[457] [456] [455] [454] [453] [452] [451] [450] [449] [448] [447]

2013年02月28日

「木綿のハンカチーフ/太田裕美」 - 名曲のご紹介


以前、太田 裕美のデビュー曲である「雨だれ」をご紹介しましたが、今日は「木綿のハンカチーフ」をご紹介したいと思います。

木綿のハンカチーフ 太田裕美 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

太田 裕美(おおた ひろみ、本名:福岡 弘美(ふくおか ひろみ、旧姓:太田)1955年1月20日-)は、東京都荒川区生まれ、埼玉県春日部市育ちのシンガーソングライターです。

太田 裕美は、1974年11月1日に「雨だれ/白い季節」でデビューをします。
キャッチフレーズは、「まごころ弾き語り」で、デビュー当初は、フォーク調でピアノの弾き語りの曲が中心でした。

1975年12月、3作目のアルバム「心が風邪をひいた日」からシングルカットされた「木綿のハンカチーフ」が大ヒットし、この曲は翌年の1976年にオリコンチャート4位を記録します。

今日は、太田裕美の代表曲でもある、その「木綿のハンカチーフ」をどうぞ。


この曲の歌詞はこちら

「木綿のハンカチーフ」は、完成するまで、かなりの紆余曲折のあった曲です。
作詞の松本隆が、都会に出た男性と故郷に残された女性との遠距離恋愛を、対話形式で歌詞にしたところ、作曲の筒美京平が「詞が長過ぎる」と松本隆に対して、短くすることを望みました。

が、松本隆側の人間と連絡が取れず、仕方なくそのまま歌詞に合わせて曲を作ることになったのですが、実際に取り掛かってみると、すんなりと進み、「いや〜、いい曲が出来たよ」と、喜色満面で提出したというエピソードがあります。

ちなみに、「木綿のハンカチーフ」は、太田裕美の最大のヒット曲ですが、世間がいつまでも自分を『「木綿のハンカチーフ」の太田裕美』というイメージで見ていることに対して、ずっと複雑な気持ちを抱いていました。
が、1990年代後半に活動を本格的に再開してから、ファンが、長年にわたって「木綿のハンカチーフ」に深い思い入れをもっていることを知り、心境が変化したといいます。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字