ブログ内検索
ランキング
プロフィール
HN:
Super源さん
性別:
男性
自己紹介:

東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、音楽、パソコン。ネコが好き。
癒しと励まし、そして切なさをテーマとしたオリジナル曲を作っています。
広告
ページランキング
最新コメント
[01/14 Super源さん]
[01/14 みかんぴあの]
[12/19 Super源さん]
[12/18 カル]
リンク
ブックマーク
カウンター


開設日: 2008/04/26 (土)

作詞・作曲、名曲のご紹介、その他音楽にまつわることを、ペンペンと書いていきたいと思います。


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
今日は、荻野目 洋子の「六本木純情派」のご紹介です。

荻野目 洋子(おぎのめ ようこ、本名:辻野 洋子(つじの ようこ、旧姓:荻野目 1968年12月10日 )は、千葉県柏市出身の歌手、女優です。

荻野目 洋子は、小学4年生の頃に、テレビ番組「ちびっこ歌まねベストテン」に出演し、チャンピオンになったことでスカウトされ、芸能界にデビューをします。
そして、小畑和美(ミミ)、荻野目洋子(ルミ)、大森絹子(クミ)による小学生女子3人グループ、「ミルク」として、1979年4月に「ザ・あれから いちねん」でレコードデビューをします。
が、「ミルク」はシングルを2枚出して自然解散となり、芸能界の仕事は、いったん終えることになります。

そして、高校生になったばかりの1984年4月3日に、「未来航海-Sailing-」でソロデビュー。
その後もシングル・アルバムを発売し、多くのテレビやイベントなどに出演します。

デビュー当初はヒット曲に恵まれませんでしたが、デビュー翌年の1985年11月に発売した7枚目のシングル「ダンシング・ヒーロー (Eat You Up)」がヒット。
女優としても、「早春物語」「赤ちゃんに乾杯!」などに出演し、さらに、アイドル・タレントとして、テレビのCMやバラエティー番組にも多く出演するようになります。

今日は、そんな荻野目 洋子の1986年10月29日に発売された通算10枚目のシングルである、「六本木純情派」をどうぞ。


六本木純情派/荻野目洋子

今日は、「ジョー・サンプル」の「ストリート・ライフ(Street Life)」のご紹介です。

ジョー・サンプル(Joe Sample、1939年2月1日-、本名:ジョゼフ・レスリー・サンプル、Joseph Leslie Sample)は、アメリカテキサス州・ヒューストン出身のジャズ・フュージョン界で活躍するピアニストです。
ジョー・サンプルのピアノは、透明感があり、時折ファンキーな音色を見せるのが特徴です。

ジョー・サンプルは、1952年、高校仲間のウィルトン・フェルダー、ウェイン・ヘンダーソン、スティックス・フーパーとバンドを結成し、1960年、「ジャズ・クルセイダーズ」の名前でデビューします。 そして、1972年、バンド名を「クルセイダーズ」と改名し、よりポップ路線をアプローチしたアルバム「ストリート・ライフ」を発売しますが、これが大ヒットします。

今日は、その「ストリート・ライフ(Street Life)」をどうぞ。


ストリート・ライフ(Street Life)/クルセイダーズ(The Crusaders)

この曲のボーカルをつとめている黒人女性歌手の名前は、ランディ・クロフォード(Randy Crawford)です。
ちなみに、ジョー・サンプルの初来日公演は1966年で、パーシー・フェイスオーケストラのピアニストとしてでした。
1980年代初頭に行なわれた来日公演では、前座でドラマーを務めた「ビジーフォー」のウガンダ・トラに「お前のビートは良い」と声を掛けて、スカウトした事もあります。

今日は、「斉藤由貴」の「卒業」のご紹介です。

斉藤由貴(さいとう ゆき、本名:小井由貴(いさらい ゆき)(旧姓:斉藤)、1966年9月10日 -)は、神奈川県横浜市南区出身の女優、歌手です。

斉藤由貴は、1984年に第3回ミスマガジン(講談社)グランプリを受賞し、1985年に「卒業」で歌手デビューをします。
女優としては、「スケバン刑事」(フジテレビ)で連続テレビドラマ初主演し、また相米慎二監督「雪の断章 -情熱-」(東宝)で映画デビューをします。

1986年、4月からNHK連続テレビ小説「はね駒(はねこんま)」のヒロインに抜擢されて、その平均視聴率が40%を超えます。このことにより、「斉藤由貴」の名は全国に知れ渡ります。
また、テレビアニメ「めぞん一刻」(フジテレビ)の主題歌に、「悲しみよこんにちは」が起用され、歌番組にも多く出演。同年12月には、毎年恒例の「第37回NHK紅白歌合戦」(NHK)に同曲で初出場します。

1990年代以降は、女優として、映画・テレビ・舞台に出演し、詩作活動やナレーターなど幅広く活躍しています。
また作詞家として、ミュージカルの作詞や、同世代の女性歌手にも作品提供を行なっています。

今日は、斉藤由貴のデビュー曲である「卒業」をどうぞ。



ちなみに、この「卒業」は、発売から30年近く経過した今もなお人気があり、卒業ソングの定番となっていることは周知の通りです。
また、この曲は後に松下萌子(まつした もえこ)らがカバーしています。

←←   前のページ    次のページ   →→
Copyright(C) 2008-2014 Super源さんの音楽ブログ All Rights Reserved.
*
blogdesigned by 福井めい