ブログ内検索
ランキング
プロフィール
HN:
Super源さん
性別:
男性
自己紹介:

東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、音楽、パソコン。ネコが好き。
癒しと励まし、そして切なさをテーマとしたオリジナル曲を作っています。
広告
ページランキング
最新コメント
[07/29 Super源さん]
[07/28 t.o]
[07/07 Super源さん]
[07/06 しちてんはっき]
リンク
ブックマーク

カウンター


開設日: 2008/04/26 (土)

作詞・作曲、名曲のご紹介、その他音楽にまつわることを、ペンペンと書いていきたいと思います。


 
今日は、布施 明の「これが青春だ」のご紹介です。

布施 明(ふせ あきら、本名:布施晃、1947年12月18日 -)は、東京都三鷹市出身の歌手、俳優です。妻は、歌手の森川由加里。横浜市立大学学長を務めた布施勉は実兄。

布施 明は、1965年に「君に涙とほほえみを」でデビューをします。
伸びやかな声の持ち主として知られる歌手で、「恋」「愛の園」「霧の摩周湖」「愛は不死鳥」「積木の部屋」「恋のサバイバル」「カルチェラタンの雪」などのヒット曲があります。

1975年に、「シクラメンのかほり」がヒットし、第17回日本レコード大賞・第6回日本歌謡大賞・FNS歌謡祭での最優秀グランプリなど、多数の賞を受賞します。
アイドルとして熱狂的な人気を集めながらも、歌唱力の評価は非常に高く、クラシック番組「オーケストラがやってきた」にメインゲスト出演し、シューベルトの歌曲に挑戦したこともあります。

1980年には、ハリウッド女優、オリヴィア・ハッセーと結婚して話題を呼びます。
同年、アメリカに渡り、歌手活動やミュージカルなどでも活躍します。1983年に息子Maxが生まれ、1989年に離婚して日本に帰国しますが、当時の日本では考えられない額の慰謝料、養育費が話題となります。

また、俳優の仕事としては、1969年にはTBSテレビのドラマ「S・Hは恋のイニシャル」の主演をつとめるほか、映画「ラヂオの時間」、ミュージカル「オケピ!」、テレビドラマ「男の選びかた」「ウソコイ」「WATER BOYS」「仮面ライダー響鬼」などに出演します。

今日は、そんな布施 明の、1966年12月10日に発売された通算9枚目のシングルである、「これが青春だ」をどうぞ。


これが青春だ/布施明

この曲は、同名の日本テレビ系ドラマの主題歌として使われました。


今日は、沢田 聖子の「シオン」のご紹介です。

沢田 聖子(さわだ しょうこ、1962年3月13日 -)は、東京都中野区出身のシンガーソングライターです。
担当楽器は、ボーカル、ピアノ、ギター。

沢田 聖子は、1979年5月25日に、クラウンレコードから「キャンパススケッチ」でデビューをします。
当時、「イルカの妹」というキャッチコピーにより、産休から復帰したイルカのカムバックリサイタルのステージにも立ちます。

以後、ライブを中心とした音楽活動、パーソナリティ活動などを積極的に行ないます。

彼女が活躍を開始した1980年代初頭においては、若い女性のシンガーソングライターは希少な存在で、そのルックスも相まって、男性層からアイドル的人気を得ます。
そして、80年代の女性ニューミュージックシーンを変え、アイドル性をもったシンガーソングライターの草分け的存在となります。

1980年には、学園祭出演数No.1を記録し、「学園祭のプリンセス」と呼ばれます。

今日は、そんな沢田聖子の、1979年10月25日に発売されたセカンドシングルである「シオン」をどうぞ。


シオン/沢田聖子

この曲の歌詞はこちら

これはもう、上から見ても、下から見ても、裏返しに見ても、イルカがつくったと分かる、特徴のあるメロディーですね。(^^)
高校教師」の主題歌を彷彿とさせる佳曲だと思います。

裏返シッ テ、ドウヤッテ 見ルン ダイ!(-_-メ)/~~~~~バシィ!!(T/O)


ところで、さきほど沢田聖子の各シングル発売日を見ていて気がついたのですが、初期の作品において、”25日”発売のものが目立ちます。

1.キャンパススケッチ(1979.05.25)
2.シオン(1979.10.25)
3.坂道の少女(1980.04.25)
4.星空のメッセージ(1980.09.25)
5.春(1981.03.25)

5作目まで、きれいに25日となっています。おお!(゚o゚)
これは、いわゆる「ゲン」をかついているのでしょうか?

