[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

2018年12月19日

「青春の影/チューリップ」 - 名曲のご紹介

今日は、チューリップの「青春の影」のご紹介です。

青春の影 チューリップ ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

チューリップは、1970年に当初「ザ・フォーシンガーズ」として結成されたバンドです。
当時、音楽界にロックでもフォークでもない新しい音楽「ニューミュージック」というものが登場するのですが、チューリップは、この分野を開拓したバンドのひとつでもあります。

チューリップは、ビートルズに強く影響を受けたバンドで、リーダーの財津和夫は、和製ポール・マッカートニーを自認し、メロディアスでポップな作品を多数制作し、世に送り出しています。

また、メンバー全員が作詞・作曲・ボーカルを担当しているのもこのバンドの特徴のひとつとなっており、この方針は現在も伝統的に受け継がれています。

さてそれでは、今日はそんなチューリップの、1974年6月5日に発売された通算6枚目のシングルである「青春の影」をどうぞ。


青春の影/チューリップ

この曲の歌詞はこちら

「清酒の陰」
清酒の陰 酒の背後に猫
写真は、こちらからお借りしました。

この曲は、「心の旅」からしばらくアイドル路線を走っていたチューリップが、そのイメージを払拭(ふっしょく)して、自分達が目指していた本来の音楽に路線を戻すべく発表したバラード曲です。
アルバム『TAKE OFF(離陸)』からのシングルカットとなっています。

心の旅
曲名 歌手名 ジャケットイメージ
※上の画像をクリックすると、曲ページにジャンプします。

「青春の影」は、結婚式などで歌われることも多い曲ですね。(^^)
が、実のところこの曲は、別れの歌とも始まりの歌とも、どちらにもとれる内容となっています。

財津和男によれば、この曲はの歌詞はビートルズの「The Long And Winding Road」がモチーフになっているということです。

また、彼自身は、

「二人の関係が「恋」から「愛」に変わった。ただそれだけ(後略)」「単純に、主人公である男の成長を歌にしてみようと思った」・「「ただの女、ただの男」になることが確かな幸せにつながると言いたかった」

と語っており、「平凡な幸せこそが最高だ」と説いた、純粋な恋の歌なのです。

なおこの曲は、のちに西城秀樹 『HIDEKI SONG BOOK』(1981年)、福山雅治 『「福山エンヂニヤリング」サウンドトラック The Golden Oldies』(2002年)、つばき 『卒業アルバム』(2004年)、BLUE AGE ORCHESTRA(2004年)、CANCION(2006年)など、多くのアーティストによってカバーされています。

2018年12月14日

iPod nanoが1分置きにSTOPするようになってしまいました。【><】-「Reset」ボタンプッシュで解決

私は、iPod nano(第7世代)がとてもお気に入りで、もう何年も使っているのですが、ここ数ヶ月、何故か再生中に時々STOPするようになりました。

最初のうちは、ほんとうにたまになので、古いし、まぁ仕方ないのかなと思っていたのですが、先週から止まる回数が急激に増え、昨日などは、ついに、続けざまに何度も止まるようになってしまいました。【><】

「助けてー!ミーのiPodがすぐSTOPするにゃん!」「まあまあ、落ち着いて」
 
写真は、こちらからお借りしました。

そこで、ふと思いついて、どのくらいの時間で止まるのかをチェックしてみたところ、これが面白いことに、きっかり「62秒」なのです。おお!(゚o゚)

つまり、再生ボタンを押すと、きっかり62秒後にSTOP。
そこで、また再生ボタンを押すと、62秒後に再びSTOP。
そこで、再び再生ボタンを押すと、またきっかり62秒後にSTOP、……。

これでは、はっきり言って音楽を聴くどころではありません。【><】

そんな時は、『スプリング・サンバ』で踊ろうー!\(^o^)/
(X o X) パーンチ! ☆α==(・・#) 誰ナノ、キミハ。

そこで、インターネットでいろいろググッってみたのですが、私のiPodで起こっている症状と同じものが見つかりません。(@_@)ウーン

そこでかれいいた、じゃなかった、ひらめいたのが機器をリセットすること。

これは、コンピューターの基本ですね。(^^)
PCでも、ゲーム機でも、パチンコ台でも、マイコンが組み込まれたものであれば、不具合が起こったらいったん電源を抜くなどしてその「頭」をリセットしてやれば、機械そのものが物理的に壊れていない限り、たいてい直ってしまうんですね。(^^)

ということで、我がiPodを手に取り、全メニューをつぶさにチェックしてみると…、「設定」メニューの一番下に「Reset Settings」なる文字を発見。



おお!(゚o゚) 私が今まで20年かけて探していたのは、きっとこのボタンにちがいない!

