ブログ内検索
ランキング
プロフィール
HN:
Super源さん
性別:
男性
自己紹介:

東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、音楽、パソコン。ネコが好き。
癒しと励まし、そして切なさをテーマとしたオリジナル曲を作っています。
広告
ページランキング
最新コメント
リンク
ブックマーク
カウンター


開設日: 2008/04/26 (土)

作詞・作曲、名曲のご紹介、その他音楽にまつわることを、ペンペンと書いていきたいと思います。


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
今日は、久保田 利伸の「LOVE RAIN~恋の雨~」のご紹介です。

久保田 利伸(くぼた としのぶ、1962年7月24日 -)は、静岡県庵原郡蒲原町(現・静岡市清水区)出身のシンガーソングライター、音楽プロデューサーです。
愛称は、「ファンキー久保田」「クボジャー」「キング・オブ・Jソウル」「久保やん」「クボトシ」等。自他共に認めるファンキーなキャラとして知られています。

久保田 利伸は、高校を卒業後、大学進学と同時に上京します。
在学中、羽田一郎とアマチュアバンド「HOTTENTOTS」(ホッテントット)を結成。
翌1982年には、ヤマハ主催のコンテスト「EAST WEST '82」に出演し、ベスト・ボーカリスト賞を受賞します。

1985年に大学を卒業後、音楽プロデューサーとしてキティミュージックとの作家契約で音楽業界に入り、1980年代には多くの歌手、アイドルに楽曲提供を始めます。
具体的には、田原俊彦、中山美穂、鈴木雅之、小泉今日子、荻野目洋子、GWINKO、芳本美代子、小山水城、とんねるず、バブルガムブラザーズなどで、1990年代に入ってからも、清水美恵、西田ひかる、森高千里、TOKIO、高橋真梨子などに楽曲を提供し、ここ数年にもCHEMISTRY、MISIA、ISSA、山田優などに提供しています。

さて今日は、そんな久保田利伸のの2010年6月16日に発売された通算35枚目のシングルである、「LOVE RAIN~恋の雨~」をどうぞ。


LOVE RAIN~恋の雨~/久保田利伸

この曲は、フジテレビ系月9ドラマ「月の恋人~Moon Lovers~」のために書き下ろされた楽曲で、当時オリコントップ3入りを果たしました。

歌詞について、久保田利伸は「ドラマの主人公と自分の心をダブらせて詞を書いてみました。」と語っており、メロディーに関しては「サウンド、メロディーも恋愛の胸キュン感満載のものがお届けできたと思っています。」とコメントしています。

ちなみに、久保田 利伸がファンキーなのはどうも家柄のようで、久保田 利伸がかつて「笑っていいとも!」に初登場した際に語ったところによれば、一家揃ってファンキーなキャラクターで、実家で青果店を営む店主である父親は客が来ると、フィンガーチップスを鳴らしながら「らっしゃい」と言っていたということです。

今日は、野口 五郎の「針葉樹」のご紹介です。

野口 五郎 (のぐち ごろう、本名:佐藤 靖 (さとう やすし 1956年2月23日-) は、岐阜県美濃市出身の歌手、俳優です。妻は三井ゆり。

野口 五郎は、1970年代に「新御三家(しん ごさんけ)」の一人として、日本を代表し、活躍したアイドルです。

野口 五郎は、1971年5月1日に、デビュー曲「博多みれん」で演歌歌手として「かわいらしい演歌ホープ」のキャッチフレーズと共に登場するもまったく売れず、2曲目の「青いリンゴ」でポップス歌手に転向したところ、若い女性ファンの人気を獲得します。

その後、「オレンジの雨(1973年)」、「君が美しすぎて(1973年)」、「甘い生活(1974年)」、「私鉄沿線(1975年)、「針葉樹 (1976年9月10日)」「女になって出直せよ(1979年7月10日)」とヒットを飛ばしていきます。

今日は、そんな野口五郎の、1976年9月10日に発売された、通算21枚目のシングルである「針葉樹」をどうぞ。


針葉樹/野口五郎

「針葉樹」は、第18回日本レコード大賞・歌唱賞、第7回日本歌謡大賞・放送音楽賞を受賞。
野口五郎は、この曲で第27回NHK紅白歌合戦(5度目)に出場。新御三家が3年連続でそろい踏みとなり、発売後2週間あまりでオリコンのBEST10に初登場します。

今日は、桜田淳子の「20才になれば(はたちになれば)」のご紹介です。

桜田淳子(さくらだじゅんこ、1958年(昭和33年)4月14日 -)は、秋田県秋田市出身の元女優、歌手です。愛称は、「ジュンペイ」。

桜田淳子は、1972年7月19日、中学2年生の時に、日本テレビの人気オーディション番組『スター誕生!』の秋田県民会館で行なわれたテレビ予選で、牧葉ユミの「見知らぬ世界」を歌い、番組史上最高得点となる573点で合格したのがデビューのきっかけです。

そして、その翌年の1973年2月25日には、ビクター音楽産業よりデビュー。デビュー曲「天使も夢みる」は12.1万枚を売上げ、オリコンチャートでも12位になるなど、幸先の良いスタートを切ります。

3枚目のシングル「わたしの青い鳥」のヒットで、第15回日本レコード大賞新人賞、第4回日本歌謡大賞放送音楽新人賞を受賞。さらにその年の大晦日には第15回日本レコード大賞の最優秀新人賞にも輝きます。

4枚目のシングル「花物語」では、初めてオリコンチャートのベストテン入りを果たし、続く「三色すみれ」「黄色いリボン」「花占い」も順調にベストテン入り。

8枚目のシングル「はじめての出来事」は、オリコンチャート第1位を獲得し、その後も、「十七の夏」「夏にご用心」「ねえ!気がついてよ」「気まぐれヴィーナス」「しあわせ芝居」「リップスティック」「サンタモニカの風」などのヒットを飛ばしていきます。

今日は、1978年9月5日に発売された、桜田淳子の通算24枚目のシングルである「20才になれば」をどうぞ。


20才になれば(はたちになれば)/桜田淳子

この曲は、中島みゆきの作詞、作曲によるもので、中島みゆきの詩「愛が好きです」(新潮文庫、1982年)と「中島みゆき全歌集(朝日新聞出版、1986年)では、タイトルが「20才になるまで」となっており、これがこの曲の元のタイトルです。

この曲の、中島みゆき本人によるセルフカバー版は発表されていません。

←←   前のページ    次のページ   →→
Copyright(C) 2008-2014 Super源さんの音楽ブログ All Rights Reserved.
*
blogdesigned by 福井めい