のご紹介

今日は、松田 聖子の「白いパラソル」のご紹介です。


写真は、こちらからお借りしました。

松田 聖子(まつだ せいこ、出生名:蒲池法子(かまち のりこ) 1962年3月10日 -)は、福岡県久留米市荒木町出身の歌手、女優、タレントです。

松田聖子は、1980年に「裸足の季節」で歌手デビュー。
この曲はCMタイアップで火がつき、その後続けざまに「青い珊瑚礁」、「風は秋色」、「チェリーブラッサム」、「夏の扉」、「白いパラソル」、「風立ちぬ」、「赤いスイートピー」とヒットを飛ばしていきます。

また、当時、トレードマークであったヘアスタイルの「聖子ちゃんカット」や、新しいアイドルとしての生き方に関しても多くの話題を集めた松田聖子は、間違いなく1980年代を代表するアイドル歌手のひとりといってよいでしょう。

今日は、1981年7月21日に発売された、松田聖子の通算6枚目のシングルである「白いパラソル」をどうぞ。

この曲の歌詞はこちら

この曲は、松本隆作詞による最初のシングルで、「ザ・ベストテン」において、初登場でなおかつ1位を達成しました。

その際、松田聖子は、番組企画のご褒美として、大阪・エキスポランドにて、ベストテン追っかけマン(毎日放送:青木和雄アナウンサー)と2人で、ジェットコースター〝ダイダラザウルス〟に乗り込み、この曲を歌唱しました。

2004年には、紙ジャケット仕様の完全生産限定盤12cmCDとして、再び発売されています。

なお、まったく違うアレンジの同曲が、youtue等でアップされています。

2017年01月14日

「ただ泣きたくなるの/中山美穂」 - 名曲のご紹介

今日は、中山美穂の「ただ泣きたくなるの」のご紹介です。

ただ泣きたくなるの 中山美穂 中山美穂
写真は、こちらからお借りしました。

中山美穂(なかやま みほ、本名:辻 美穂(旧姓:中山)、1970年3月1日 -)は、長野県生まれで東京都小金井市出身のアイドル、女優、歌手です。
愛称は「ミポリン」。夫は、ミュージシャン・小説家の辻仁成(つじ ひとなり/つじ じんせい)、妹は女優の中山忍です。

中山美穂は、1985年1月に、テレビドラマ「毎度おさわがせします」(TBS系)ののどか役でドラマデビューをします。
このドラマでは、彼女は脇役でしたが、ドラマの人気と共に注目が集まり、同年6月シングル「C」で歌手デビューをします。

また、同時期にバラエティー番組「パーティー野郎ぜ!」(テレビ朝日系)にアシスタントとしてレギュラー出演。
同年末には、第27回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞します。

1992年10月には、中山美穂&WANDS名義で発売した「世界中の誰よりきっと」が180万枚を超える売り上げ(オリコン最高位1位)の大ヒットを記録。

そして、その2年後の1994年2月には、「ただ泣きたくなるの」が100万枚を超える売り上げとなり、オリコン最高位1位を記録。
中山美穂自身、単独名義での初ミリオンヒットとなります

今日は、1994年2月9日に発売された、通算28枚目のシングルとなる、その「ただ泣きたくなるの」をどうぞ。

この曲は、は本人主演のTBS系ドラマ「もしも願いが叶うなら」の主題歌です。

またこの曲は、前出の「世界中の誰よりきっと」と合わせると、2曲目のミリオンヒットとなります。
1994年5月16日付けで、オリコンにてミリオンを達成しており、日本のシングル史上で100番目のミリオンセラー・シングルとなり、累計売上は104.8万枚となっています(同オリコン調べ)。

なお、1980年代にデビューした女性歌手の中で、ミリオンヒット2曲というのは中山美穂が初の快挙で、 2016年6月現在、この快挙を達成したのは中山美穂と今井美樹の2人だけとなっています。

2017年01月11日

「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)/Boys Town Gang(ボーイズ タウン ギャング)」- 名曲のご紹介

今日は、Boys Town Gang(ボーイズ タウン ギャング)の「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」のご妖怪、じゃなかったご紹介です。(^^)


写真は、こちらからお借りしました。

ナンダヨ、「ご妖怪」ッテ!(-_-メ)/~~~~~バシィ!!(T/O)

Boys Town Gang(ボーイズ タウン ギャング)は、1980年~1984年にかけて活動した、サンフランシスコ・ベースのディスコとHi-NRG(ハイエナジー)バンドです。

男性2名、女性1名から成るバンドで、男性が踊り女性が歌う、という構成になっています。

ボーイズ タウン ギャングは、当時、多くの曲をダンスクラブ・ディスコ風にカバーして、ヒットさせました。
日本では、「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」のディスコ風カバーが大人気となりました。

それでは早速、今日はその、「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」をどうぞ。


Boys Town Gang Can't Take My Eyes Off You 投稿者 Discodandan

この曲の歌詞はこちら

この曲の原曲は、1967年にフォー・シーズンズの「フランキー・ヴァリ(Frankie Valli)」が、ソロシングルとして歌ってヒットした曲で、ビルボード誌では1967年7月22日に最高位の週間ランキング第2位を獲得。のちに、アルバム「Frankie Valli Solo」に収録されました。

ボーイズ・タウン・ギャングのバージョンは、日本ではオリコン洋楽シングルチャートで1982年12月6日付から3週連続1位を獲得。多くのアーティストがカバーしていることでも有名です。

この曲はまた、サッカーや高校野球の応援歌としても使われているので、お聴きになったことがある方も多いのではないでしょうか。

2017年01月09日

「木枯らしの二人/伊藤 咲子」 - 名曲のご紹介

今日は、伊藤 咲子の「木枯らしの二人」のご紹介です。

木枯らしの二人 伊藤 咲子 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

伊藤 咲子(いとう さきこ、本名:千葉咲子、1958年4月2日 -)は、東京都出身の女性歌手です。

伊藤 咲子は、1973年 15歳の時にオーディション番組「スター誕生!」で優勝します。
そして、翌年の1974年に、 「ひまわり娘」でアイドル歌手としてデビュー。

同年末に、「木枯しの二人」を発売。この曲は、翌年の1975年、オリコン年間ヒットチャートで36位にランクインし、自身最大のヒット曲となります。

また、翌年の1976年には、 「きみ可愛いね」で第27回NHK紅白歌合戦初出場を果たします。

今日は、1974年12月01日に発売された、通算3枚目のシングルである「木枯らしの二人」をどうぞ。

いやー、何度聴いてもいい曲ですねー。(^O^)
伊藤咲子の楽曲は、デビュー曲とその次の曲の作曲家がシュキ・レヴィと、外国人によるものでしたが、この曲で初めて日本人の作曲家・三木たかしが採用されました。

このシングルの発売が年末だったこともあり、翌年にわたって売上げを伸ばし、伊藤咲子自身最大のヒット曲となりました。

また、1975年のオリコン年間チャートでは、36位にランクインしています。