ブログ内検索
ランキング
プロフィール
HN:
Super源さん
性別:
男性
自己紹介:

東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、音楽、パソコン。ネコが好き。
癒しと励まし、そして切なさをテーマとしたオリジナル曲を作っています。
広告
ページランキング
最新コメント
[07/29 Super源さん]
[07/28 t.o]
[07/07 Super源さん]
[07/06 しちてんはっき]
リンク
ブックマーク

カウンター


開設日: 2008/04/26 (土)

作詞・作曲、名曲のご紹介、その他音楽にまつわることを、ペンペンと書いていきたいと思います。


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
今日は、赤い鳥の「翼を下さい」のご紹介です。

赤い鳥(あかいとり)は、1969年に結成された音楽グループです。
1970年代を中心に活動し、1974年に解散したフォークグループで、代表曲には「翼を下さい」と「竹田の子守唄」があります。

赤い鳥は、1970年4月に、イギリス、ロンドンでレコーディングを行ない、6月にシングル「人生」、アルバム『FLY WITH THE RED BIRDS』でメジャーデビュー。

赤い鳥というグループ名の由来は、鈴木三重吉主宰の児童雑誌『赤い鳥』からとられました。

メンバーは、後藤悦治郎(ギター)、平山泰代(ピアノ、1974年2月後藤悦治郎と結婚)、山本俊彦(ギター)、新居潤子(1973年4月に山本俊彦と結婚し、山本潤子)(ボーカル・ギター)、大川茂(ベース、1969年6月加入)の5人です。

後期には、大村憲司(ギター、1972年2月から解散まで)、村上秀一(ドラム、1972年6月から解散まで、村上“ポンタ”秀一)、渡辺俊幸(ドラム・キーボード、1973年4月から)が加わりました。

今日は、赤い鳥の代表曲のひとつである「翼を下さい(つばさをください)」をどうぞ。


翼を下さい(つばさをください)/赤い鳥

この曲の歌詞はこちら

「翼をください」は、もともと1971年に発売された「竹田の子守唄」のB面に収録されていた曲ですが、合唱曲として有名となり、既に1970年代後半からは、学校教育の場でもよく採り上げられるようになっていました。

1998年、サッカーワールドカップの際には、サッカー日本代表チームの応援歌としてこの曲を、山本潤子が歌いヒットしました。
また、曲をモチーフにしたドラマも制作・放映されました。

赤い鳥のその後
赤い鳥は、前述したように1974年に解散しましたが、その後、後藤・平山夫妻は「紙ふうせん」を、山本夫妻と大川は「ハイ・ファイ・セット」を、渡辺は「ハミング・バード」を結成します。

そして、「紙ふうせん」はフォークのあり方を追求し、「ハイ・ファイ・セット」は荒井由実やジャズを取り上げるなど、ポップな演奏を繰り拡げます。
「ハミング・バード」は、後期の赤い鳥の流れをつぐ音楽性を展開しますが、アルバム1枚とシングル数枚で解散します。

また、渡辺俊幸は、1976年にさだまさしのバックボーンとなって、プロデュース・編曲・バックバンドのメンバーなどで活躍します。

皆さん、こんばんは。(^^)/

さきほど、新曲を公開したので、お知らせいたします。
曲名は、「あなたハイジャック」です。

今回は、ピアプロで詩を書かれている鳥バクさんとのコラボ曲です。(*^^)
鳥バクさんの詩をハイジャックしに、私Super源さんが曲をつけさせていただきました。
お聴きいただければと思います。(^^)

今回は、タイトルがちょっとインパクトありますが、(^^;可愛い曲ですよ。
どうぞ、お聴きになってみてくださいね。(^^)

歌は、もう可愛さいっぱい&元気いっぱいの蒼姫ラピスちゃんに歌っていただきました。(^-^)g

曲は、さきほど「Super源さんの癒しの音楽館」の方で公開いたしました。
曲のページへは、以下のリンクから直接行けます。

あなたハイジャック -Super源さんの癒しの音楽館

お時間のある折にでも、ご近所さんをお誘いのうえ、お越しいただければと思います。
従業員一同、お客様のご来店、首を長ーくしてお待ちしております。(^^)
?(゚_。)?(。_゚)?アレッ? ちょっと違ったかな。(爆)

なお、感想などありましたら、掲示板の方にいただけると、泣いて喜びます。
(ToT) エーン←アララ、モウ ナイテル ヨ。(^^ ;

それでは、どうぞお聴きください!(^O^)/

前回は、「トイレットペーパーボックス」をつくりましたが、今回は「キッチンペーパーホルダー」をつくってみました。

まず、材料を用意します。
用意したものは、吊り戸棚用のキッチンペーパーホルダー、桐の板(厚さ9mm)、そしてアクリル板数枚(厚さ3mmと5mm)です。

吊り戸棚用のキッチンペーパーホルダー
吊り戸棚用のキッチンペーパーホルダー

桐の板(幅150mm、厚さ9mm)
桐の板(幅150mm、厚さ9mm)

上記2点は、近所の100円ショップで買いました。
アクリル板は、家にあるので、それを使います。

実は、私の家には、昔買ったアクリル板(白、透明、ブラウンスモークなど)が10枚ほどあるのです。

10枚 トハ、ズイブン 持ッテマス ネ。(^J^)
(^^)ハイ、アクリル クライ アリマス。(.。)☆\カーン!

