[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

2016年08月29日

「恋人試験/松本ちえこ - 名曲のご紹介

今日は、松本 ちえこの「恋人試験」のご紹介です。

恋人試験 松本ちえこ ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

松本 ちえこ(まつもと ちえこ、本名:松本 千枝子1959年11月12日 - )は東京都出身のタレント、女優です。

松本 ちえこは、友達と歌番組の見学に行った際にスカウトされます。
テレビ局の人から、「冗談でいいから番組で今度桜田淳子ちゃんの歌をうたってみてくれない?」と持ちかけられ、OKしたことがデビューの発端となります。

そして、1974年にアイドル歌手と「ボーイフレンド」でデビューをします。

が、デビュー当時は平凡や明星などの白黒ページに取り上げられることはあっても、歌手としてはあまりパッとしない存在でした。
そのため、本人も事務所も、アイドルとしての成功は、半ばあきらめかけていました。
そのため、2曲目の「まぶしい彼」発売後は、1年あまりブランクがあります。

そして、1976年に活動を再開。
再開直後に、資生堂バスボンのCMでブレイク。
同年発売のシングル「恋人試験」は、歌詞が話題になりました。

今日は、そんな松本ちえこの、1976年8月25日に発売された通算4枚目のシングルである「恋人試験」をどうぞ。


恋人試験/松本ちえこ

何か、アンケート用紙が歌になったような、独特のインパクトのある歌詞が特徴の曲で、当時、この曲と松本ちえこという名前が、強烈にセットで記憶されたことを私は思い出します。(--)トオイ メ

松本ちえこは、この曲を発売した翌年の1977年に、“妊娠疑惑騒動”が持ち上がったことで、アイドルからの転身を余儀なくされ、その後は、にっかつロマンポルノに出演するなど、歌手業から女優業へと活動の場を移すことになります。

そして、1995年には、南フランスのプロヴァンス地方で撮影したヘアヌード写真集を出版。
撮影の初日には、ヌーディストビーチに行き、日光浴で全身を小麦色にしてから撮影に臨みました。

何というか、ある意味波乱万丈の人生といったところですが、松本 ちえこは、現在も女優として活動しています。

2016年08月23日

「虹をわたって/天地真理」 - 名曲のご紹介

今日は、天地 真理の「虹をわたって」のご紹介です。

虹をわたって 天地真理 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

天地 真理(あまち まり、出生名: 齋藤 眞理(現:青木 眞理)、1951年11月5日 -)は、埼玉県大宮市(現さいたま市)出身の女性歌手です。

天地 真理は、小学5年生の頃、母親に買ってもらった88鍵のアップライト・ピアノに親しみ、演奏の腕を上げていきます。
そして、1964年に、国立音楽大学附属中学校に入学。
1967年には、国立音楽大学附属高等学校に進学。当初はピアノ科に入るも、のち声楽科へ転科します。

1970年3月、国立音楽大学附属高等学校声楽科を卒業し、同年7月に、TBS系視聴者参加番組「ヤング720」に出演。また同年12月には、渡辺プロダクションへの所属が内定します。

デビュー曲は、1971年に発売された「水色の恋」。
天真爛漫な笑顔で国民的アイドルとなった天地 真理は、後に続くアイドル歌手の基本スタイルを確立します。

そして、その後は「ちいさな恋」「ひとりじゃないの」「虹をわたって」「ふたりの日曜日」「若葉のささやき」「恋する夏の日」「空いっぱいの幸せ」「恋人たちの港」「恋と海とTシャツと」「想い出のセレナーデ」と、次々に大ヒット曲を飛ばしていきます。

キャッチフレーズは「(あなたの心の隣にいるソニーの)白雪姫」。デビュー当初は、「可愛いアヒルちゃん」という愛称も用いられました。

今日は、1972年2月5日に発売された、通算4枚目のシングルである「虹をわたって」をどうぞ。


虹をわたって/天地真理

当時、天地真理、沢田研二、萩原健一が出演する同名の松竹映画が製作され、劇中で天地真理が同曲を歌唱するシーンがあります。
そしてこの映画は、天地真理にとって初の主演映画となりました。

またこの曲は、翌年1973年春開催の「第45回選抜高等学校野球大会」の入場行進曲として使われました。

2016年08月21日

「僕たちは戦わない/AKB48」 - MVのご紹介

今日は、AKB48のシングル「僕たちは戦わない」のミュージックビデオ(MV)のご紹介です。

島崎 遥香
島崎 遥香
写真は、こちらからお借りしました。

このMVは、AKB48と大友啓史監督によるもので、ストーリーは、メンバーが正体不明の武装勢力に襲われ、髪を振り乱して戦う約12分間のアクション作品です。

ちょっと長いので、お時間のあるときにご覧下さい。


僕たちは戦わない/AKB48

これはカッコいいですねー。おぉ~っ!。w(゚゜)w
約12分と、けっこう長い作品ですが、思わず、息をとめて見入ってしまいます。
戦闘シーンといい、着ている服装といい、なかなかリアルで、さすが良くできていると思います。

