ブログ内検索
ランキング
プロフィール
HN:
Super源さん
性別:
男性
自己紹介:

東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、音楽、パソコン。ネコが好き。
癒しと励まし、そして切なさをテーマとしたオリジナル曲を作っています。
広告
ページランキング
最新コメント
[08/15 Super源さん]
[08/13 コットン]
[01/14 Super源さん]
[01/14 みかんぴあの]
リンク
ブックマーク
カウンター


開設日: 2008/04/26 (土)

作詞・作曲、名曲のご紹介、その他音楽にまつわることを、ペンペンと書いていきたいと思います。


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
今日は、やまがた すみこの「雨の日曜日」のご紹介です。

やまがた すみこ(旧本名 : 山県寿美子、1956年10月11日 -) は、東京都北区出身のフォーク、歌謡曲等のシンガーソングライター、スタジオミュージシャンです。
作詞作曲者としての名義は「山県すみ子」で、他に「モモ」名義の録音もあります。夫は井上鑑(いのうえ あきら)。

やまがた すみこは、小学校6年生の頃から作詞作曲を始め、上野学園高校1年生在学中(1972年)にTBS系の視聴者参加番組「家族そろって歌合戦」に出場し、中学生の時の自作曲「夏になったら」を歌って優勝します。
これをきっかけに、日本コロムビアからスカウトされ、翌年の1973年2月に「風に吹かれていこう」で歌手デビューをします。

ファーストアルバム「やまがたすみこフォークアルバム第一集 風、空、そして愛」(1973年3月)は本田路津子風のカレッジフォークのスタイルを取り、自作曲の他に森山良子などの曲をカバーしていましたが、その後は次第に「ニューミュージック」色が強まっていきます。

1973年12月に発売されたシングル「日立ミュージック・イン・ハイフォニックのテーマ/白い船白い鳥」(高田敏子詞、山本直純曲)では、誕生年が1960年生まれとあります。
ニッポン放送の番組のテーマ曲で、毎週やまがたすみこの歌声が流れていました。

1977年初内の「FLYING(フライング)」では、自作曲が減り、代わって松本隆、鈴木茂、細野晴臣、佐藤健、伊藤銀次らが曲づくりに参加しています。

1985年には、つくば科学万博「住友館」のテーマ曲「空に会おうよ」(作曲・編曲:坂本龍一、作詞:矢野顕子)を「モモ」と言う名前で歌っていました。

今日は、1976年07月25日に発売されたアルバム「サマー・シェイド」より、「雨の日曜日」をどうぞ。


雨の日曜日/やまがたすみこ

やまがた すみこは、テレビでは、TBS系TVドラマ「おさななじみ」のテーマ曲「あの日のことは」(1973年)、アニメーション「南の虹のルーシー」のテーマ曲「虹になりたい」「森へおいで」(1982年)で知られています。
ドラマ「おさななじみ」においては、ギターを持ったやまがたすみこが登場して、居間や窓辺で「夏になったら」「風に吹かれていこう」「あの日のことは」などの曲を歌う場面もあり、フォーク歌手というよりも、美少女アイドルといった時期もありました。

NHKの番組「あなたのメロディー」で誕生した「風を見たよ」「海のおくりもの」(沖縄海洋博テーマソング)を歌い、同局の「みんなのうた」にも登場。
長野県のローカルテレビ局テレビ信州のテーマソング(社歌)「みつめあえばそこに」などのほか、イソジン、ヒサミツをはじめとするCMソング等も多数あります。

今日は、斉藤由貴の「砂の城」のご紹介です。

斉藤由貴(さいとう ゆき、本名:小井由貴(いさらい ゆき)(旧姓:斉藤)、1966年9月10日 -)は、神奈川県横浜市南区出身の女優、歌手です。

斉藤由貴は、1984年に第3回ミスマガジン(講談社)グランプリを受賞し、1985年に「卒業」で歌手デビューをします。
女優としては、『スケバン刑事』(フジテレビ)で連続テレビドラマ初主演し、また、相米慎二監督『雪の断章 -情熱-』(東宝)で映画デビューをします。

1986年、4月からNHK連続テレビ小説「はね駒(はねこんま)」のヒロインに抜擢され、その平均視聴率が40%を超えます。このことにより、「斉藤由貴」の名は全国に知れ渡ります。
また、テレビアニメ「めぞん一刻」(フジテレビ)の主題歌に、「悲しみよこんにちは」が起用され、歌番組にも多く出演。同年12月には、「第37回NHK紅白歌合戦」(NHK)にこの曲で初出場します。

