広告
ブログ内検索
ランキング
ページランキング
最新コメント
[07/29 Super源さん]
[07/28 t.o]
[07/07 Super源さん]
[07/06 しちてんはっき]
広告
プロフィール
HN:
Super源さん
性別:
男性
自己紹介:
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、音楽、パソコン。ネコが好き。
癒しと励まし、そして切なさをテーマとしたオリジナル曲を作っています。
リンク
ブックマーク

カウンター


開設日: 2008/04/26 (土)

作詞・作曲、名曲のご紹介、その他音楽にまつわることを、ペンペンと書いていきたいと思います。


 

ヒト型ロボット「NAO」と、腕時計型端末「デジタルサイネージ」

引用:
 日本航空(JAL)と野村総合研究所(NRI)は2016年2月8日、ロボットやスマートウオッチ(腕時計型端末)を活用した接客サービスの実証実験を、羽田空港で実施すると発表した。空港職員や自動チェックイン機、スマートフォン(スマホ)のアプリなどに加え、ロボットを活用して空港サービスを強化することを目指す。

 実証実験は2月9日~11日と16日~18日の計6日間実施する。国内線第1ターミナルの案内カウンターと保安検査場前に仏アルデバラン・ロボティクス製のヒト型ロボット「NAO」とデジタルサイネージ(電子看板)を設置。案内カウンターでは、ロボットが乗客と対話し、運航状況、空港内の施設案内、目的地の天候と口コミ情報などを提供する。

 検査場前では、ロボットと空港職員が装着しているスマートウォッチとの連携を試行。便ごとに設定された通過締め切り時間を検査場前で案内する際、空港職員がロボットに動作指示を送信したり、ロボットからの通知を空港職員が受け取ったりする。

 一連の案内は日本語のほか、英語と中国語でも提供。一般に国内線は国際線に比べ外国人の乗客への対応態勢が十分に整っていないため、ロボットによる補完が可能か否かを検証する。
引用終了:
[2016年2月9日10時3分 PC Onlineから]

(@_@)ウーン
ロボットの使い道の可能性を、さまざまな視点・観点から行ない、いろいろと研究・開発していくこと自体は、とても素晴らしいことだと思います。
日本は、ロボットに関する非常に高い技術をもっているわけですし…。

が…、私個人としては、接客は、やっぱり「人間」にして欲しいですね。
特に、接客してくれる方が、きれいなおねえさんならば、もう言うことなしです!(*^^*)

おっと!(゚o゚)「ロボッ!」と(ポロッと)本音が。(爆)

ポイントのひとつは、今回のこの実験を「画期的」と見るか、「世も末」と見るかでしょうね。

まぁ、平和利用の一環と考えれば画期的といえるかも知れませんが、もしも戦場にロボットを送り込んで、兵隊として戦争をさせるための実験のひとつとするならば…、これは、末恐ろしいことになりますね。

くわばら、くわばら。

と、今日は妄想(もうそう)100%のSuper源さんなのでした。

参考にしたサイト
ロボットが接客、英語でも応対 JALとNRIが羽田で実証実験 | PC Online
http://pc.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/020901660/?set=ln

私は、PCのブラウザにGoogle chromeを使っているのですが、昨夜突然、

Your profile can not be used because it is from a newer version of Iron.
Some features may be unavailable. Please specify a different profile directory or use a newer version of Iron.

というエラーが出ました。

特にバージョンを上げたわけでも、何かプラグインを追加したわけでもないのに、突然出てびっくり。ゲゲ(゚_゚;)ナニコレ。

それで、どうすればいいのか、インターネットで調べたところ、「プロファイル」を削除すればよいことが分かりました。

やり方は、

C:\Documents and Settings\{ユーザー名}\AppData\Local\Chromium\User Data\Default

のディレクトリに行き、以下の2つのファイルを削除します。

Web Data
Web Data-journal



そうしたら、Google Crhomeを再起動します。
これで、あなたのGoogle Chromeは、正常に立ち上がるようになるでしょう。


ちなみに、ChromiumやChromeを過去にインストールしたことがある方も、このエラーが出るようです。

インターネットのあちこちで、幾多の危険性が指摘されているにもかかわらず、PC用ブラウザーとしてIEを使用していらっしゃる方はまだまだ多いようですね。

もっとも、危険といえば、Windows自体(特にWindows 8以降)が危険なのですが…。(^^;

Windows10へアップデートせよとのうざいメッセージアイコンの消し方
http://musingbuff.blog.shinobi.jp/Entry/810/

Google Chromeを使っていて、なおかつこのエラーにぶち当たる方がどれくらいいらっしゃるのかは分かりませんが、ここにメモとしてその対処法を残しておきます。
お困りの方は、どうぞお試し下さい。


なお、「プロファイル」を消すということは、Google Chromeを他のマシンと共有している場合等に、データが消えることになると思います(私は共有機能は使用していないので、よく分かりません(^^;)。
なので、バックアップをとるなり、メモをとるなりしてから上記の対処法を行なうと良いかと思います。

参考にしたサイト
your profile cannot be used because it is from a newer version of Google Chrome - Google Chrome Help Forum
https://productforums.google.com/forum/#!topic/chrome/HPsqHboPlTM

さきほど、PCを起動したら、タスクバーに何やらみかけぬものが…。(?_?)ナニ コノ アイコン?