もちろん、曲も素敵です。センターを務めるぱるること島崎 遥香が、いい表情をしていますね。(^^)

が…、「僕たちは戦わない」という、いわば平和への賛歌とも取れるビデオの中で、メンバーたちが戦っているというのは、最大の矛盾のような気も…。(^o^;

2016年08月17日

「燃える手/弘田三枝子」- 名曲のご紹介

きょうは、弘田三枝子の「燃える手」のご紹介です。

燃える手

アレ?( ?_?)コレ、画像ガ違ウ ゾ。

オーイ!( ゚O゚)Super源さーーん。画像ガ 違ウ ヨー!

アッ!(゚o゚;ホント ダ!
少々 オ待チ ヲ。(^^;/
ε=ε=ε=ε=ε= ピュー!・・・。゜.☆ ダダダ!

燃える手 弘田三枝子 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

ハイ! コチラガ 正しい 画像デス!(^O^)/
大変 失礼シマシ タ。(゚゚)(。。) ペコリン

弘田 三枝子(ひろた みえこ、本名:高木 三枝子、1947年2月5日 - )は、東京都世田谷区池尻出身の歌手です。
愛称はMICO(ミコ)、ミコちゃん。

弘田 三枝子は、1961年に「子供ぢゃないの」(ヘレン・シャピロのカバー)でデビューをします(14歳)。
翌年の1961年には、各社競作で出された「ヴァケィション」(コニー・フランシスのカバー)が大ヒットを記録。
1965年7月には、日本人歌手として初めて、アメリカの「ニューポート・ジャズ・フェスティバル」に出場。
そして、カーメン・マクレエ、フランク・シナトラ、クインシー・ジョーンズ、カウント・ベイシーオーケストラ、スタン・ゲッツ、ジョン・コルトレーンなど、当時のトップクラスのジャズミュージシャンが勢ぞろいする中で、ビリー・テイラー・トリオをバックに歌い、3日目のトリという大役を務めます。

そして、1969年に「人形の家」で、第11回日本レコード大賞の歌唱賞を受賞。
また、京都にてR&Bの2回目のコンサートを行います。

1970年には、「ミコのカロリーBOOK」を出版。
当時は、まだこのようなダイエット本が珍しく、150万部を超える大ベストセラーになります。
ファッションやビューティーにも関心をもち、1970年度のベストドレッサー賞を受賞しています。
独特のヘアスタイル、衣装、メイクで当時のファッションリーダー的存在でありました。
更に同年、「できごと」で、東京国際歌謡音楽祭(後の世界歌謡祭)の歌唱賞を受賞しました。
尚、この「できごと」はm「喜劇 開運旅行」(松竹、1971年)の1シーンで、本人出演により歌われています。

さて、今日はそんな弘田 三枝子の、1970年4月25日に発売された「燃える手」をどうぞ。


燃える手/弘田三枝子


弘田 三枝子は、歌唱力とパンチの効いた歌声が特徴の歌手で、「ポップスの女王」とも呼ばれ、当時、その歌唱力は「日本女性歌手史上最高の歌唱力」とも評されていました。
今聴いても、素敵な歌声に魅了されます。(^-')
やはり、いいものは時代を超えるのですね。

2016年08月14日

「kiss(キス)まで待てない/石野陽子」- 名曲のご紹介

今日は、石野陽子の「kiss(キス)まで待てない」のご紹介です。

kissまで待てない 石野陽子 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

石野 陽子(本名:石野 陽子(いしのようこ)、新芸名:いしのようこ、1968年2月20日 -)は、兵庫県芦屋市出身の女優・タレントです。
姉は石野真子、妹は宝乃純(旧名;石野 敦子)。

石野 陽子は、1985年に「テディボーイ・ブルース」でアイドル歌手としてデビューをします。

その後、連続ドラマ「セーラー服通り」への主演や、「志村けんのだいじょうぶだぁ」でのコントで人気を博します。
また、「ミナミの帝王」シリーズに出演したため、Vシネマファンにもお馴染みの顔となっています。

茶色がかった髪の毛が特徴的ですが、「志村けんのだいじょうぶだぁ」で、この髪が「天然」であることを明かしています。

今日は、そんな石野陽子の、1989年06月25日に発売された、通算7枚目のシングルである「kissまで待てない」をどうぞ。


kissまで待てない/石野陽子

ちなみに、石野 陽子の同期アイドルデビューには、中山美穂、南野陽子、斉藤由貴、井森美幸などがいます。