[1] [2]

2015年10月08日

音楽用語「presto(プレスト)」の覚え方

前回は、音楽用語「allegro(アレグロ)」の覚え方をご紹介しましたが、今日は「presto(プレスト)」の覚え方を考えてみました。

音楽用語:presto(プレスト)
意味:急速に

覚え方:プレスとすれば、「急速に」生産力アップ

プレストの覚え方

あるとき、ワル男君がパー君のアパートに、小さな布袋を持ってやってきました。

ワル男「おい、パー! この中に、1円玉が1000枚入っている。全部のコインにオレ様の名前を書いてくれ」
パー「書くって、どうして?」
ワル男「どうして? お前の質問の意味が目的ならば、これらのコインが、将来オレの所に戻ってきたときの目印となる、また方法ならば、これで引っかいてくれ」

と、ワル男君がパー君に差し出したのは、製図などで使うけがき針。

パー「え? ちょっと待ってよ、…」
ワル男「じゃあなパー、あとは頼んだぜ!」

それだけいうと、ワル男君はさっさと家に帰ってしまいました。

パー「もう、相変わらず強引なんだから! でも、これどうしよう。2、3枚ならともかく、1000枚ものコインにワル男君の名前を入れるなんて、何というか、生産性が低すぎてやってられないよ」

その夜、パー君は、まんじりともせずに夜を明かしました、
が、翌朝目覚めたとき、ふと名案が浮かんだのです、

パー「そうだ! プレス機を使えばいいじゃない。手書きじゃなくて、プレスとすれば、急速に生産力アップだ!」

こうして、パー君は見事ワル男君に押しつけられた無理難題を解決したのでした。
小鳥のチッチ君も絶賛(ぜっさん)していますね。
めでたしめでたし。
ちなみに、「生産性、生産力」は、英語では「productivity」といいます。

例:His idea raised productivity.
(彼のアイディアが、生産性を引き上げた)

が、ここは英語ブログではないので、この語句に関する説明はここまでとします。

上のイラストを見ながら、この暗記句を何度も繰り返し読んでみましょう。
そうすれば、きっとあなたは「プレスト」の意味をしっかりと覚えることができるでしょう。

この記事がお役に立ちましたら、下の方にあるランキングバナーをρ(。_。)ポチッとお願いいたします。

2015年09月26日

音楽用語「allegro(アレグロ)」の覚え方

前回は、音楽用語「accelerando(アッチェレランド)」の覚え方をご紹介しましたが、今日は「allegro(アレグロ)」の覚え方を考えてみました。

音楽用語:allegro(アレグロ)
意味:速く

覚え方:「あれ? グローランプなのに「速く」ないぞ?」

アレグロの覚え方


ある日、学習机の上で、鉛筆君と消しゴム君が、この部屋の住人である高校一年生のパー君について話していました。
当のパー君はといえば、ほとんどこの机の前に座ることはありません。

消しゴム「ねえ、パー君って、あまり頭が良くないよね?」
鉛筆「うん、オレも、彼は頭脳明晰(ずのうめいせき)ではないと思う」
消しゴム「それに、晴れた日は家にいなくて、勉強するのは雨の日だけ」
鉛筆「そうだな。まぁ彼は晴耕雨読(せいこううどく)の生活をしているんだと思う」

みなさん、気がつきましたか?
鉛筆君は、教養が高く、四字熟語を頻用(ひんよう)するクセがあります。そのため、あだ名が『インテリ』です。

と、そこへ掃除機君がキッチンからやってきました。

掃除機「おい、インテリア! この家で一番頭がいいのは誰だと思う?」
鉛筆「インテリアじゃなくて、イ・ン・テ・リ。オレは、家具じゃないんだから。
というより、この家に住んでいるのは、現在パー君だけだろ」
掃除機「オレたち家電仲間もいるじゃないか」
消しゴム「激しく同意!」
掃除機「オレは、いつも天井に張りついている電灯君だと思う。」
鉛筆「同感! あの高速点灯は、まさに電光石火(でんこうせっか)の早業だ」
消しゴム「それは違うぞ。電灯君のいわば目であるあの棒型の蛍光管は、点灯時にグローランプ君のパワーを拝借しているから、パッと点(つ)くんだよ」
掃除機「そうか! よし、それじゃ早速、グローランプ君の計算能力をテストしてみよう」

ということで、インテリの鉛筆君が中心となって、グローランプ君用に何問かの算数の問題が作成されました。
ポイントは、この問題をグローランプ君がどのくらいの速さで解くかによって、頭の回転速度を計ろうというものです。
そして、その結果は…。

グローランプ「うーん。1+1かあ! 難しいなぁ、この問題は!」
掃除機「あれっ? 1問目で引っかかってるよ。グローランプなのに速くないぞ

チャンチャン!