そこで、クリックして見てみると、Windows10への無償バージョンアップ予約のお誘い。おお!(゚o゚)コレガ アノ ウワサノ モノカ。(゚ー゚)(。_。)ウンウン

それはいのですが、問題は、このタスクバーに出現したお知らせアイコンが、いつまで経っても消えないことです。
お知らせを一通り読んでも、再ログインしても、PCを再起動しても、まったく消えない!
これはつまり、予約をしなければ消えないもの、と判断せざるを得ません。(@_@)ウーン

というより私は、当面Windows10に上げる意思がないんですけど。(;`O´)oナニコレーッ!

そこで、インターネットでいろいろ調べてみたところ、どうやら、最新のアップデータ・KB3035583がこのアイコンを表示させている模様。

よし!それじゃ、こいつを削除だ。(^Q^)/オー!

やり方は、ウインドウズアップデートを起動し、「プログラムのアンインストール」を選択、そして件の番号のアップデータ(修正パッチ)を削除。

ρ(。_。)ホカチカチ、カチカチ!

323

そうすると、PCを再起動するよう促されるので、素直に再起動。

で、起動させると…。

おお!\(^o^)/ 消えたーーーーっ!

が、これだけだと、また自動で、今削除したパッチがインストールされてしまうので、【><】ウインドウズアップデートに再度行き、KB3035583を「非表示」にしておくことを忘れずに。

KB3035583 非表示

というより、このし・つ・こ・い・メッセージを消去するのに、また私の貴重な時間がムダに。(ToT) エーン
もう、頼みますよ、マイクロソフトさん。1度読んだら消えるようにするか、もしくは非表示ボタンを作っておいてくださいな。

アタシ ネ、シツコイ ヒトハ キライ ナノ。(-_-#)ピクピク
オカマ カイ!(-_-メ)/~~~~~バシィ!!(T/O)

もちろん、Windows10へのアップデート予約をしたい方は、タスクバーに現われた新アイコンをクリックして、メッセージにしたがって予約を完了なさってくださいね。(^^)
おそらくそれで、このアイコンは消えるのではないかと推測します。

ン?(?_?)そんな方は、そもそもこの記事を読みに来られてないかも?…。(^o^;ハハハ (゚゜;)バキッ\(--;

ちなみに、Windows10では、Windows8で廃止されたスタートボタンが、(やっと!)復活するなど、不評だったWindows8の機能が大幅に改善されているようです。

また、特徴としては、スマートフォン等の携帯端末との連携が強化されており、スマートフォン用のアプリなどがWindows10で起動可能になるようです。

まぁ、逆にいえば、これらを重視しない方は、従来のWindowsでも大差がないといえるかと思います。

タダというのはありがたいですが、自動アップデートしたら画面が真っ青になったり(「KB2982791」(Windows8)、「KB2982791」「KB2970228」(Windowes7))、システムが正常に起動しなくなったり(KB2949927)と、最近のマイクロソフトは、いろいろとやらかしてくれているため、アップデートを検討されている方も、数ヶ月ほどは様子をみたほうが良いかもですね。【><】


さてと、うざいアイコンが消えたところで、私はこれからYouTubeへ行って、音楽三昧(おんがくざんまい)だい!(^-')


追記:2015.7.20
Microsoftが先日16日にリリースしたWindows 10(プレビュー版)の最新ビルドのソフトウェアライセンスには、更新プログラムが「自動的にダウンロードおよびインストールされます」とあり、従来のようにインストールするかどうかを自分で選べなくなるようです。

これにより、今までのように緊急性のあるセキュリティパッチを放置して、PCが危険にさらされるといった心配はなくなりそうですが、反面、アップデータが強制的にインストールされることで、周辺機器(のドライバ)が動作しなくなったり、最悪またPCが起動しなくなるといった不具合が起こる可能性もまれながら出てきます。

(@_@)ウーン これはまさに、諸刃の剣ですね。
この仕様変更で、マイクロソフト離れが加速しなければ良いのですが…。

ただ、Windows10の正式版リリースまでには、まだ約2週間あるので、その間にこの仕様は変更になる可能性もあります。


追記:2015.9.9
Windows10をインストールしようかどうかまだ迷われている方へ

7月29日に正式にリリースされたWindows10。このWindows10を、無料だしインストールしたいとは思っているが、新たに搭載された機能のほとんどは自分にとって必要がないものばかり、あるいは自分にとってのメリットがどうも良く分からない、などの理由で、現在使っているWindowsからアップグレードしようかどうかまだ迷われいる方は、その前にまず、以下をお読み下さい。
そして、その後判断されることをお勧めいたします。
以下は、「カレイドスコープ」からの抜粋です。

抜粋:
【注意】 Windows10 をインストールしないで下さい」という警告文。長崎市佐世保市のホームページ、大阪市立大学のホームページに掲載されています。主に公共機関や公的機関が、Windows10に対する警告文を出しているようです。

