[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

2017年07月04日

「さよならルンバ/二葉 あき子」 - 名曲のご紹介

今日は、の「」のご紹介です。

さよならルンバ 二葉 あき子 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

二葉 あき子(ふたば あきこ、本名:加藤芳江 1915年2月2日 - 2011年8月16日)は、広島県広島市の女性歌手です。

二葉 あき子は、広島県立広島高等女学校(現在の広島県立広島皆実高等学校)を経て、1935年に東京音楽学校(現在の東京芸術大学音楽学部)師範科卒業します。

音楽学校に在籍中、東京音楽学校の奏楽堂で、同校に通う期待の生徒・増永丈夫の美しいバリトンを聴いて感銘を受けます。
その増永丈夫は、すでに藤山一郎として流行歌手として名をなしていました。

二葉 あき子のレコードデビューは、在学中にコロムビアで吹込んだ教育レコードで、卒業後は、地元の広島の三次高等女学校(現在の広島県立三次高等学校) で教鞭をとります。
教師時代も、上京して学校用教材のレコードを吹込みます。

そして、1936年の春に、コロムビアの専属となります。
最初に発売したレコードは、「愛の揺り籃」でした。
その後「あの夢この夢」「月に踊る」「乙女十九」などで世に知られるようになり、1939年に、松竹映画『春雷』の主題歌「古き花園」が大ヒットしたことで、人気歌手としての声価を得ます。

これ以後、彼女の歌う多くのブルースがヒットするようになります。
また戦時中は、歌手として慰問活動をしています。

今日は、そんな二葉 あき子の、1948年11月に発売された「さよならルンバ」をどうぞ。

戦後は、「別れても」「夜のプラットホーム」「恋の曼珠沙華」、今日ご紹介した「さよならルンバ」、「村の一本橋」など、多くのヒット曲を放ち、特に1950年に発売された「水色のワルツ」は、綺麗なメロディーに二葉あき子の歌唱が良く合い、人々に潤いをあたえます。

NHK紅白歌合戦にも、1951年の第1回から1959年の第10回まで10回連続出場し、第6回では、代表曲のひとつである「バラのルムバ」で紅組トリを務めるなど、渡辺はま子・淡谷のり子・松島詩子・笠置シヅ子と並んで、創世記の紅白を代表する女性スターでもありました。

また、懐メロ歌手として、21世紀を超えてもなお活躍しましたが、2003年夏にファンのつどいにて引退を宣言し、故郷の広島に帰郷します。

引退した理由としては、難聴が進行し、バンドの演奏の音が聞き取りづらくなったことが理由であると伝えられています。

なお、曲名に同じく”ルンバ”がつく名曲として、西田佐知子の「コーヒールンバ」があります。
もしもお時間があれば、こちらも是非お聴きになってみてください。(^^)

「コーヒールンバ/西田佐知子」 - 名曲のご紹介|Super源さんの音楽ブログ
http://musingbuff.blog.shinobi.jp/Entry/915/


2017年06月28日

「モンテカルロで乾杯/庄野真代」 - 名曲のご紹介

今日は、庄野真代の「モンテカルロで乾杯」のご紹介です。

モンテカルロで乾杯 庄野真代 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

庄野 真代(しょうの まよ、本名:庄野 眞代(読み方は同じ) 1954年12月23日 - )は、大阪府大阪市出身の歌手・シンガーソングライターです。
ルフラン所属。NPO法人国境なき楽団理事。

庄野 真代は、20歳のときに参加した「フォーク音楽祭」で、予選を次々と突破。
関西四国決勝大会でグランプリを獲得し、全国大会にてスカウトされます。

そして、1976年に、アルバム「あとりえ」でデビュー。
都会派ニューミュージックの歌手として、注目されるようになります。

そして、2年後の1978年に、代表曲「飛んでイスタンブール」が大ヒット。
同年大晦日の『第20回日本レコード大賞』中山晋平賞(のち作曲賞)を受賞し、また『第29回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たします。

庄野真代のヒット曲には、その他1978年の「モンテカルロで乾杯」「マスカレード」、1980年の「Hey Lady 優しくなれるかい」などがあります。

今日は、1978年7月10日に発売された「モンテカルロで乾杯」をどうぞ。

この曲は、前作の大ヒット曲『飛んでイスタンブール』に続くシングルで、庄野真代自身2番目のヒット曲となりました。

ちなみに、「モンテカルロ」というのは、西ヨーロッパ・モナコ公国の4つの地区(カルティエ)の1つで、同国の北東部・モナコ湾の北岸に位置する場所です。

そうそう、モンテカルロといえば、1913年(日本の暦でいえば大正2年)に、ここにあるカジノのルーレットゲームで、なんと、黒の目が連続して27回も出るという大珍事がありました。

連続27回ですよ、27回!おお!(゚o゚)

数学的な確率を無視した、もはや神様のいたずらとしか思えない、文字通り人々が啞然とした出来事でした。

ご興味をもたれた方は、以下の記事をお読みになってみて下さい。(^^)

誰もが啞然としたルーレットの目の出方とは?-1913年にモンテカルロのカジノで起こった大珍事!
http://www.zatsugaku-jiten.net/blog-entry-1603.html

しかしこれ、ホント、信じられない出来事ですね!(・o・)
まさに驚嘆すべき出来事ですが、時としてこのようなことが起こるから、世の中って面白いのかも知れません。(@_@)ウーン

