[5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]

2016年11月02日

カラオケボックスで、選曲したら信じられないことが…、こんなことがあるのか?





こんなことがあるようですね。【><】
著作権に問題があるのであれば、本来なら、曲のメニューからこの曲のタイトルが削除されていてしかるべきだと思うのですが、そのようにはなっていませんね。
選曲は可能で、選曲したらこのメッセージが出てきたら、選曲した方は呆然(ぼうぜん)となってしまいますよね。
ええっ?(O_o)ナニコレ!!!

また、このメッセージの内容からすると、この曲が再び歌えるようになる可能性は、極めて低そうです。
選曲しないと分からないというのは困りものですね。

敢えて(?)このようになっているのは、何かシステム上の都合なのでしょうか。
ほんのたまにしか出ないメッセージが、たまたま出ただけなのでしょうけれども、今回はたまの曲だけに、ホント「たま」げてしまいますね。
ゲゲッ!w(゚゜)w ブッたま ゲター!

人気曲ですし、残念なことだと思います。

おっ!(゚o゚)モウ コンナ 時間 ダ!
ッテ、イッタイ ドンナ 時間 ナンダイ!(-_-メ)/~~~~~バシィ!!(T/O)

それでは、さよなら人類、じゃなかった、さよなら皆さん。
また、すぐにお会いしましょう。(^O^)/ See you soooon!

2016年10月28日

「C/中山美穂」 - 名曲のご紹介

今日は、中山美穂の「C」のご紹介です。

C 中山美穂 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

中山美穂(なかやま みほ、本名:辻 美穂(旧姓:中山)、1970年3月1日 -)は、長野県生まれで東京都小金井市出身のアイドル、女優、歌手です。
愛称は「ミポリン」。夫は、ミュージシャン・小説家の辻仁成(つじ ひとなり/つじ じんせい)。妹は、女優の中山忍。

中山美穂は、1985年1月に、テレビドラマ「毎度おさわがせします」(TBS系)ののどか役でドラマデビューをします。
このドラマでは彼女は脇役でしたが、ドラマの人気と共に注目が集まり、同年の6月にはシングル「C」で歌手デビュー。

また、同時期にバラエティー番組「パーティー野郎ぜ!」(テレビ朝日系)にアシスタントとしてレギュラー出演。
同年末には、第27回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞します。

今日はそんな中山美穂の、1985年6月21日に発売されたデビュー曲である「C」をどうぞ。


C/中山美穂

中山美穂は、ちょっぴり気が強そうな顔と、それに相反する舌たらずで可愛い声が魅力の歌手ですね。(^^)
女優としては、演技力もあると思います。

この曲は、本人主演のTBS系ドラマ「夏・体験物語」の主題歌で、2ヶ月後には、同タイトルのファーストアルバムも発売されました。

このシングルのジャケットは、ドラマ「毎度おさわがせします」で当時ついていた不良のイメージを払拭(ふっしょく)するために、水色と白の服にピンクのバックで爽やかさと可愛らしさが醸(かも)し出されています。

また、中山美穂はこの曲で、「第27回日本レコード大賞最優秀新人賞」と「第23回ゴールデン・アロー賞最優秀新人賞」を受賞しました。

2016年10月22日

「若葉のささやき/天地真理」 - 名曲のご紹介

今日は、天地 真理の「若葉のささやき」のご紹介です。

若葉のささやき 天地真理 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

天地 真理(あまち まり、1951年11月5日 -)は、埼玉県大宮市(現さいたま市)出身の女性歌手です。

天地 真理は、小学5年生の頃、母親に買ってもらった88鍵のアップライト・ピアノに親しみ、演奏の腕を上げていきます。
そして、1964年、国立音楽大学附属中学校に入学。
1967年、国立音楽大学附属高等学校に進学。当初はピアノ科に入るも、のち声楽科へ転科します。

