ブログ内検索
ランキング
プロフィール
HN:
Super源さん
性別:
男性
自己紹介:

東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、音楽、パソコン。ネコが好き。
癒しと励まし、そして切なさをテーマとしたオリジナル曲を作っています。
広告
ページランキング
最新コメント
[08/15 Super源さん]
[08/13 コットン]
[01/14 Super源さん]
[01/14 みかんぴあの]
リンク
ブックマーク
カウンター


開設日: 2008/04/26 (土)

作詞・作曲、名曲のご紹介、その他音楽にまつわることを、ペンペンと書いていきたいと思います。


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
今日は、たまの「さよなら人類」のご紹介です。

たまは、フォークロックを主体としながら、非常に独創的な音楽性で異彩を放ったバンドです。

メンバーは、知久寿焼(ちく としあき)(本名:知久寿明)ボーカル、ギター、マンドリン、ウクレレ、ハーモニカ担当、石川浩司(いしかわ こうじ)ボーカル、パーカッション、オルガン、リコーダー担当、滝本晃司(たきもと こうじ)ボーカル、ベース(「しょぼたま」ではトイピアノ、鍵盤ハーモニカ)担当、(1986年に加入)、柳原幼一郎(やなぎはら よういちろう、現:陽一郎)、旧メンバー。

たまは、1990年、シングル「さよなら人類」でメジャーデビューをします。
この曲は、、オリコン初登場1位、売上げも58.9万枚を記録。NHK紅白歌合戦への出場も果たします。

1992年には、友部正人との共作「けらいのひとりもいない王様」を発売。

1992年頃にはバンドブームも下火になり、「オゾンのダンス」以降は次第にヒットチャートやメディアに現れることもなくなっていきますが、たまはマイペースに活動を継続。
吉祥寺などのライブハウスで「月例会」と称した月一回の定期ライブも行なっていました(2002年1月まで)。

1995年 、自主レーベル・地球レコードを設立、インディーズでの楽曲発売。

1995年末のライブを最後に、柳原がソロ活動に専念するため脱退し、1996年からは3人での活動となります(通称3たまと呼ばれる)。
ライブでは、斉藤哲也(ナタリーワイズ/アンダーカレント)やライオンメリィ(ヴァージンVS/ヤプーズ/メトロファルス/エコーユナイト)らをキーボードのサポートとして迎える一方、サポートミュージシャンを入れず、アンプや電源が不要でなおかつ携帯しやすい小型の楽器を用いて、より手軽でチープな雰囲気を狙った「しょぼたま」という編成でもライブを行なっています。

さて、今日はそんなたまのデビュー曲である、「さよなら人類」をどうぞ。


さよなら人類/たま

たまの特徴は、演奏楽器にアコースティックギター、ベースに加えてアコーディオン、足踏みオルガン、リコーダー、桶(檜製)・鍋・空き缶などを駆使したパーカッションを用いるなど、生楽器を中心としながらも奇抜な構成・音空間を生かしながら練られた楽曲、そして、日本的な陰翳に富んだ幻想的な歌詞が特徴となっています。

音楽的には、フォークの影響が色濃いですが、日本のフォークロックとしては珍しく、アメリカン・フォークのようにハーモニーを重視している点が特徴です。
柳原幼一郎脱退(1995年)以降は、アコースティックな音の中にシンセサイザーやサンプラーを取り入れた曲となっていきます。

今日は、中森明菜の「スローモーション」のご紹介です。

中森 明菜(なかもり あきな、本名:同じ 1965年7月13日 -)は、東京都大田区生まれ、清瀬市育ちの歌手、女優です。

中森 明菜は、1982年5月1日にシングル「スローモーション」でデビューをします。
キャッチフレーズは、「ちょっとエッチな美新人娘(ミルキーっこ)」。

同年7月には、ファースト・アルバム「プロローグ〈序幕〉」を発売。このアルバムは、オリコン週間アルバムランキングの10月4日付で最高位5位を記録します。

続いて発売された2枚目のシングル「少女A」は、オリコン週間シングルランキングの10月18日付で最高位5位を記録。
中森明菜は、この曲でブレイクすることになります。

そして、続いて同年11月に発売された3枚目のシングル「セカンド・ラブ」は、11月29日付の同チャートで初の週間1位を獲得。この曲は、1983年の同社年間シングルチャートで8位を記録し、約77万枚を売り上げるヒットとなります。

以降も「北ウイング」、「サザン・ウインド」、「十戒 (1984)」、「飾りじゃないのよ涙は」など次々とヒットを放ち、1985年の「ミ・アモーレ〔Meu amor e・・・〕」と1986年の「DESIRE -情熱-」で、2年連続となる日本レコード大賞を受賞。そして、1985年から1987年のレコード・セールスでは、3年連続でトップを記録します。

今日は、そんな中森 明菜の、1982年5月1日に発売されたデビュー曲である「スローモーション」をどうぞ。


スローモーション/中森明

中森明菜の近況
2010年10月に、体調不良により芸能活動の無期限休止を発表。
2014年8月6日に、ワーナーとユニバーサル時代の曲が収録されたオールタイム・ベストアルバム「オールタイム・ベスト -オリジナル-」と、もう1枚「オールタイム・ベスト -歌姫(カヴァー)-」が同時発売されています。

今日は、桜田淳子の「ねえ!気がついてよ」のご紹介です。

桜田淳子(さくらだじゅんこ、1958年(昭和33年)4月14日 -)は、秋田県秋田市出身の元女優、歌手です。愛称は「ジュンペイ」

桜田淳子は、1972年7月19日、中学2年生の時に、日本テレビの人気オーディション番組『スター誕生!』の秋田県民会館で行なわれたテレビ予選で、牧葉ユミの「見知らぬ世界」を歌い、番組史上最高得点となる573点で合格したのがデビューのきっかけです。

そして、その翌年の1973年2月25日には、ビクター音楽産業よりデビュー。デビュー曲「天使も夢みる」は12.1万枚を売上げ、オリコンチャートでも12位になるなど、幸先の良いスタートを切ります。

3枚目のシングル「わたしの青い鳥」がヒットし、この曲で第15回日本レコード大賞新人賞、第4回日本歌謡大賞放送音楽新人賞を受賞。さらに、同年の大晦日には第15回日本レコード大賞の最優秀新人賞にも輝きます。

今日は、そんな桜田淳子の1976年8月に発売された16枚目のシングルである、「ねえ!気がついてよ」をどうぞ。


ねえ!気がついてよ/桜田淳子

ちなみに、この曲は同年の12月に発売されたアパッチ&マイナーチューニングバンド「ソウルこれっきりですか」では、ディスコ調にアレンジされてメドレーとなっていました。

桜田淳子の近況
2007年に、歌手時代に発表した桜田淳子の全19枚のオリジナルアルバムがCDで復刻され、購入特典のメッセージ入りCD「声の手紙」(非売品)の中では、かつてのオリジナル作品3曲を間に挟む形で語り、およそ10数年ぶりに肉声を披露しています。

2008年には、過去のライブアルバム9枚がCD化され、これに1979年にNHKで放送された「ビッグショー/桜田淳子 明日への序曲」のDVDを加えた「桜田淳子BOXスーパー・ライブ・コレクション」が発売されています。

←←   前のページ    次のページ   →→
Copyright(C) 2008-2014 Super源さんの音楽ブログ All Rights Reserved.
*
blogdesigned by 福井めい