[2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]

2018年04月18日

「ビューティフル・ヨコハマ/平山三紀」 - 名曲のご紹介

今日は、平山 みきの「ビューティフル・ヨコハマ」のご紹介です。

ビューティフル・ヨコハマ 平山三紀 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

平山 みき(ひらやま みき、旧芸名:平山 三紀、1949年8月22日 -)は、東京都大田区出身の歌手です。
実姉は、ミス・エールフランスコンテストに合格後松竹の女優となり、後に歌手として活躍した平山洋子(芸名は園江梨子→園えり子→平山洋子と改名)。

平山 みきは、1970年(昭和46年)に、「ビューティフル・ヨコハマ」でデビューをします。
その鼻にかかった強烈なハスキーボイスが、当時は話題を呼びます。

翌年の1971年に、当初はB面になる予定だった「真夏の出来事」を発売。
この曲は、オリコン最高位5位の大ヒットとなります。

続いて発売された「ノアの箱舟」も、10万枚を売り上げるヒットとなり、この曲で平山 みきはスター歌手への仲間入りを果たします。

今日は、そんな平山 みきの、1970年11月10日に発売されたデビュー曲である、「ビューティフル・ヨコハマ」」をどうぞ。


ビューティフル・ヨコハマ/平山三紀

この曲の歌詞はこちら

平山 みきの初期の楽曲は、ほとんどが作詞家・橋本淳と作曲家・筒美京平のコンビによる作品で、当時は「筒美京平の秘蔵っ子」的な存在と言われました。

平山 みきは、その後もアルバムでは1981年(昭和56年)に近田春夫のプロデュースで「鬼ヶ島」、1987年(昭和62年)には「キャバレー・ガール」、そして、1993年(平成5年)にはサンディー&サンセッツとのコラボによる「平山みきのエキゾチカ大魔境」と意欲的な作品を発表し続けます。

また、シングルも1987年に出した「冗談じゃない朝」で再びクローズ・アップされ、2001年(平成12年)には新曲「パーフェクト・サマータイム」を発売するなど、スローペースながらも現在も音楽活動を続けています。

2018年04月16日

「乙女のワルツ/伊藤 咲子」 - 名曲のご紹介

今日は、伊藤 咲子の「乙女のワルツ」のご紹介です。

乙女のワルツ 伊藤 咲子 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

伊藤 咲子(いとう さきこ、本名:千葉咲子、1958年4月2日 -)は、東京都出身の女性歌手です。

伊藤 咲子は、1973年 15歳の時にオーディション番組「スター誕生!」で優勝し、これをきっかけに芸能界へ入ります。
そして、翌年の1974年に、 「ひまわり娘」で、アイドル歌手としてデビュー。

同年末には、「木枯しの二人」を発売。
この曲は、翌年の1975年、オリコン年間ヒットチャートで36位にランクイン。
自身最大のヒット曲となります。

また、翌年の1976年には、 「きみ可愛いね」で「第27回NHK紅白歌合戦初」出場を果たします。

今日は、そんな伊藤 咲子の、1975年7月05日に発売された、通算5枚目のシングルである「乙女のワルツ」をどうぞ。


乙女のワルツ/伊藤 咲子

この曲の歌詞はこちら

今改めて歌詞を読んでみると、明るい曲調に反して、悲しい詞なので驚きました。おお!(゚o゚)
悲しいというより、切ない、ですかね。
これは意外でしたが、そう言えば、「サボテンの花」もそうですね。

伊藤咲子は、祖父母が山形県出身で、両親は山形疎開時に結婚したため、山形に深い思い入れがあります。
そのため、出生も育った地も東京ですが、山形は自分の故郷だと語っています。
伊藤咲子の出生前は、両親は山形に住んでいましたが、出生時は東京に転居していました。

なお、母方の親戚に、声楽家の砂原美智子がいます。

2018年04月10日

オリジナル曲、「哀愁のレディー」(インスト)を公開しました!

皆さん、こんばんは。(^^)/

本日、新曲をホームページの方で公開したのでお知らせいたします。
曲名は、「哀愁のレディー」です。(^o^)/ ジャーン!