ソンナニ 探シテ ナイダロ!(-_-メ)/~~~~~バシィ!!(T/O)

そこで、このボタンを、

「行け、飛馬!」(古いし、意味不明)

と言いながら押してみると、以下の画面に。



そこで、私Super源さん、

「お願い、頼むさかい、これで直ってくらはいー!」(どこの言葉だ(^^; )

と、天にも祈る気持ちで赤い「Reset」ボタンをプッシュ!

すると……、我がiPodは自動的にリセットされ、無事に再起動。
まずは安堵のため息をつくSuper源さん。(^。^;) ホッ!

が、次の瞬間、これで直ったのだろうか? と、素朴な疑問が。(爆)

そこで、恐る恐る(?)さきほで1分置きにとまっていた曲を再生してみると…。

おぉ~っ!。w(゚゜)w

今度は、1分経っても止まらないではあーりませんか。(゚o゚)

マテヨ?(?_?) もしかして、もう1分経ったら、また止まってしまうのでは?

と疑心暗鬼(ぎしんあんき)に駆られる私。(^^;
かくなるうえは、そのまま再生を継続!(^O^)エヘン!

(゜゜;)☆バキッ\(--;) ココデ イバッテ ドウスル。

だがかかし、じゃなかった、だがしかし。
我がiPodは、そのま止まらずに再生を続け、気づいたら次の曲へと移っていたのでした。

(^o^)/ ジャジャーン! ←(^^;「鳴り物入り」 カイ。

その後は、他の曲も何曲か再生してみて、不具合が直ったことを確認したことは言うまでもありません。(^^)

ということで、もしもiPod nanoをご使用の方で、私と同じ症状が出た方がいらっしゃいましたら、お試しになっていただければと思います。

何より、このやり方はいちいちiTunesを起動したりする必要もないので、非常に簡単です。(^^)

以上、今日は「iPod nano」の意図せぬ連続停止不具合と、その直し方でした。(^O^)/

2018年12月13日

「夜のプラットホーム/二葉 あき子」 - 名曲のご紹介

今日は、二葉 あき子の「夜のプラットホーム」のご紹介です。

夜のプラットホーム 二葉 あき子 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

二葉 あき子(ふたば あきこ、本名:加藤芳江(かとう よしえ) 1915年2月2日 - 2011年8月16日)は、広島県広島市の女性歌手です。

二葉 あき子は、広島県立広島高等女学校(現在の広島県立広島皆実高等学校)を経(へ)て、1935年に東京音楽学校(現在の東京芸術大学音楽学部)師範科卒業します。

音楽学校に在籍中、東京音楽学校の奏楽堂で、同校に通う期待の生徒・増永丈夫(ますなが たけお)の美しいバリトンを聴いて感銘を受けます。
その増永丈夫は、すでに藤山一郎として流行歌手として名をなしていました。

二葉 あき子のレコードデビューは、在学中にコロムビアで吹込んだ教育レコードで、卒業後は、地元の広島の三次高等女学校(現在の広島県立三次高等学校) で教鞭(きょうべん)をとります。
教師時代も、上京して学校用教材のレコードを吹込みます。

そして、1936年の春に、コロムビアの専属となります。
最初に発売したレコードは、「愛の揺り籃(あいのゆりかご)」でした。
その後「あの夢この夢」「月に踊る」「乙女十九」などで世に知られるようになり、1939年に、松竹映画『春雷』の主題歌「古き花園」が大ヒットしたことで、人気歌手としての声価を得ます。

これ以後、彼女の歌う多くのブルースがヒットするようになります。
また戦時中は、歌手として慰問(いもん)活動をしています。

今日は、そんな二葉 あき子の、1947年2月に発売された代表曲のひとつである「夜のプラットホーム」をどうぞ。


夜のプラットホーム/二葉 あき子

この曲の歌詞はこちら

この曲はもともと、1939年(昭和14年)公開の映画『東京の女性』(主演:原節子)の挿入歌として淡谷のり子が吹き込んだものです。

が、出征する人物を悲しげに見送る場面を連想させる歌詞があるとして、戦時下の時代情勢にそぐわないと検閲に引っかかり、同年に発禁処分を受けたものです。

そして戦後になり、二葉あき子がこの曲を新たに吹き込み直したレコードが発売され、大ヒットとなりました。
この曲は、それまでそこそこのヒットはあったものの、大ヒット曲のなかった二葉あき子にとって、待ち望んでいた朗報(ろうほう)でした。

"( ・。・) ヾ(^^@) ネエネエ。
('_') (^o^ ) 「朗報」ッテ、「さまよい歩く」ッテイウ 意味 ダヨネ。
ソ・レ・ハ、「放浪」! (-_-メ)/~~~~~バシィッ!!(T/O)

二葉あき子といえば、「さよならルンバ」や「水色のワルツ」も名曲ですね。(^^)

