[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

2016年05月16日

「あの唄はもう唄わないのですか/風」 - 名曲のご紹介

今日は、風の「あの唄はもう唄わないのですか」のご紹介です。

風(かぜ)は、1975年に結成されたフォークデュオです。
メンバーは、以下の2人です。

・伊勢正三(いせ しょうぞう、1951年11月13日 - )大分県津久見市出身。
元・かぐや姫。活動休止後はソロで活動。
アルバム『三階建の詩』に収録された「なごり雪」がイルカによってカバーされ大ヒット。

・大久保一久(おおくぼ かずひさ、1950年7月22日 - )広島県呉市出身。
元・猫。活動休止後はソロで活動。

「風」は、1975年2月5日に、「22才の別れ」でデビューしました。
代表曲には、「22才の別れ」「海岸通」「あいつ」「あの唄はもう唄わないのですか」「北国列車」「古都」「ささやかなこの人生」「君と歩いた青春」「海風」「Bye Bye」(バイ バイ)などがあり、いずれも名曲です。

この、「風」というデュオ名は伊勢正三がつけたもので、そこには「空気のように留まらず、音楽的に常に進化していくことを目指す」といった意味が込められています。

今日は、そんな彼らの代表曲のひとつである「あの唄はもう唄わないのですか」をどうぞ。


あの唄はもう唄わないのですか/風

この曲の歌詞はこちら

この曲の作詞・作曲は、ともに伊勢正三です。
最近は、このような日本的で味わい深い曲がほとんどなくなってしまったように思います。
とても残念です。

「風」は、1979年に活動を休止しましたが、1990年8月の第10回サマーピクニックで共演をしています。

また、2007年5月6日に品川プリンス ステラボールで行なわれた伊勢正三のコンサートに大久保一久が飛び入りで参加、28年ぶりの復活を果たすということがあり、このことがきっかけとなって、同年2007年7月21日の「伊勢正三ライブinべるが2007」において、2人によるコンサートが開催されました。

2016年05月12日

「さよなら大好きな人/花*花」 - 名曲のご紹介

今日は、花*花(の「さよなら大好きな人」のご紹介です。

花*花(はなはな)は、1998年にデビューした兵庫県高砂市出身の女性デュオです。
小学生時代に、高砂市児童合唱団で同期だった、こじまいづみとおのまきこによって結成されました。

結成当時は、シャンプーをもじった「RINSE(リンス)」という名前でしたが、その後「花*花」という名前でインディーズ活動を経て、メジャーデビューをします。

「花」と「花」の間の「*」は、本来は花のマークで、インディーズの頃には、「花花」の表記が多く使われていました。

メジャーデビュー曲の「あ~よかった(Setagaya Mix)」は、よみうりテレビの「ダウンタウンDX」のテーマ曲に使われるなどして大ヒット。

TBS系の「第33回全日本有線放送大賞」では、新人賞を受賞したり、「第51回NHK紅白歌合戦」にも出場。
続く2001年には「さよなら大好きな人」もドラマ「オヤジぃ。」の主題歌に起用されるなど、将来を有望視されていました。

そして、同年に「今年ブレイクしそうなアーティスト」で1位を獲得しますが、2003年に活動休止を発表。

その後は、メジャーから退き、互いにソロ活動を中心に行なっていましたが、後に結成当初のユニット名「RINSE」で復活。
2009年からは、「花*花」として正式に活動を再開することとなります。

今日は、そんな彼女たちの2000年10月25日に発売された、通算2枚目のシングルである「さよなら大好きな人」をどうぞ。


さよなら大好きな人/花*花

この曲は、こじまいづみが16歳のときに亡くなった祖父に捧げて作った曲で、TBS「日曜劇場」の2000年10月期で放送された「オヤジぃ。」の主題歌に採用されました。
こじまいづみ自身最大のヒット曲で、花*花として、翌年の「ALL JAPANリクエストアワード2001」のゴールドリクエスト賞受賞の原動力となりました。

なお、NHKで放送される「皇后盃全国都道府県対抗女子駅伝競走大会」のテーマソングとして、2002年の第20回大会時にタイアップされた「涙のチカラ」は、活動休止期間中も含めて、2014年の32回大会まで継続使用されました。

2016年05月10日

オリジナル曲、「真夜中のプリズム」(歌:MEIKO)を公開しました。

皆さん、こんばんは。(^^)/
新曲ができたのでお知らせいたします。(^^)v
曲名は、「真夜中のプリズム」です。

今回は、OKMusicというSNSで詩を書かれているyouさんとのコラボ曲第3弾です。(*^^)
youさんの詩に、私Super源さんが曲をつけさせていただきました。
お聴きいただければと思います。(^^)

