ブログ内検索
ランキング
プロフィール
HN:
Super源さん
性別:
男性
自己紹介:

東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、音楽、パソコン。ネコが好き。
癒しと励まし、そして切なさをテーマとしたオリジナル曲を作っています。
広告
ページランキング
最新コメント
[08/15 Super源さん]
[08/13 コットン]
[01/14 Super源さん]
[01/14 みかんぴあの]
リンク
ブックマーク
カウンター


開設日: 2008/04/26 (土)

作詞・作曲、名曲のご紹介、その他音楽にまつわることを、ペンペンと書いていきたいと思います。


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
今日は、イルカの「なごり雪」のご紹介です。

イルカ(本名:神部 としえ(かんべ としえ)、旧姓:保坂(ほさか)(1950年12月3日-) は、東京都中野区出身のフォークシンガー、絵本作家です。

イルカは、1970年に、シュリークス(SHRIEKS)※のメンバーとしてデビューをします。

そして、1974年に「あの頃のぼくは」でソロデビュー。

翌年の1975年に、かぐや姫のメンバー伊勢正三の作詞・作曲による「なごり雪」のカバーを歌い、大ヒット。

ヒット曲としては、「少年」、「いつか冷たい雨が」、「もう海には帰れない」、「Follow Me」、「なごり雪」、「サラダの国から来た娘」、「雨の物語」などがあります。

1977年から1980年にかけては、絵本「ちいさな空」全4巻を発表。

また、イルカの声が、TVアニメ「ちびまる子ちゃん」でさくらももこの声を担当するTARAKOと声がそっくりなことから、これが縁で同作のエンディングテーマ「針切りじいさんのロケンロール}で、TARAKOと共にコーラスを担当することになります。

今日は、そんなイルカの、1975年11月5日に発売された通算8枚目のシングルである「なごり雪」をどうぞ。


なごり雪/イルカ

ちなみに、イルカの芸名の由来は、女子美術大学のフォークソング同好会に在籍していた時、皆がギターケースを持って帰る姿を見て、「イルカの群れみたい」と言ったことでつけられたあだ名「イルカ」からとられています。

【なごり雪って?】
なごり雪って?

※シュリークスは、1969年に、早稲田大学フォーク・ソング・クラブのメンバーで結成されたザ・フォーシュリークが解散し、リーダーの神部和夫が明治大学の山田嗣人(山田パンダ)、早稲田の嘉屋泰雄を誘って結成したフォークソンググループ。1969年9月にコロムビアレコードから「君よ!人生は」でデビューした。

シュリークス

神部和夫、保坂としえ、伊藤成一。

写真は、こちらからお借りしました。

今日は、夏川 りみの「なだそうそう」のご紹介です。

夏川 りみ(なつかわ りみ、本名:玉木 りみ(たまき りみ)旧姓、兼久(かねく) 1973年10月9日 -)は、沖縄県石垣市の歌手です。
夫はパーカッション奏者で、TUBEのサポートメンバーとして知られる玉木正昭(たまき まさあき)。

夏川 りみは、1986年の中学1年生の時に、第10回「長崎歌謡祭」に出場し、史上最年少でグランプリを獲得。レコード会社にスカウトされて上京し、田辺エージェンシーに所属します。

1989年に、星美里(ほし みさと)の名で演歌歌手としてデビューし、「しほり」を発売。
藤山一郎から、「40年に1人出るか出ないかの歌手」と称えられるもヒットに恵まれず、1999年5月21日に夏川りみと名前を変えて、「夕映えにゆれて」で再デビューをします。

その後も、しばらくヒット曲に恵まれませんでしたが、2001年に発売した同郷のBEGINの楽曲提供による「涙そうそう」が、じわじわとヒットして一躍有名になります。
この「涙そうそう」は、翌年の2002年に「第44回日本レコード大賞」で金賞を受賞。夏川 りみはこの曲で「第53回NHK紅白歌合戦」に初出場します。

今日はその、「なだそうそう」をどうぞ。


なだそうそう/夏川 りみ

「涙(なだ)そうそう」とは、沖縄の方言で「涙がとめどなく流れる、涙ポロポロ」の意味です。
この曲は、歌手の森山良子が、若くして亡くなった兄を想って書いた詩に、同郷の旧友BEGINが曲を付けたもので、夏川りみが歌ってヒット曲しました(森山良子とBEGINの2人も歌っています)。

