ブログ内検索
ランキング
プロフィール
HN:
Super源さん
性別:
男性
自己紹介:

東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、音楽、パソコン。ネコが好き。
癒しと励まし、そして切なさをテーマとしたオリジナル曲を作っています。
広告
ページランキング
最新コメント
リンク
ブックマーク
カウンター


開設日: 2008/04/26 (土)

作詞・作曲、名曲のご紹介、その他音楽にまつわることを、ペンペンと書いていきたいと思います。


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
今日は、高田 みづえの「硝子坂」のご紹介です。

高田 みづえ(たかだ みづえ、戸籍名:日高 みづえ(旧姓:高田) 1960年6月23日 -)は、鹿児島県揖宿郡頴娃町(かごしまけんいぶすきぐんえいちょう:現・南九州市)出身の元歌手・元タレントです。
相撲部屋の「おかみ」で、夫は元大関の大相撲力士(現・二所ノ関親方の若嶋津六夫(本名:日高六男))。
長男は元俳優の勝信。長女はタレントのアイリ。

高田 みづえは、フジテレビのオーディション番組「君こそスターだ!」で第18回グランドチャンピオンとなり、1977年3月25日に「硝子坂」でアイドル歌手としてデビューをします。

デビュー曲の「硝子坂(がらすざか)」から好調なすべり出しで、「だけど…」「ビードロ恋細工」「花しぐれ」と、4曲連続でヒット。
同年1977年に、第19回日本レコード大賞・新人賞、日本歌謡大賞・放送音楽新人賞、FNS歌謡祭・最優秀新人賞などの新人賞を受賞します。

その後、しばらくヒットに恵まれない時期がありましたが、1980年7月に発売された「サザンオールスターズ」のカバー曲「私はピアノ」を歌って、再びブレイク。
「第31回NHK紅白歌合戦」にも2年ぶりに出場します。

その後は、「愛のイマジネーション」のB面に収録されたカバー曲「真夜中のギター」がヒット。
1982年には、音つばめの曲をカバーした「愛の終りに」と、アリスの谷村新司作詞・作曲で谷村自身がバックコーラスも担当した「ガラスの花」を発売します。

さて今日は、そんな高田 みづえのデビュー曲である「硝子坂(ガラスざか)」をどうぞ。


硝子坂/高田みづえ

なお、高田みづえは、デビューが同期で仲の良かった榊原郁恵清水由貴子とあわせて「フレッシュ3人娘」と呼ばれていました。

高田みづえは、私はデビュー当時から知っていますが、ちゃらちゃらしたところのない、落ち着いた大人の雰囲気をもった女性だったと記憶しています。
ただ、歌はうまいのですが、私にはその歌唱が何となく演歌っぽく感じられ ン ?(?_?)ソウナノカ?、ちょっぴり引いていたところがあります。(^^;
そのくせ、「硝子坂」と「私はピアノ」が発売された時は、すぐにシングル版を買いにレコード屋に走っていきましたが…。(^ o ^;


高田みづえの近況
1985年に芸能界を引退した高田みづえですが、その後も松ヶ根部屋(現・二所ノ関部屋)のおかみとして、特別番組などで時々テレビに出演しています。

1988年2月には、高田と親交が深かった芳村真理が「夜のヒットスタジオ」の司会を勇退(ゆうたい)する際、花束贈呈のために、夫の松ヶ根親方とともに特別出演しました。

近年では、2014年1月5日放映の「行列のできる法律相談所・明石家さんま2時間スペシャル!」(日本テレビ)にゲスト出演し、司会のさんまと約30年ぶりのテレビ共演を果たしています。

今日は、「ドラえもんのオープニングテーマ」のご紹介です。

「ドラえもん」は、藤子・F・不二雄の描いた児童漫画・SF漫画作品です。
この漫画が世の中に登場したのは1970年代のはじめで、当時小学館の発行する学年別学習雑誌やコロコロコミックで連載されていました。