その後はどうなっているのかと見てみると、

6.雨の日のサンシャイン(1981.09.05) 
7.卒業(1982.01.25)
8.あなたへのバースディ・カード(1982.05.25)
9.ドール・ハウス(1983.03.20) 
10.季節 ~シーズン~(1983.11.21)

6曲目の「雨の日のサンシャイン」で、このゲンはいったん崩れますが(とはいえ、1桁台の”5”は死守(?)しています)、次作の「卒業」で、見事復活。
そして、このゲンは、次の「あなたへのバースディ・カード」まで続きます。

そして、その後はどうなっているのかというと…、次曲の「都会人」からこのゲンは再び復活したように見えますが、

11.都会人(1984.04.25)


14.Natural(1986.04.25)
15.冷たい言葉で傷つけて(1986.09.25)
16.LIFE(1988.05.25)



21.笑顔が好きだから(1994.02.05)

と、しだいにゲンをかつがなくなり、その後はほとんど、えっ!(゚o゚)ゲンって何? という感じで、(笑) まったく意に介さない状態となっています。【><】

22.優しい風(1994.06.22)
23.風になりたい(1995.04.21)
24.青空(1996.11.21)
25.smile(1997.05.21)
…。

ほら。 おおおっ!(゚o゚)ホントだ!

そういえば、他のアーチストの方のCD発売日は、どうなっているのでしょうね。(?_?)
今まで、まったく気にしたことがなかったもので…。(爆)

以上、ふと私Super「源(ゲン)」さんが気づいたことでした。(^O^)/
マタ ダシャレ カイ。(-_-メ)/~~~~~バシィ!!(T/O)

お後がよろしいようで。


今日は、工藤 静香の「嵐の素顔」のご紹介です。

工藤 静香(くどう しずか、本名:木村 静香(きむら しずか、旧姓:工藤) 1970年4月14日 -)は、東京都西多摩郡羽村町(現・羽村市)出身の歌手、女優、タレント、宝飾デザイナー、画家です。
元おニャン子クラブのメンバーで、愛称は「しーちゃん」「しずちゃん」。夫は、SMAPの木村拓哉。

工藤 静香は、1984年の中学2年の時に、応募総数歴代最大18万325人の第3回「ミス・セブンティーンコンテスト」に出場して、特別賞を受賞します。
そして、同年、同コンテスト出身の木村亜希(清原和博夫人)、柴田くに子(後の森丘祥子)と「セブンティーンクラブ」を結成し、1985年1月にレコードデビューするも、2枚のシングルを発表し解散します。

その後、高校へ進学後の1986年5月、事務所の勧めでフジテレビ系「夕やけニャンニャン」のオーディションコーナーである「ザ・スカウト アイドルを探せ!」に出場し、合格。おニャン子クラブの会員番号38番となります。
そして、クイズ番組等で見せる「バカキャラ」や「ヤンキーキャラ」などで注目されるようになります。

1987年春からは、生稲晃子・斉藤満喜子と内部ユニット「うしろ髪ひかれ隊」としての活動も開始。
直後に発売されたおニャン子のシングル「かたつむりサンバ」では、フロントボーカルに抜擢されるなど、終焉(しゅうえん)に向かっていたおニャン子クラブの中で人気、知名度を上げていきます。

1988年9・10月には、TBS系「ザ・ベストテン」で「MUGO・ん…色っぽい」で初の1位を獲得。同年の年間ランキングでも6位となります。
おニャン子関連の曲、もしくはおニャン子出身者の曲で、同番組で第1位を獲得したのは工藤静香ただ一人です。

1989年には、「恋一夜」「嵐の素顔」「黄砂に吹かれて」と50万枚以上の大ヒットを連発。その年のシングル年間ランキング上位10曲の中に3曲すべてが入ります。
特に「黄砂に吹かれて」は、オリコン6週連続1位の記録をもっています。

今日は、そんな工藤 静香の、1989年05月03日に発売された通算7枚目のシングルである「嵐の素顔」をどうぞ。


嵐の素顔/工藤 静香

工藤 静香は、1988年に発売されたミニアルバム「カレリア」では、「愛絵理(あえり)」名義で作詞をしています。
それ以後も、作詞の際はこの名前を使用しています。
この「愛絵理」というのは、両親が命名の際に第1候補として考えていた名前です。

ソロ・デビュー25周年にあたる2012年には、4月21日から5月27日まで、青森県立郷土館において絵画個展「あふれる感情 工藤静香展」が開催されました。

青森は、工藤の父が、旧蟹田町(現外ヶ浜町)出身という縁があります。
同年10月に、4年ぶりの新曲となる「キミがくれたもの」を発売。この曲は、シンガーソングライターの絢香が初めて他の歌手に提供した作品です。
同時に、廃盤となっている3作品(「ミステリアス」「静香」「JOY」)を含むポニーキャニオン発売のオリジナルアルバム全15作品が、CD BOXセット「SHIZUKA KUDO ORIGINAL ALBUM COLLECTION」として発売されました。


  音楽ブログ  次のページ   →→
Copyright(C) 2008-2014 Super源さんの音楽ブログ All Rights Reserved.
*
blogdesigned by 福井めい