あなたのデータが覗き見され、盗まれる

せっかちな人は、マイクロソフトの宣伝文句、「無償アップグレード」に惹かれて、すでに自分のパソコンにインストールしてしまったかもしれません。

6月くらいから、良心的なアマチュアのネットユーザーが、「絶対にアップグレードするな!」と警告していたので、この警告は浸透しているのかと思いきや、ほとんどの人がWindows10をインストールしてしまったか、これからインストールしようと考えているようです。

去年の6月、Windows8をインストールしているパソコンを使用している人は、自動的にNSA(米・国家安全保障局)にあなたの通信やパソコンのハードディスクに格納されているデータを覗き見することを許可していることになります、と警告しました。

マイクロソフトが無償アップグードを推奨しているWindows10は、Windows8をさらに強力にしたスパイウェアです。

まず、「ドイツが警告、中国もWindows8の使用禁止令を出した理由」を読んで、Windows8とは何かを知ってから、この記事を読むと理解が進むと思います。

Windows8には、NSA(だけではないが)が、あなたのパソコンを覗き見するときに侵入できるバックドアという裏木戸のようなものがあるのです。そこから、こそこそとあなたの家(パソコン)に土足で上がり込んで、家の中を物色するのです。

マイクロソフトは、今度のWindows10で、それをはっきりと公言しています。
「あなたがWindows10をインストールすることに同意するということは、われわれマイクロソフトが、あなたのパソコンの中身を覗くことに許可を与えたものと考えます」と。

ですから、Windows8のように裏口から人目につかないように入るのではなく、Windows10では、表玄関から堂々とあなたのパソコンに入りますよ、と宣言しているのです。
抜粋終了:


しかし、これはやっかいなことになりましたね。(@_@)ウーン
Windows7からWindows10への移行を検討している方の中で、サポート期間の問題が理由の方は、今のうちにWindows8.1のOSを購入しておくという手があります。
現在のOSがWindows7の場合、ドライバなどはWindows10用のものまで提供されない場合も多く、実際に不具合の発生も多くなることが予想されます。

が、通常インストールされている次のOSまでは、ドライバやソフトウエアのアップデートが提供されるので、Windows7からWindows8/8.1への移行であれば、問題の発生が少ないと思われるからです。

ちなみに、OSのサポート期間は、以下のようになっています。

・Windows7のメインストリームとしてのサポートは既に終了しています。
ただし、延長サポート(主にセキュリティーのアップデートのみになります)は、2020年1月14日までとなります。
・Windows8.1は、メインストリームサポートが2018年1月9日に、延長サポートが2023年1月10日に終了する予定です。


追記:2016.2.2

本日から、Windows10の自動アップデートが開始されるようになりました!
Windows7以降のPCは、半強制的にアップデートされてしまいますので、Windows10にアップデートしたくない方は、設定に注意しましょう!

具体的には、Windows による更新プログラムのインストールまたは通知方法を変更し、「自動更新」を解除します。

☆Windows による更新プログラムのインストールまたは通知方法を変更する
URL http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/change-windows-update-installation-notification#1TC=windows-7
引用:
更新プログラムを自動的にインストールしない場合は、そのコンピューターに該当する更新プログラムが提供されたときインストールするのではなく通知するように設定します。その場合、更新プログラムのダウンロードとインストールを手動で実行するか、または、ダウンロードを Windows で自動実行し、それから手動によるインストールを促す通知を表示するように設定できます。更新プログラムのインストールまたは通知に関する Windows の設定を変更する方法は、次のとおりです。

[Windows Update] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 をクリックします。検索ボックスに「更新プログラム」と入力し、結果の一覧の [Windows Update] をクリックします。

左側のウィンドウで、[設定の変更] をクリックします。

[重要な更新プログラム] で、次のいずれかをクリックします。
:引用終了

※Windows10にアップデートしたくない方は、万一に備えて、併せてシステムのバックアップを取っておくことをお勧めいたします!


追記:2016.2.4

削除したはずの「KB3035583」が、またいつの間にかインストールされている場合があります。
Windows10インストールのうざいメッセージが再び現われた場合には、再度このアップデータを削除しましょう。

Wiindopws10更新へのアップデータが、「重要」ではなく、「オプション」のところに現われたという報告もあります。
「重要」の箇所にないからといって安心せず、「オプション」のところも確認するようにしましょう。


https://twitter.com/torokan/status/694447866241134592/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw


参考にしたサイト
| Geekit --ITニュース速報 ギークイット--
http://geekit.jp/blog-entry-187.html
Windows 10、Windows Updateが自動更新のみに(再起動日の指定は可能)| ITmediaニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1507/19/news015.html
最強のスパイウェア「Windows 10」をインストールするな! | カレイドスコープ
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-3768.html
本日からWindows10の自動アップデート開始へ!Windows7以降のPCは半強制的にアプデ!設定に注意|真実を探すブログ
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-9880.html

  音楽ブログ  次のページ   →→
Copyright(C) 2008-2014 Super源さんの音楽ブログ All Rights Reserved.
*
blogdesigned by 福井めい