インスト曲としては、約1ヶ月ぶりのアップとなります。

え?!(゚o゚)今回は、ペースが早いね、ですか?
はい。(^^) 頑張って作りました。(^^)v

曲は、どこか淋しげな女性のイメージを膨らませて作りました。
イメージとしては、、、ちょうどこんな感じです。

哀愁のレディー インスト Super源さん イメージ

何もいわなくても、この背中の曲線が、すべてを物語っているのではないかと思います。(T^T)
どうぞ、お聴きになってみてくださいね。o(^-^)o

曲は、「Super源さんの癒しの音楽館」の方で公開中です。

曲のページへは、以下のリンクから直接行けます。

哀愁のレディー - Super源さんの癒しの音楽館

お時間のある折にでも、お聴きいただければ幸いです。

また、感想などありましたら、掲示板の方にいただけるとうれしいです。(^^)

掲示板 - Super源さんの癒しの音楽館

以上、取り急ぎ、新曲公開のお知らせでした!( ^-^)/

2018年03月25日

「森を駈ける恋人たち/麻丘めぐみ」 - 名曲のご紹介

今日は、麻丘 めぐみの「森を駈ける恋人たち」のご紹介です。

森を駈ける恋人たち 麻丘めぐみ ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

麻丘 めぐみ(あさおか めぐみ、本名:藤井 佳代子(ふじい かよこ)、1955年10月11日 -)は、大分県生まれ、大阪育ちの女優、歌手、演出家です。


写真は、こちらからお借りしました。

麻丘めぐみは、1970年代を代表するアイドルの一人で、当時、そのチャーミングな容貌と、「牛若丸カット」と呼ばれた独特のカットの黒髪と、そして優しい歌声で一時代を築きます。
南沙織や天地真理・小柳ルミ子ら新三人娘とともに、「元祖女性アイドル」 と語られる機会もあります。

麻丘 めぐみのデビュー曲は、1972年に発売された「芽ばえ」です。
この曲は、40万枚を超えるヒットとなり、第14回日本レコード大賞で最優秀新人賞を受賞します。

翌年の1973年には、「わたしの彼は左きき」が大ヒット。
この曲は、第15回日本レコード大賞で大衆賞を受賞し、同年の「第24回NHK紅白歌合戦」にもこの曲で出場することとなり、麻丘めぐみの代表曲となります。

今日はそんな麻丘めぐみの、1973年4月30日に発売された通算4枚目のシングルである「森を駈ける恋人たち」をどうぞ。( ^-^)/


森を駈ける恋人たち/女の子なんだもん 投稿者 jrapaka2

この曲の歌詞はこちら

ちなみに麻丘めぐみは、南沙織と浅田美代子とはアイドル時代からの親友です。
デビュー曲のヒットで一躍トップアイドルとして祭り上げられたことへの戸惑いや、1970年代当時の歌謡界の空気に馴染めないストレス等といった悩みを共に抱えており、それゆえに互いに励まし合いながらも本音で語り合える貴重な存在だったと、再三インタビューで語っています。

また、この曲はのちに、以下の歌手によってカバーされています。

・森昌子(1973年)- スタジオ・アルバム「白樺日記~マコ初恋へのあこがれ」(1973年10月1日、徳間ジャパン)収録
・桜田淳子(1974年)- スタジオ・アルバム「三色すみれ(さんしきすみれ)」(1974年3月25日、ビクター音楽産業)収録

なお、女優の藤井佳代子は、同姓同名の別人です。

2018年03月19日

オリジナル曲、「青春のページ」(インスト)と「ずっと君といたい」(初音ミク)を公開しました!

皆さん、こんにちは。(^^)/

前回、新曲を公開してから約1年と、かなーり間があいてしまいましたが、(><) 本日、新曲をホームページの方で公開したのでお知らせいたします。
今回は2曲で、曲名はそれぞれ「青春のページ」と「ずっと君といたい」です。(^o^)/ ジャジャーン!

インスト曲としては、約1年ぶり、ボカロ曲としては、約1年半ぶりのアップとなります。(^o^;

インストの方は、過ぎ去りし青春時代を回顧する、といったイメージでの曲で、ボカロ曲の方は、OKMusicで知り合った音楽仲間・youさんとのコラボ曲です。
こちらは、主人公の切なく幸せな気持ちと、その明るい未来を象徴する曲調を目指して、私Super源さんが作曲と編曲を担当いたしました。
どうぞ、お聴きになってみてくださいね。o(^-^)o

曲は、「Super源さんの癒しの音楽館」の方で公開中です。

曲へのページへは、以下のリンクから直接行けます。

青春のページ - Super源さんの癒しの音楽館

ずっと君といたい - Super源さんの癒しの音楽館

お時間のある折にでも、お聴きいただければと思います。

また、感想などありましたら、掲示板の方にいただけるとうれしいです。(^^)

掲示板 - Super源さんの癒しの音楽館

以上、取り急ぎ、新曲公開のお知らせでした!( ^-^)/