さて、材料が揃ったところで、早速「キッチンペーパーホルダー」の制作です。

桐の板を丸のこ盤で切断し、木工用ボンドで接着。本体部分をつくります。
できたら、L字金具で補強します。

キッチンペーパー、本体部分
キッチンペーパー、本体部分

が、手元にL字金具がなかったので、(^^; 今回はまっすぐなものを万力にはさみ、直角に曲げて使いました。

次に、吊り戸棚用キッチンペーパーホルダ-を加工します。
取り付け部が不要なのでカットするのですが、そうすると強度的に弱くなってしまうので、補強も行ないます。
切り落とした部分は捨てずに、あとで補強材として使います。

加工した吊り戸棚用キッチンペーパーホルダー
加工した吊り戸棚用キッチンペーパーホルダー

補強部はこんな感じです。
写真ではちょっと分かりにくいですが、アクリル板と桐の板の破材を詰め、アロンアルファで接着してあります。

キッチンペーパーホルダー加工部(拡大)
キッチンペーパーホルダー加工部(拡大)

フガフガ。(・ .・)/жハイ、『歯』材。
ソノ 『ハザイ』 ジャナイ ノ!(-_-メ)/~~~~~バシィ!!(T/O)

詰め物をした部分(写真上面)は、鏡面仕上げとはいきませんが、(^^; 定盤(じょうばん)と布やすりを使用して、まっ平らに仕上げてあります。

定盤


布やすり
袋入り布ヤスリ

袋入り布ヤスリ
価格:109円(税込、送料別)



そうしたら、加工済みのキッチンペーパーホルダーを、さきほど桐の板でつくった本体部分(左側の垂直部分)にアロンアルファーで接着します。
くっついたら、左側からはアクリル板でつくった空洞の三角柱を、右側からはさきほど切り落とした部分を接着して、補強します。

キッチンペーパーホルダーの取り付け
キッチンペーパーホルダーの取り付け

そして、その反対側にはアーム用のストッパーをつけます。

キッチンペーパーホルダーのアーム受け部分(拡大)
キッチンペーパーホルダーのアーム受け部分(拡大)

このストッパーは、竹箸を切断してつくりました。
既にお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、私の場合、使えるものは何でも使います。(^^)

これでアームは、ここまでしか行けなくなるわけですが、このままだと、完成時、キッチンペーパー引き出し時などにカタカタ動いてしまうので、スプリングをつけて動けなくします。

アーム押さえスプリングの取りつけ
アーム押さえスプリングの取りつけ

♪スプリング、サンバーヽ( ^^)ノヽ(^ ) ヽ(^^ )^-^)ノナニカガ オコルー♪
モウ イイッテ。(-_-メ)/~~~~~バシィ!!(T/O)

次に、こうしてつくった本体部分の上と左右に、カットした白いアクリル板を張りつけ、カバーとします。
また、強度的に弱そうなところは、三角形や棒状に切断したアクリル板を使って、徹底的に補強も行ないます。
補強が終わったら、本体部分はこれで完成です。

キッチンペーパーホルダー 本体部分
 キッチンペーパーホルダー 本体部分

次に、ふたの部分の制作です。
カットしたアクリル板(ブラウンスモーク)2枚を垂直に合わせ、キッチンペーパーホルダーのふたをつくります。
接着には、二酸化メチレンを使い、くっついたところでアクリルの三角棒(3mm)で補強を行ないます。

キッチンペーパーホルダー ふた部分
キッチンペーパーホルダー ふた部分

このようにしてつくったふたを、本体に蝶番(ちょうつがい)で取りつけます。
ふたがつけば、いよいよキッチンペーパーホルダーの完成です。

蝶番の取りつけには、ステンレス製のM2の皿ビスを使います。ナットは使わず、アクリル板にタップをたてます。

ふたの取りつけ
ふたの取りつけ

以下が、完成した「キッチンペーパーホルダー」です。(^o^)/ ジャジャーン!

完成したキッチンペーパーホルダー
完成したキッチンペーパーホルダー

完成したキッチンペーパーホルダー(ふたを閉じたところ)
完成したキッチンペーパーホルダー(ふたを閉じたところ)

早速、完成したものを台所に取りつけて使ってみると、ペーパーが軽く、しかもするすると引き出され、なかなかいい感じです。(^^)

よし、今日は一日中、キッチンペーパーを引き出して遊んでいよう。(^^)/
アノナァ。(-_-メ)/~~~~~バシィ!!(T/O)

最後までお読み下さり、ありがとうございました。m(__)m

なお、この記事が気に入りましたら、下のランキングバナーをρ(。_。)ポチッとお願いいたします。(#^.^#)

←←   前のページ    次のページ   →→
Copyright(C) 2008-2014 Super源さんの音楽ブログ All Rights Reserved.
*
blogdesigned by 福井めい