2017年06月27日

「20歳のめぐり逢い/シグナル」 - 名曲のご紹介

今日は、シグナルの「20歳のめぐり逢い」のご紹介です。

20歳のめぐり逢い シグナル ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

シグナルは、1975年半ばから1984年にかけて活動した、フォークソンググループです。
1975年に発売したデビュー曲「20歳のめぐり逢い」が大ヒットし、これが彼らの代表曲となります。

メンバーは、浅見昭男、田村功夫、住出勝則、稲垣達雄の4人です(途中で、田村功夫が抜けて稲垣達雄が加入)。

当時大ヒットした曲としては、前述の「20歳のめぐり逢い」のみですが、シグナルには「B.G.Mはため息で」や「黄昏のあらし」など、良い曲が他にもたくさんあり、グレープ同様、当時私が良く聴いたフォークグループのひとつでもあります。

さて、今日はその、彼らのデビュー曲でもあり代表曲でもある、「20歳のめぐり逢い」をどうぞ。

この曲の歌詞はこちら

いやー、素敵な曲です。(^-^)
今改めて聴いて、その感慨を新たにしました。
ストリングスアレンジが、また良いです。

「手首の傷は癒えないけれど~」という部分が、何故か妙に印象に残っています。
このような和風でしっとりした曲は、最近めっきり減ってしまったように思います。

なお、この曲はのちに、以下のアーティストによってカバーされています。

・1981年11月5日発売 岩崎宏美 - カバーアルバム「すみれ色の涙から…」に収録
・2015年4月29日発売 岩佐美咲 - 限定盤シングル「初酒」に収録

両者の名前に、「岩」と「美」の漢字があるところが面白いですね。おお!(゚o゚)

ちなみに、岩佐美咲は、演歌歌手で、女性アイドルグループAKB48チームBの元メンバーです。

2017年06月17日

「神様からもらったチャンス/三浦理恵子」 - 名曲のご紹介

今日は、三浦理恵子の「神様からもらったチャンス」のご紹介です。


写真は、こちらからお借りしました。

三浦 理恵子(みうら りえこ、1973年9月1日 - )は、東京都中野区出身の歌手、女優、声優、タレントです。
「乙女塾」2期生の出身で、解散したアイドルグループ「CoCo」の元メンバーです。
愛称は、理恵ちゃん。

三浦 理恵子は、1989年、フジテレビの「パラダイスGoGo!!」において、フジテレビが主催・運営のタレント育成講座、「乙女塾」の2期生としてデビューをします。
そして、同じく東京都中野区出身の羽田惠理香(現・はねだえりか)らと、同塾生の5人でアイドルグループ「CoCo」を結成。

1991年には、「涙のつぼみたち」でソロデビュー。
1994年には「CoCo」を解散し、本格的にソロ活動を開始します。

今日は、そんな三浦理恵子の、1992年9月18日に発売された5枚目のシングルである、仏様…、じゃなかった、「神様からもらったチャンス」をどうぞ。

ナンダヨ、仏様 ッテ!(-_-メ)/~~~~~バシィ!!(T/O)

しかし、声優でもある彼女の声は、ホント可愛いですねー。(^o^)

ドウ、コレ? リボン ツケテ ミタケド、可愛い?(^.^)
オカマ カイ!(-_-メ)/~~~~~バシィ!!(T/O)

なお、三浦理恵子のオフィシャルブログは以下になります。
ファンの方は、迷わずGo! ( ^-^)/

三浦理恵子オフィシャルブログ「Miura Rieko」
https://ameblo.jp/riekomiura/

芸能人ブログによくありがちな、いわゆる放置ブログではなく、週に数回ペースながら、こまめに更新されているようです。(^ ^)

2017年06月14日

「プラチナのブレスレット/水越けいこ」 - 名曲のご紹介

今日は、水越けいこの「プラチナのブレスレット」のご紹介です。

プラチナのブレスレット 水越けいこ ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

水越けいこ(みずこし けいこ、1954年2月4日 -)は、山梨県出身のシンガーソングライター、作曲家です。
担当楽器は、歌、アコースティックギター、キーボード。

水越けいこは、1978年に、女性デュオユニット「姫だるま」を経て、「しあわせをありがとう」でデビューをします。

そして、その後「めぐり逢いすれ違い」「ほほにキスして」「Touch Me In The Memories」「Thank you SUMMER 」「グッバイ・ダイアリー」 …と、順次シングルを発売していきます。

主な活動期は、1970年代中期から1992年、そして1997年から現在で、その間発売されたシングル盤は31枚、そしてアルバムが21枚です。
また当時、歌手以外の活動として、夜のヒットスタジオ(フジテレビ)、ドリフ大爆笑(フジテレビ)、紅白歌のベストテン(日本テレビ)、レッツゴーヤング(NHK)、ヤングおー!おー!(MBS)などに出演しています。

今日は、そんな水越けいこの、1983年12月21日に発売された通算12枚目のシングル「リオデジャネイロ 」のB面に収録されていた「プラチナのブレスレット」をどうぞ。

哀愁のある素敵な曲です。(^-')
水越けいこの声質と歌い方に、とても良く合っていると思います。
メロディーが、荒井由美のあのヒット曲に煮て、じゃなかった、似ていますね。(^^)
でも、いい曲です。(T^T) シンミリ。

煮テ ドウスル!(-_-メ)/~~~~~バシィ!!(T/O)