人には、それぞれ得手不得手(えてふえて)というものがあり、すべての事柄において得意という人は、おそらくいないのではないでしょうか?
自分の苦手な事柄で能力を判断されてしまうグローランプ君が、ちょっと可哀想ですね。

ちなみに、「得手不得手」は、英語では「strong and weak points」といいます。

例:Everyone has his strong and weak points.
(誰でも得手不得手がある)

が、ここは英語ブログではないので、この語句に関する説明はここまでとします。

今日は、長くなってしまいました。【><】
上のイラストを見ながら、この暗記句を何度も繰り返し読んでみましょう。
そうすれば、きっとあなたは「アレグロ」の意味をしっかりと覚えることができるでしょう。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

この記事がお役に立ちましたら、下の方にあるランキングバナーをρ(。_。)ポチッとお願いいたします。

2015年07月03日

音楽用語「accelerando(アッチェレランド)」の覚え方

最近また、「音楽用語 覚え方」等で検索してこのブログに来られる方が増えています。

ということで、今日は音楽用語「accelerando(アッチェレランド)」の覚え方を考えてみました。

音楽用語:accelerando(アッチェレランド)
意味:だんだん速く

アッチェレランド、長い単語ですね。
まずは、この単語を3つに分解してみます。

アッチ+エレ+ランド


これで、だいぶ覚えやすくなりましたね。
そうしたら、これらの言葉にゴロ合わせを使って意味を与えます。

アッチ=「アッチー!(熱い!)」
エレ=エレキギター
ランド=ランドセル


ここまで来れば、あと一息です。
これらの言葉をつなぎあわせて、暗記フレーズをつくります。

覚え方:「アッチー!」エレ、ランドに追われて「だんだん速く」

アッチェレランドの覚え方

ランドセル君、エレキギター君をただ追いかけるばかりでなく、ドラゴンさながら口からも火を噴いていますね。(@@;
また、坂道のため、加速度がついています。(゚O゚;ゲッ!
エレキギター君、これではたまりませんね。三十六計逃げるに如(し)かずです!

ちなみに、「三十六計逃げるに如かず」ということわざは、英語では以下のようにいいます。
The smartest thing in a tight situation is to beat a retreat.

が、ここは英語ブログではないので、語句の解説等はしません。未知の単語などがあれば、ご自身で調べてみてくださいね。(^^)


このイラストを見ながら、暗記句を何度も繰り返し読んでみましょう。
そうすれば、きっとあなたは「アッチェレランド」の意味を完全に覚えることができるでしょう。

最後に、私Super源さんからひと言。

「音楽用語なんか、ダジャレで覚えればカンタンだい!」(^O^)/

この記事がお役に立ちましたら、下の方にあるランキングバナーをρ(。_。)ポチッとお願いいたします。

2014年04月12日

音楽用語「andante(アンダンテ)」の覚え方

以前、音楽用語「vivace(ビバーチェ)」の覚え方をご紹介しましたが、今日は音楽用語「andante(アンダンテ)」の覚え方を考えてみました。

音楽用語:andante(アンダンテ)
意味:歩く速さで

さて、それでは早速覚え方です!( ^-^)/


覚え方:暗澹(あんたん)で、「歩く速さで」す


※画像clickで拡大します。

「あああーっ! 今日も空が曇っていて、気分が暗いわぁ。
まさに、暗澹だわー。
友達の、明子も春子もひばりも、天気のことなど全然気にならないようで、ルンルン気分でスキップしながら先に帰っていったけど、デリカシーのある私はダメ、全然そんな気分になれないわー。
あぁ、何かこうやって考えてたら、ますます気持ちが暗くなってきて、速や歩きをしていたはずが、いつの間にか歩く速さになってるー。
明日は、きっといい天気になりますように!」 マル子


それでは皆さん、この「ダジャレで覚える音楽用語」のコーナーでまたお会いしましょう。(^^)/

(?_?)ン? そんなコーナー、このブログにあったかな?(爆)

2012年09月11日

音楽用語「vivace(ビバーチェ)」の覚え方

最近、「音楽用語 覚え方」等で検索し、このブログに来られる方が増えています。

ということで、今日は音楽用語「vivace(ビバーチェ)」の覚え方を考えてみました。

音楽用語:Vivace(ビバーチェ)
意味:活発に

その前に、準備として、以下の文章をお読みください。
早く覚え方を知りたい方は、読み飛ばしてもかまいませんが、「急がば回れ」ですよ。(^^)

-------------------------------------
ビーバーは、ネズミ目(齧歯目)ビーバー科ビーバー属に属する哺乳類の総称です。
体長は、74~130cm、尻尾の長さが22~30cm、体重は30kgと、ネズミ目ではカピバラに次いで2番目に大きい動物です。

ビーバーは、2つの特技をもっています。
ひとつは、丈夫な歯をもっていて、直径15cmの木をわずか10分でかじり倒すことができることと、
もうひとつはダムを作れることです。

しかも、このダム作りは、誰にも教わらずにできるのです。
なかなか、知恵のある動物(*)ではあーりませんか。
-------------------------------------

ということで、さて、お待たせしました。vivace(ビバーチェ)の覚え方です。( ^-^)/


覚え方:ビーバー知恵出し、「活発に」ダム作り

ビーバーは、こんなダムを作ります。
ビーバーダム
写真は、こちらからお借りしました。

ビーバーは、活発に動き回り、かじり倒した木をこのように次々に運んできてダムを作ります。
こういうことができるのも、頑丈な歯があったればこそですね。

まさに、ビバ、ビーバー!(^O^)/
アーカイブ
さて、この覚え方は、私Super源さんがない「知恵」を出して作りました。(笑)
お役に立ったら、下の方にあるランキングバナーをポチッ!とお願いいたします。(^J^)

※反響があれば、他の音楽用語の覚え方も考えてみたいと思います。
その時までごきげんよう!(@^^)/~~~
ン?(?_?)チョット チガッタ カナ?(爆)

* 実際には、ビーバーのダム作りは知恵というより本能のようです。