[1] [2] [3] [4] [5] [6]

2016年06月24日

「予感/麻丘めぐみ」 - 名曲のご紹介

今日は、麻丘 めぐみの「予感」のご紹介です。

麻丘 めぐみ(あさおか めぐみ、本名:藤井 佳代子 1955年10月11日 -)は、大分県生まれ、大阪育ちの女優、歌手、演出家です。


写真は、こちらからお借りしました。

麻丘 めぐみは、1970年代を代表するアイドルの一人で、当時、そのチャーミングな容貌と、「牛若丸カット」と呼ばれた独特のカットの黒髪と、そして優しい歌声で一時代を築きます。
南沙織や天地真理・小柳ルミ子ら新三人娘とともに、「元祖女性アイドル」 と語られる機会もあります。

麻丘 めぐみのデビュー曲は、1972年に発売された「芽ばえ」です。
この曲は、40万枚を超えるヒットとなり、第14回日本レコード大賞で最優秀新人賞を受賞します。

翌年の1973年には、「わたしの彼は左きき」が大ヒット。
この曲は、第15回日本レコード大賞で大衆賞を受賞し、同年の「第24回NHK紅白歌合戦」にもこの曲で出場することとなり、麻丘めぐみの代表曲となります。

今日はそんな麻丘めぐみの、1975年7月5日に発売された通算7枚目のオリジナルアルバム「青春」の中から、「予感」をどうぞ。


予感/麻丘めぐみ

このアルバムは、先行シングル「恋のあやとり」とB面曲「すみれの便箋」を含む7枚目のオリジナル・アルバムで、前作『ロマンへの旅立ち』から3ヶ月という、短いインターバルで発売されました。

レコード(LP)のA面側が“作詞: 岡田冨美子、作曲: 浜圭介”で、B面側が“作詞: なかにし礼、作曲: 都倉俊一”という異なるコンビを起用しており、A面とB面で違ったイメージを演出しています。

芸能生活50周年を迎えた2009年に、リマスタリングによって高音質化された紙ジャケット仕様で初めてCD復刻されました。

アルバムタイトルは「青春 +10」で、未収録のシングルA面/B面曲やカラオケ音源がボーナス・トラックとして10曲追加収録されています。

2016年06月20日

「情熱の嵐/西城秀樹」 - 名曲のご紹介

今日は、西城 秀樹の「情熱の嵐」のご紹介です。

西城 秀樹(さいじょう ひでき、本名:木本 龍雄(きもと たつお)1955年4月13日 -)は、広島県広島市出身の歌手、俳優です。

西城 秀樹は、1972年3月25日に、シングル「恋する季節」で「ワイルドな17歳」のキャッチフレーズと共に歌手デビューをします。
片仮名の「ヒデキ」の愛称で人気となった西城 秀樹は、「チャンスは一度」以降、当時マイクを持って直立不動の姿勢で歌う歌い方が主流であった歌謡界に、アクション旋風を巻き起こします。

そして、1973年に「情熱の嵐」がオリコン週間チャートで初のベストテン入り。
一躍トップアイドルの仲間入りを果たし、郷ひろみ、野口五郎と共に「新御三家」と呼ばれます。

その後、「ちぎれた愛」、「愛の十字架」が続けてオリコン週間チャートの第1位に輝き、「第15回日本レコード大賞」では初の歌唱賞を受賞します。

さて今日は、そんな西城 秀樹の多くのヒット曲の中から、1973年5月25日に発売された通算5枚目のシングルである、「情熱の嵐」をどうぞ。


情熱の嵐/西城秀樹

西城秀樹がこの曲をステージで歌っているとき、客席のファンからの“(君が望むなら♪)ヒデキー!!”コールが話題となりました。

またこの曲は、発売後1月あまりでオリコンのBEST10に初登場。
3週後には6位まで上昇するなど、25万枚近いセールスを記録。
そして、1973年の年間シングルチャートでも第40位にランクしました。

なお、同時期には新御三家の郷ひろみの「裸のビーナス」と、野口五郎の「君が美しすぎて」も、同じくベスト10にランクされています。

2016年06月17日

「雨の物語/イルカ」 - 名曲のご紹介

今日は、イルカの「雨の物語」のご紹介です。

イルカ(本名:神部 としえ(かんべ としえ)、旧姓:保坂(ほさか)(1950年12月3日-) は、東京都中野区出身のフォークシンガー、絵本作家です。

イルカは、1970年に、シュリークス(SHRIEKS)のメンバーとしてデビューをします。

そして、1974年に「あの頃のぼくは」でソロデビュー。

翌年の1975年に、かぐや姫のメンバー伊勢正三の作詞・作曲による「なごり雪」のカバーを歌い、大ヒット。

ヒット曲としては、「少年」、「いつか冷たい雨が」、「もう海には帰れない」、「なごり雪」「サラダの国から来た娘」、「海岸通」、「十九の春に」などがあります。

1977年から1980年にかけては、絵本「ちいさな空」全4巻を発表。

また、イルカの声が、TVアニメ「ちびまる子ちゃん」でさくらももこの声を担当するTARAKO(たらこ)の声とそっくりなことから、これが縁で同作のエンディングテーマ「針切りじいさんのロケンロール}で、TARAKOと共にコーラスを担当することになります。