1970年3月、国立音楽大学附属高等学校声楽科を卒業し、同年7月、TBS系視聴者参加番組「ヤング720」に出演。またこの年の12月、渡辺プロダクションへの所属が内定します。

1970年代前半、天真爛漫な笑顔で、国民的アイドルとなり、後に続くアイドル歌手の基本スタイルを確立します。
デビュー曲は、1971年に発売された「水色の恋」。
その後、「ちいさな恋」「ひとりじゃないの」「虹をわたって」「ふたりの日曜日」「若葉のささやき」「恋する夏の日」「空いっぱいの幸せ」「恋人たちの港」「恋と海とTシャツと」「想い出のセレナーデ」と、次々に大ヒット曲を放っていきます。

キャッチフレーズは「(あなたの心の隣にいるソニーの)白雪姫」。なお、デビュー当初には「可愛いアヒルちゃん」という愛称も用いられました。

さて、今日はそんな天地真理の、1973年3月21日に発売された通算6枚目のシングルである「若葉のささやき」をどうぞ。


若葉のささやき/天地真理

天地真理の近況

2016年10月1日のデビュー45周年に向けて、「天地真理クラシック音楽祭」、「天地真理スクリーンコンサート」「天地真理主演映画の上映会」などが、天地真理ファンクラブ事務局主催で頻繁に行なわれています。

また、ファンクラブ会員限定イベントとして、「真理ちゃんと京都でお茶会」が毎年春に開催されており、秋のデビュー記念日頃には「天地真理クラシック音楽祭」を開催し、天地真理のオリジナル作品をポップスの演奏家や、クラシックの編成等、様々な演奏形態で披露されています。

今年秋の歌手生活45周年では、天地真理を讃える「(仮称)天地真理デビュー45周年祝賀会」をファンクラブ会員限定で開催予定で、45周年記念作品「秋にあなたと」も完成し、「国民的歌手・天地真理」の再評価に向けたプロデュースが、より強く発信され、かつてのファンが徐々に戻りつつあり、応援の輪が広がって来ています。

また、2015年2月からは、facebookにて、天地真理からメッセージが一方的ながら発信されています。

2016年10月16日

「シルエット・ロマンス/大橋純子」 - 名曲のご紹介

今日は、大橋 純子の「シルエット・ロマンス」のご紹介です。

シルエット・ロマンス 大橋純子 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

大橋 純子(おおはし じゅんこ、1950年4月26日 -)は、北海道夕張市出身の歌手です。

大橋 純子は、1974年に上京し、ヤマハ音楽振興会でアルバイトをしながら、その仲間とバンドで活動を開始します。
が、その日本人離れした歌唱力と音楽性が関係者の耳に止まり、レコード会社のオーディションを受けて合格。
そして、アルバム「フィーリングナウ」でソロデビューをします。

1976年に、2作目のアルバム「ペイパームーン」のタイトル曲が、最初のヒットとなります。

1977年に、「大橋純子&美乃家セントラル・ステイション」(ギタリストは後の一風堂の土屋昌巳)名義でバンド活動。
「シンプル・ラブ」がヒットします。

1978年に、「たそがれマイ・ラブ」がTBS系ドラマ主題歌「獅子のごとく」に採用されてヒット。
この曲は、大橋純子自身最大のヒットとなり、同年末に行なわれた「第20回日本レコード大賞」金賞(大賞ノミネート)を獲得。
その後、「サファリナイト」もヒットします。

そして、1979年には、大晦日に行なわれた「第30回NHK紅白歌合戦」へ「ビューティフル・ミー」で初出場を果たします。

1981年11月には、「シルエット・ロマンス」を発売。
この曲は、同年の「第24回日本レコード大賞」で、最優秀歌唱賞を受賞します。

今日はその、1981年11月5日に発売された大橋 純子の通算18枚目のシングルである「シルエット・ロマンス」をどうぞ。


「シルエット・ロマンス」(Silhouette Romance)というのは、恋愛小説の新書のレーベルで、この曲はそのイメージソングとして制作された楽曲です。

この曲は、発売当初の売れ行きは低調でしたが、翌年に入ってからじわじわと売れ始め、5月24日付のオリコンで最高位の7位を記録し、その後もロングヒットを続けました。
累計売上は48万枚で、またTBS系の音楽番組「ザ・ベストテン」でも、1978年の「たそがれマイ・ラブ」以来4年ぶりにランクインを果たしました