今回は、歌詞の主人公が大人の女性なので、久しぶりにMEIKO姉さんにメインボーカルをお願いしました。(^^)
といっても、ボーカルは1人しかいませんが…。

アノナア。 ☆(.。)☆\バキ

曲は、さきほど「Super源さんの癒しの音楽館」の方で公開いたしました。
曲のページへは、以下のリンクから直接行けます。

真夜中のプリズム-Super源さんの癒しの音楽館

お時間のある折にでも、お聴きいただければ幸いです。(*^^)

なお、感想などありましたら、掲示板の方にいただけるとうれしいです。

それでは、どうぞお聴きください!(^O^)/

2016年05月10日

「WAKU WAKUさせて(ワクワクさせて)/中山美穂」 - 名曲のご紹介

今日は、中山美穂の「WAKU WAKUさせて」のご紹介です。

中山美穂(なかやま みほ、本名:辻 美穂(旧姓:中山)、1970年3月1日 -)は、長野県生まれで東京都小金井市出身のアイドル、女優、歌手です。
夫はミュージシャン・小説家の辻仁成(つじ ひとなり)、妹は女優の中山忍。愛称は「ミポリン」です。

中山美穂は、1985年1月に、テレビドラマ「毎度おさわがせします」(TBS系)ののどか役でドラマデビューをします。
このドラマでは、彼女は脇役でしたが、ドラマの人気と共に注目が集まり、同年6月シングル「C」で歌手デビューをします。
また、同時期にバラエティー番組「パーティー野郎ぜ!」(テレビ朝日系)にアシスタントとしてレギュラー出演。
同年末には、第27回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞します。

さて、今日ご紹介する「WAKU WAKUさせて(ワクワクさせて)」は、1986年11月21日に発売された彼女の8枚目のシングルで、作詞作曲はそれぞれ松本隆と筒美京平です。

それでは早速、「WAKU WAKUさせて」をどうぞ。


WAKU WAKUさせて(ワクワクさせて)/中山美穂

この曲は、本人主演のフジテレビ系ドラマ「な・ま・い・き盛り」の主題歌として使われました。

また、この曲は1986年12月度月間1位を記録し、中山美穂自身にとって、週間・月間を通して初の首位獲得曲となりました。
くわえて、この年の「FNS歌謡祭」の優秀歌謡音楽賞を受賞しています。

なお、当時、中山美穂のコンサートのバックバンドを務めていたドリームズ・カム・トゥルー結成前の中村正人は、この曲から中山の歌番組出演の際にもバックバンドの一員として参加していました。

2016年05月08日

「坂道/柏原 芳恵」 - 名曲のご紹介

今日は、柏原 芳恵の「坂道」のご紹介です。

柏原 芳恵(かしわばら よしえ、本名:柏原 芳恵(かしはら よしえ) 1965年10月1日 -)は、大阪府大阪市出身の歌手です。

柏原 芳恵は、1979年の秋、日本テレビ系「スター誕生!」に出場し、清水由貴子の「お元気ですか」を歌って合格。その後、グランドチャンピオンとなります。

1980年6月1日に、シングル「No.1」で歌手デビュー。
そして、1981年10月15日発売の7枚目のシングル「ハロー・グッバイ」が大ヒット。

1982年10月1日には、シングル「花梨」を発売。
同時に、名前を“よしえ”から“芳恵”に改名します。

その後は、「春なのに」(1983年、TBS系「ザ・ベストテン」で最高2位まで上昇)、「最愛」など、中島みゆき作詞・作曲による作品を中心に、トップ10ヒットを1981年から1986年の間に18作品出して行きます。

1980年代後半は、歌手としての活動よりも女優活動が目立つようになり、2時間ドラマに多数主演の他、映画にも出演します。

今日は、そんな柏原 芳恵の1983年6月29日に発売された「夏模様」のB面に収録されていた「坂道」をどうぞ。


坂道/柏原 芳恵

ちなみに、この曲の作曲は、オフコースのメンバーだった松尾一彦です。
いつも思うのですが、この方は、ホント、いい曲をたくさん書いていますね。(^^)

柏原芳恵の近況

デビュー25周年を迎えた2005年に、アルバム「あなただけ‥‥」「25th Anniversary Complete Album Collection」「CD & DVD THE BEST」「柏原芳恵プレミアムBOX」、DVD「Yoshie Memorial」、そしてセルフポートによる写真集「Zutto×2」を発表。

2006年5月24日に、16年半ぶりとなるシングル「MaMa」を発表。

2007年1月11日に、初のカバーアルバム「encore」を、2008年1月9日にはシングル「くちづけに願いを」を、2010年5月26日には2枚目のカバーアルバム「encore 2」を発売。

2010年3月5日に、NHKの「金曜バラエティー」にゲスト出演。
「いつまでもアイドル気分で!」の題目で、かつて同様にアイドル歌手だった麻丘めぐみ、石川ひとみらとともに登場。
そして、アイドル時代のヒット曲「ハロー・グッバイ」と「恋人たちのキャフェテラス」を歌唱しました。