それでは今日は、そんなイルカの、1977年3月25日に発売された通算6枚目のシングルである「雨の物語」をどうぞ。


雨の物語/イルカ

この曲は、TBSの「ロマンを旅する」テーマソングで、30万枚を超える売り上げを記録。
イルカ自身、1975年発売の「なごり雪」に次ぐ2番目のヒット作となります。

ちなみにこの曲は、2年後の1979年4月に、作詞・作曲者である伊勢正三(いせ しょうぞう)が、自身の所属していたフォークグループ・「風」のベストアルバム「Old Calendar~古暦~」でセルフカバーしています。

2016年06月15日

「夢を信じて/徳永英明」 - 名曲のご紹介

今日は、徳永英明の「夢を信じて」のご紹介です。

徳永英明(とくなが ひであき、本名:同じ、1961年2月27日 -)は、兵庫県伊丹市出身のシンガーソングライター、作曲家、俳優です。

徳永 英明は、19歳の時に上京し、アルバイトをしながらミュージシャンを目指します。
そして、6年後の1986年1月21日に、アルバム「Girl(ガール)」、シングル「Rainy Blue(レイニーブルー)」でRadio Cityレコードよりデビューを果たします。

翌年の8月、富士フイルム「フジカラー」のCMソングとなったシングル「輝きながら…」がヒット曲となり、ブレイクします。
この曲が収録されたアルバム「BIRDS(バーズ)」は、マイケルジャクソンの2週連続1位の記録を抜き、オリコンチャート1位を獲得します。

今日はそんな徳永英明の、1990年1月16日に発売された通算9枚目のシングルである「夢を信じて」をどうぞ。


夢を信じて/徳永英明

この曲は、フジテレビ系アニメ「ドラゴンクエスト」の初代ED主題歌で、第1話から第26話で1番が使用されました。
8センチシングル盤のジャケットに、同アニメのキャラクターのイラストが描かれていたほか、同アニメのサウンドトラックにも収録されています。

オリコンでは、徳永英明の最大のヒットシングルとなった曲で、「全国歌謡ベストテン」では1990年度の年間チャート1位を獲得しました。
当初、1月15日に発売される予定でしたが、祝日(成人の日)の発売はドラクエファン、特に小学生達がレコード店に殺到する恐れがあるとして、翌日(平日)の発売に変更されました。

2011年に発生した東日本大震災を受けて発売されるチャリティーアルバムに、この曲が収録されています。

また、2013年12月31日放送の「第64回NHK紅白歌合戦」では、この曲をの歌唱しました。

徳永英明のエピソ-ド

・1987年10月29日、「ザ・ベストテン」に出演して「輝きながら…」を歌った際、彼のバックで、ハゲた男性たちが一斉に野球帽を取るというドッキリを仕掛けられたことがある。
・1988年3月10日、浅間神社で「風のエオリア」のヒット祈願を行ない、そのまま同地から「ザ・ベストテン」に中継で生出演した際、歌い終わった直後に突然倒れて救急車で搬送された。それ以後、高音が歌えるようになったという。
・2005年、日本テレビ「いつみても波瀾万丈」にて、曲が少し売れただけで天狗になり高飛車に振舞う自分を、周囲のスタッフが改めさせてくれたというエピソードを話した。
・2011年、毎日放送・TBS「EXILE魂」において、EXILEのボーカルATSUSHIに捧げる形で徳永が「壊れかけのRadio」を披露。聴き終えたATSUSHIが涙する場面があった。
・2016年2月22日、もやもや病による脳梗塞発症予防のために左複合バイパス手術を行なう。3月11日、退院。3月いっぱいは加療のため活動を休止。

もやもや病の方は、手術が成功し、4月に復帰したようで、まずは良かったです。(^.^;; ホッ
が、彼の持病なだけに、ちょっと心配なところも…。(=。=;

2016年06月13日

「夢見るSeason(ゆめみるシーズン)/伊藤つかさ」 - 名曲のご紹介

今日は、伊藤つかさの「夢見るSeason(ゆめみるシーズン)」のご紹介です。

伊藤 つかさ(いとう つかさ、1967年2月21日 -)は、東京都出身の女優です。

伊藤 つかさは、幼少時に「劇団いろは」に入団し、子役として、主にテレビドラマに出演していました。

1980年に、「3年B組金八先生」において、クラスのアイドル的女子生徒・赤上近子役で出演。
1981年9月1日には、「少女人形」でアイドル歌手としてデビューをします。

伊藤 つかさのトレードマークは、その八重歯。
そして、何といってもその可愛らしいルックスと、愛くるしい笑顔で、1980年代に一世を風靡(ふうび)します。

今日は、1982年02月21日に発売された、通算3枚目のシングルである「夢見るSeason」をどうぞ。


夢見るSeason(ゆめみるシーズン)/伊藤つかさ

この曲の作詞・作曲は、原由子です。
またこの曲は、シングルとアルバムでアレンジが違うので、要注意です。

なお、2014年2月12日発売のCDにて、ライブを含む全ての音源がCD化されました。