なお、「和歌山毒物カレー事件」で逮捕された林眞須美(はやし ますみ)は、2006年に著書「死刑判決は『シルエット・ロマンス』を聴きながら 林眞須美 家族との書簡集」を出版。

この書籍のタイトルは、林眞須美の4人の子供が、ラジオ番組に「ママの大好きな曲」として「シルエット・ロマンス」をリクエストし、拘置所でその放送を聴いた林が声を出して泣いたエピソードが由来となっています。

また、「シルエット・ロマンス」の作曲者である来生たかおは、2009年に行なわれた自身のコンサートで、この本のことを話題に取り上げた後、この曲を披露しました。

2016年10月10日

「ルビーの指環/寺尾 聰」 - 名曲のご紹介

今日は、寺尾 聰の「ルビーの指環」のご紹介です。

ルビーの指環 寺尾 聰 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

寺尾 聰(てらお あきら、1947年5月18日 - )は、神奈川県横浜市保土ケ谷区出身のベーシスト・シンガーソングライター・俳優です。
所属事務所は、ホリプロダクション→石原プロモーション→寺尾音楽事務所(自らの個人事務所)。
父は俳優の宇野重吉。女優の范文雀は元妻。

寺尾 聰は、少年期に洋楽に憧れ、エレキギターを入手して独学で練習します。
その当時影響を受けたミュージシャンの1人に、リッキー・ネルソンがいます。

そして1964年に、奥島吉雄らとカレッジ・フォーク・グループ「ザ・サベージ」を結成。
ベースギターを担当します。

1966年には、「いつまでもいつまでも」でレコードデビュー。
この曲は大ヒットしますが、すぐにグループを脱退してしまいます。

1968年に、三保敬太郎を中心としてザ・ホワイト・キックスというグループ・サウンズに参加。
このグループは、シングルを1枚出して解散します。
そして同年に、石原裕次郎製作・主演の映画である「黒部の太陽」で俳優デビュー。

1981年には、ヨコハマタイヤのCM曲だった「SHADOW CITY」に続き「ルビーの指環」が大ヒット。
この曲は、は第23回日本レコード大賞・FNS歌謡祭'81グランプリを受賞。
さらに、TBS「ザ・ベストテン」では、「ルビーの指環」「シャドー・シティ」「出航 SASURAI」が3曲同時にベストテンにランクインし、「ルビーの指環」12週連続1位の栄誉を讃えた真紅の記念シートも設置されました。

これを含めて、全曲を自らが作曲したアルバム「Reflections」は、当時のアルバムセールスを更新。
空前の大ヒットとなりました。

今日はその、1981年2月5日に発売された、寺尾 聰の通算6枚目のシングルである「ルビーの指環」をどうぞ。


ルビーの指環/寺尾 聰

この大ヒットした「ルビーの指環」は、石原プロの関係者に聴かせたところ、「こんなお経みたいな曲が売れるわけがない」と専務の小林正彦が難色を示しましたが、社長の石原裕次郎の「いいじゃないの」の一言でレコード化が決定しました。

また、この曲がヒットし、「ザ・ベストテン」などで連続1位を取っていた頃、寺尾聰が父である宇野重吉に、家に帰った際にその事を報告したところ、宇野重吉は新聞に見入ったまま、「ふーん…」と素っ気ない返事をしました。
しかしながら、宇野重吉はいつも、「今日は何位だった?」と息子のことを陰ながら気にしていたといいます。