2018年12月11日

「青い麦/伊藤 咲子」 - 名曲のご紹介

今日は、伊藤 咲子の「青い麦」のご紹介です。

「青い麦 伊藤咲子 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

伊藤 咲子(いとう さきこ、本名:千葉咲子、1958年4月2日 -)は、東京都出身の女性歌手です。
愛称は、サッコ。

伊藤 咲子は、1973年 15歳の時にオーディション番組「スター誕生!」で優勝し、芸能界入りをします。
そして、翌年の1974年に、 「ひまわり娘」でアイドル歌手としてデビュー。

同年末に、「木枯しの二人」を発売。この曲は、翌年の1975年、オリコン年間ヒットチャートで36位にランクインし、自身最大のヒット曲となります。

また、翌年の1976年には、 「きみ可愛いね」で第27回NHK紅白歌合戦初出場を果たします。

そして、「想い出のセンチメンタル・シティ」の発売と同時に、デビュー以来のシングル盤の総数が200万枚を突破したと東芝EMIから発表されます。

1984年には、デビュー10周年を記念して、写真集が出版されます。

今日は、そんな伊藤咲子の、前曲「木枯らしの二人」に続いて1975年03月20日に発売された、通算4枚目のシングルである「青い麦」をどうぞ。


青い麦/伊藤 咲子

この曲の歌詞はこちら

デビューにあたり、「スター誕生!」で芸名を公募しましたが、その際、下ネタ嫌いと言われる司会の萩本欽一から、男性器をもじった案が紹介されました。

その前には、スター誕生出身で、当時「花の中三トリオ」と呼ばれた森昌子・山口百恵・桜田淳子からそれぞれの頭文字をとった「森山 桜」という案も紹介されていました。

しかしながら、最終的には本名でデビューすることになったと萩本欣一が発表しました。

また、歌手活動休止期間はカラオケパブの経営者をしていましたが、その間伊藤咲子がアイドル歌手だった頃のファンがたびたび訪れたといいます。

ちなみに、伊藤咲子は祖父母が山形県出身で、両親は山形疎開時に結婚したため、山形に深い思い入れがあります。
そのため、出生も育った所も東京ですが、山形は自分の故郷だと語っています。

2018年12月04日

「さよならを教えて(Comment te dire adieu)/フランソワーズ・アルディ(Francoise Hardy)」- 名曲のご紹介

今日は、フランソワーズ・アルディの「さよならを教えて」のご紹介です。

さよならを教えて Comment te dire adieu フランソワーズ・アルディ ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

フランソワーズ・アルディ(Francoise Hardy 1944年1月17日 - は、フランスの歌手、シンガーソングライター、女優です。
夫は、ミュージシャンで俳優でもあるジャック・デュトロン。

フランソワーズ・アルディ
フランソワーズ・アルディ ピンナップ ブロマイド
写真は、こちらからお借りしました。

フランソワーズ・アルディは、1962年に「男の子女の子(Tous Les Garcons Et Les Filles)」でデビューをします。

1960年代には、トップアイドルとして活躍。
フランス語圏のみの人気にとどまらず、特にイギリスで人気が爆発。
アイドル人気に伴い、ジャン=リュック・ゴダール監督の『男性・女性』、1966年のアメリカ映画『グラン・プリ』など数作の映画に出演します。

1968年に、アメリカのポピュラーソング「It Hurts to Say Goodbye」にフランス語詞をつけた「さよならを教えて(Comment te dire adieu)」を発表。

そして、この曲の作詞を担当したのが、セルジュ・ゲンスブールで、それ以来、ゲンスブールおよびゲンスブールの妻だったジェーン・バーキンと親しくなります。
このセルジュ・ゲンスブールは「Kiss me Hardy」という曲を書いています。

1960年代後半からは、フランソワーズ・アルディはジョニ・ミッチェル的なシンガーソングライター・スタイルに転向。
シンガーソングライターとして、より自身の内面を表現するようになります。

今日は、そんなフランソワーズ・アルディの、1968年に発売されたヒット曲である「さよならを教えて」をどうぞ。


さよならを教えて(Comment te dire adieu)/フランソワーズ・アルディ(Francoise Hardy)

この曲の歌詞はこちら

50年前の録音ですが、今聴いても、古さを感じさせない鮮明なサウンドです。

この曲は、1973年に日本でも発売され、ヒットしました。
1979年には、TBSのテレビドラマ『沿線地図』で、Ma jeunesse fout l'camp(原題「私の青春は逃げて行く」、邦題「もうへなんか行かない」1967年)、「私の騎士 Si mi caballero」(1971年)が使用され、ドラマの中で繰り返し流されたことから話題を呼び、当時CBSソニーから発売されたシングル盤、ベスト盤「もう森へなんか行かない」がヒットしました。

また、荒井由実(現:松任谷由美)のアルバム『MISSLIM』に収録されている「私のフランソワーズ」という曲は、フランソワーズ・アルディのことを歌ったものです。

さらには、荒井由美が石川ひとみに書いた「まちぶせ」は、フランソワーズ・アルディのこの「さよならを教えて」の翻案(ほんあん)とも言われます。