なだそうそう。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1410498879

「古いアルバムめくり…」で始まる歌詞ですが、意味が分かってくると、涙が出てきます。(;;)

この曲の歌詞はこちら


ちなみに、夏川りみがこの曲を歌うようになったいきさつは、以下の通りです。

・森山良子が、ライブで共演したBEGINと意気投合し、沖縄の曲を依頼。BEGINから送られてきたデモテープのタイトル「涙そうそう」が、沖縄の言葉で「涙がぽろぽろこぼれ落ちる」という意味であると聞いた森山良子は、若くしてこの世を去った兄を想う歌詞をつける。
・1998年11月26日に発売された森山良子のアルバム「TIME IS LONELY」に収録される。また、後に2001年12月5日発売のシングル「さとうきび畑」のカップリングとしても収録される。
・2002年6月26日に、BEGINが24枚目のシングルとして発売。7月21日発売の島唄アルバム「ビギンの島唄 ~オモトタケオ~」には、三線バージョンと三線ウチナーグチバージョン(訳詞:新城俊昭)が収録される。
・BEGINと夏川りみは同郷で、古くからの知己。夏川りみの姉とBEGINのメンバーが同級生という間柄でもある。
・夏川りみが、この曲を歌いたいとBEGINに依頼したことからカバーが実現する。2001年3月23日に、夏川りみの3枚目のシングルとして発売される。


また、以下のような情報もあります。

若くして亡くなった森山良子の兄は成城高校で俳優の田村亮と同じバスケットボール部だった。BEGINと夏川りみの姉は高校の同級生。
チンコタッタ タローラモ 5:32 - 2012年10月23日
https://twitter.com/MarutabasiKonro/status/260720442589986817

今日は、DEEPの「白いマフラー」のご紹介です。

DEEP(ディープ)は、4人組のコーラスグループです。
メンバーは、TAKA、YUICHIRO、KEISEI、RYO。

2004年、EXILEのボーカル担当のATSUSHIは、ソロプロジェクトの一環として、自身が音楽の道を志すきっかけとなったブラックミュージックを機軸としたグループの結成を決意します。
ATSUSHIを中心に、地元の後輩であるKIKURI、音楽専門学校時代からの友人であるYORK、オーディションで選ばれたTAKAの4人で 「COLOR」が結成されます。

そして、同年の2004年12月1日に、「Special love」でメジャーデビュー。

2006年10月21日、ATSUSHI、KIKURI、YORKが脱退し、ATSUSHIプロデュースのもと、TAKAが新リーダーとなり、「EXILE VOCAL BATTLE AUDITION 2006 ~ASIAN DREAM~」出身者であるYUICHIRO、KEISEI、RYO が加わります。

2007年4月25日、シングル「涙が落ちないように」で、新生COLORとして再始動。

2009年7月、グループ名をCOLORから「DEEP」に改名し、ATSUSHIのプロデュースから離れることを発表します。

今日は、そんなDEEPの2011年2月2日に発売された通算5枚目のシングルである「白いマフラー」をどうぞ。


白いマフラー/DEEP

この曲の歌詞はこちら

この「白いマフラー」は、前作の「未来への扉」から約2か月後のシングルであり、2週間後に発売予定の2ndアルバム「LOVE STORY」からの先行シングルとなっています。

この曲のPVは、長澤まさみと南圭介が出演していてドラマ仕立てになっているのですが、視聴していると切なさが募ります。

>別れ際 キミは微笑んで
>「じゃあまたね」って いつでも逢える樣な顏で
>冬雲(ふゆぐも)の下繫いでいた手を
>そっと解(ほど)いて 步いて行った

グスン。( i_i)\(^-^ ) ナカナイ、ナカナイ。

なお、この曲は以下のTVドラマ、CMに使われています。

・中京テレビ・日本テレビ系『フットンダ』2月度エンディング・テーマ
・日本テレビ『iCon』2月・3月度エンディング・テーマ
・CM:『レコチョク』

←←   前のページ    次のページ   →→
Copyright(C) 2008-2014 Super源さんの音楽ブログ All Rights Reserved.
*
blogdesigned by 福井めい