ブログ内検索
ランキング
プロフィール
HN:
Super源さん
性別:
男性
自己紹介:

東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、音楽、パソコン。ネコが好き。
癒しと励まし、そして切なさをテーマとしたオリジナル曲を作っています。
広告
ページランキング
最新コメント
[01/14 Super源さん]
[01/14 みかんぴあの]
[12/19 Super源さん]
[12/18 カル]
リンク
ブックマーク
カウンター


開設日: 2008/04/26 (土)

作詞・作曲、名曲のご紹介、その他音楽にまつわることを、ペンペンと書いていきたいと思います。


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
今日は、南野 陽子の「吐息でネット(といきでネット)」のご紹介です。

南野 陽子(みなみの ようこ、1967年6月23日 - )は、兵庫県伊丹市出身の女優、タレント、歌手です。愛称は、ナンノ。

南野 陽子は、1985年6月23日に「恥ずかしすぎて」で歌手デビューをします。
そして、同年の11月からフジテレビ系ドラマ「スケバン刑事」シリーズ第2作「スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説」で主役を演じ、一躍ブレイク。トップアイドルの座を獲得します。

同時に、1986年3月に発売された、同ドラマの主題歌「悲しみモニュメント」が、初のオリコンチャートトップ10入りとなります。

また、1987年2月公開の映画「スケバン刑事」では、主演に抜擢され、主題歌の「楽園のDoor」は初のオリコンチャート第1位を獲得します。

その後も、「話しかけたかった」「パンドラの恋人」「はいからさんが通る」「吐息でネット」「あなたを愛したい」「秋からも、そばにいて」「涙はどこへいったの」「トラブル・メーカー」など、ヒット曲を連発します。
くわえて、フジカラー、グリコ、JR西日本など多数の企業のイメージキャラクターに起用されてCMに出演。かくして、南野 陽子は中山美穂、工藤静香、浅香唯と共に、女性アイドル四天王の一人として活躍することになります。

今日は、そんな南野 陽子の、1988年2月26日に発売された通算11枚目のシングルである「吐息でネット」をどうぞ。


吐息でネット(といきでネット)/南野陽子

ちなみに、この曲は1988年の化粧品CM「カネボウ春のイメージソング」に採用されました。
EP盤においては、限定盤(大型ジャケット、特典)と通常盤の2種類が発売されたほか、2005年にはセルフカバーされ、「はいからさんが通る/吐息でネット」として、マキシシングル※が発売されました。

※マキシシングル(MAXI SINGLE)とは、音楽CDの形態のひとつで、従来の8cm(3インチ)シングル(シングルサイズCD)に対して、12cm(5インチ)シングル(アルバムサイズCD)を指します。
日本では、90年代後半から普及しはじめ、今では8cmシングルを駆逐しています。
マキシシングルは、正確にはシングル盤の一形態であり、CDに限りません。3曲入り以上のシングルのことをこのように呼び、しばしばEPと混同されています。

皆さん、こんばんは。(^^)/

新曲を公開したので、お知らせいたします。
曲名は、「 ぴんとこないっ!」です。

今回は、ピアプロで詩を書かれているアリスさんとの初コラボ曲です。(*^^)
アリスさんの詩に、私が曲をつけさせていただきました。
お聴きいただければと思います。(^^)

今回は、ポップで可愛い曲を目指して制作しました。どうぞお聴きになってみてくださいね。(^^)

歌は、蒼姫ラピスちゃんに歌っていただきました。
はちゅねミク、(゚゜)コンッ\(--;)じゃなかった、初音ミクちゃんを期待していた方、ごめんなざい。m(__)m
(?_?)ン? そんな方、いらっしゃるのかな?(爆)

いやー、やっぱり、この曲はラピスちゃんでしょう。
(--)(__) ウンウン←(^^;ヒトリデ ナットク シテル。

曲は、本日「Super源さんの癒しの音楽館」の方で公開いたしました。

曲へのページへは、以下のリンクから直接行けます。

ぴんとこないっ!- Super源さんの癒しの音楽館

また、感想などありましたら、掲示板の方にいただけるとうれしいです。(^^)

それでは、どうぞお聴きください!(^O^)/

今日は、「水越けいこ」の「氷の謝肉祭(こおりのしゃにくさい)」のご紹介です。

水越けいこ(みずこし けいこ、1954年2月4日 -)は、山梨県出身のシンガーソングライター、作曲家です。

スター誕生!(日本テレビ)1974年4月14日放送第133回テレビ予選(山梨県民会館)で合格。同年8月11日に放送第11回決戦大会に出場しますが、スカウトされず失格します(そのとき合格して、デビューしたのが岩崎宏美・黒木真由美)。

そして、女性デュオユニットの「姫だるま」を経て、1978年に「しあわせをありがとう」でデビューをします。

その後、「めぐり逢いすれ違い」「ほほにキスして」「Touch Me In The Memories」「Thank you SUMMER 」「グッバイ・ダイアリー」「Single girl」「氷の謝肉祭」と、シングルを発売していきます。

水越けいこの主な活動期は、1970年代中期 - 1992年、そして1997年 - 現在で、その間発売されたシングル盤は31枚、そしてアルバムは21枚となっています。

当時、歌手以外の活動としはて、夜のヒットスタジオ(フジテレビ)、紅白歌のベストテン(日本テレビ)、ドリフ大爆笑(フジテレビ)、ヤングおー!おー!(MBS)、レッツゴーヤング(NHK)などに出演しています。

今日は、1982年2月に発売された通算8枚目のシングルである「氷の謝肉祭」をどうぞ。


氷の謝肉祭(こおりのしゃにくさい)/水越けいこ

この曲の歌詞はこちら

なお、水越けいこは、出産を機に一時活動を休止していましたが、1997年に「You are my life」を発売するなど、現在コンサートや講演などで活躍しています。

←←   前のページ    次のページ   →→
Copyright(C) 2008-2014 Super源さんの音楽ブログ All Rights Reserved.
*
blogdesigned by 福井めい