今日は、1987年4月に発売された通算9枚目のシングルで、富士フイルム「AXIA」のイメージソングとなった「砂の城」をどうぞ。


砂の城/斉藤由貴

この曲の歌詞はこちら

1989年5月に、主演テレビドラマ「湘南物語」の主題歌で、井上陽水のカバー曲である「夢の中へ」を発売。
この曲は、斉藤由貴自身最大のヒット曲となります。


斉藤由貴の近況
1990年代以降は、女優として映画・テレビ・舞台に出演するほか、詩作活動やナレーターなど幅広く活躍。
また、作詞家としてミュージカルの作詞や、同世代の女性歌手に作品を提供しています。

1994年12月に結婚。現在は3児の母です。

2008年3月8日に、「PARCO劇場」にて単独では結婚以来13年ぶりのコンサートを開催。
翌日、追加公演を行ないました。

2011年2月に、デビュー25周年を機に制作されたニューアルバム「何もかも変わるとしても」を発売(先行販売は2010年)。
これに合わせて、5日連続のコンサートを「PARCO劇場」で開催。

同年の2011年5月10日に、「福岡 Yahoo! JAPAN ドーム」で行なわれた、パ・リーグ公式戦福岡ソフトバンクホークス対オリックス・バファローズの試合前セレモニーで、国歌独唱を行ないました。

2015年2月21日に歌手デビュー30周年を迎えるにあたり、3月13~15日にこれを記念するコンサート「斉藤由貴 30th Anniversary Concert」が、東京・シアタークリエにて開催されました。

斉藤由貴30周年ライブ「卒業」から新曲まで-ニコニコニュース
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1297823

以前、さだまさしの「精霊流し(しょうろうながし)」をご紹介しましたが、今日は「償い(つぐない)」をご紹介したいと思います。

「償い(つぐない)」は、さだまさしのアルバム「夢の轍」に収録されている曲の1つで、さだまさしの知人の実話を元につくられた、作詩・作曲さだまさしによる楽曲です。
この曲は、実際の裁判で引用されて話題となりました。

今日は、1982年に発売されたその「償い(つぐない)」をどうぞ。


「償い(つぐない)」/さだまさし

この曲は、命の尊さ、犯した罪への償いを考えさせるため、運転免許更新の際の放映ビデオ内で使われているほか、交通キャンペーンにも使用されています。

裁判での引用の経緯
2001年4月29日、東京都世田谷区の東急田園都市線において、4人の少年が銀行員の男性に、「車内で足が当たった」と口論の末、三軒茶屋駅のホームで4人がかりで暴行を加え、のちにくも膜下出血で死亡させるという事件が起きました。

後日出頭した4人の内、主犯格となった2名が、傷害致死罪に問われて逮捕され、事件の重大さから地方裁判所の公開法廷で審理が行なわれることとなりました。

裁判の中で、2人は「申し訳なく思います」「自分という人間を根本から変えてゆきたい」と反省の言葉を述べる一方で、事件は酔った被害者がからんできたことによる過剰防衛であるとも主張し、本当にこの事件に向き合って反省しているのかどうか疑問を抱く態度を繰り返していました。

2002年2月19日、東京地裁において判決公判が行なわれ、少年2人に対して、懲役3 - 5年の不定期実刑が下されました。

山室惠裁判長は、判決理由を述べおえた後、被告人2人に対して、

「唐突だが、君たちはさだまさしの『償い』という唄を聴いたことがあるだろうか」

と切り出し、

「この歌のせめて歌詞だけでも読めば、なぜ君たちの反省の弁が人の心を打たないか分かるだろう」

と説諭を行ないました。

裁判官が具体的に唄の題名を述べて被告を諭すことは異例のことで、この「償い説諭」はマスコミに取り上げられて、話題となりました。


ちなみにさだまさしは、この件に関する新聞社の取材に対して、

「法律で心を裁くには限界がある。今回、実刑判決で決着がついたのではなく、心の部分の反省を促したのではないでしょうか」

と述べたうえで、

「この歌の若者は命がけで謝罪したんです。人の命を奪ったことに対する誠実な謝罪こそ大切。裁判長はそのことを2人に訴えたかったのでは」

とコメントました。

←←   前のページ    次のページ   →→
Copyright(C) 2008-2014 Super源さんの音楽ブログ All Rights Reserved.
*
blogdesigned by 福井めい