ストーリーは、22世紀からやってきたネコ型ロボット「ドラえもん」と、勉強もスポーツも駄目で、何をやらせてもドジばかりの小学生「野比のび太」の日常生活を描いた作品です。

この漫画の特徴のひとつは、ロボットであるドラえもんが、ロボットとして扱われておらず、あたかも人間のような感じで、のび太たちと交流する姿を描いている点にあります。

また、この作品で欠かすことのできない要素であり、なおかつ作品の魅力の1つとなっているのが、不思議な効力を持った数々のアイテム「ひみつ道具」です。

舞台となる時代は、基本的に現代の日本ですが、ドラえもんがお腹の四次元ポケットから取り出す道具を使えば、外国や宇宙、過去や未来さえへも行き来することができます。

「ドラえもん」は、今や日本国内において国民的な人気がある長寿作品であるのみならず、国外でもよく知られ、東アジアを中心に高い人気のある作品です。

ということで、前置きが長くなりましたが、今日はそのオープニングテーマをどうぞ。


ドラえもんのオープニングテーマ-夢をかなえてドラえもん

この曲の作詞・作曲は 黒須克彦 、歌はmaoです。
歌詞はこちら

maoは、黒須克彦の作曲したコンペティション用楽曲(「ドラえもん」主題歌)の仮歌を歌ったところ、楽曲と共にそのまま歌手として採用され、2007年に「夢をかなえてドラえもん」でデビューをした神奈川県出身の歌手です。
maoは、それ以降、ゲームソフトやテレビアニメの主題歌を手がけています。


ドラえもんといえば、テレビ朝日版「ドラえもん」で、ドラえもんの声を26年間担当したこともある大山のぶ代が、数年前から認知症で闘病中であることが、かつて「おかあさんといっしょ」で、初代「体操のお兄さん」をつとめた夫の砂川啓介から発表されました。

完治が非常に難しい病気ではありますが、是非克服して声優として復帰し、子供たちにまたを与えてほしいと願わずにはいられません。

今日は、雅夢の「愛はかげろう」のご紹介です。

雅夢(がむ)は、1980年代前半に活動したフォークデュオです。
代表曲には、「愛はかげろう」などがあります。

雅夢(がむ)は、中京大学に在学中に、三浦和人と中川敏一の2人が結成したフォークバンドです。
1980年5月に、第19回ヤマハポピュラーソングコンテストつま恋本選会で「愛はかげろう」を歌い、優秀曲賞を受賞します。

そして、同年9月25日に、雅夢はこの曲で歌手デビューをしますが、これが翌年にかけて69.1万枚(オリコン調べ)を売り上げる大ヒットとなります。

翌年の1981年2月には、シングル「悲しくて」を発売。
この曲は16.2万枚を売り上げ、その後は、「浮雲」「秋時雨」「追いかけて」…と、年に約2曲のペースでシングルを発表していきます。

今日は、1980年9月25日に発売された、雅夢のデビュー曲である「愛はかげろう」をどうぞ。


愛はかげろう/雅夢(がむ)

雅夢(がむ)は、1984年に解散するまでに、9枚のシングルと7枚のアルバムを発売しています。

また、三浦和人は、1982年ごろに「三浦雄也」と芸名を改名、後に再び本名の三浦和人に戻し、以後もソロ・アーティストとして活動を続けています。

ちなみに、「雅夢」の名前の由来ですが、これは当時の彼らの行きつけの喫茶店の名前が「雅夢」で、そこからとられました。
また、その喫茶店にはマスコット犬がいて その犬の名前も「雅夢」だったいうことです。

参考にしたサイト
雅夢「愛はかげろう」-おこのみやき花子さん・浜松市広島風お好み焼き屋
http://hanakosan.hamazo.tv/e1806443.html

またこの曲は、のちに中森明菜がカバーしています。

←←   前のページ    次のページ   →→
Copyright(C) 2008-2014 Super源さんの音楽ブログ All Rights Reserved.
*
blogdesigned by 福井めい