名曲紹介、作詞・作曲、音楽用語の楽しい覚え方、その他音楽にまつわることを書いていくブログです。可愛い音楽ブログパーツも配布しています。

「テイク・ア・チャンス・オン・ミー(Take a Chance On Me)/アバ(ABBA)」 - 名曲のご紹介

今日は、ABBAの「テイク・ア・チャンス・オン・ミー(Take a Chance On Me)」のご紹介です。

アイム・ア・マリオネット アバ ジャケットイメージ

ABBA(アバ)は、世界的に有名なスウェーデン出身のミュージシャン、男女4人グループです。
ABBAは、1970年代の半ばから1980年代の初頭にかけて活躍し、「ポップ・ミュージックの完成者」と呼ばれています。

メンバーは、アグネッタ・フォルツコグ(Agnetha Faltskog)、ビョルン・ウルヴァース(Bjorn Ulvaeus)、ベニー・アンダーソン(Benny Andersson)、アンニ=フリッド・リングスタッド(Anni-Frid Lyngstad)の4人です。

90年代にはマドンナ、最近ではレディー・ガガなど、数多くのミュージシャンが、ABBAの影響を受けたと語っています。
特に、ヨーロッパやオーストラリアでの人気は凄まじいものがあり、CDの総売り上げは3億7,000万枚を超え、世界で最も売れたアーティストにも名を連ねています。

ABBAは、ユーロビジョン・ソング・コンテスト1974優勝をきっかけに、「恋のウォータールー(Waterloo)」の大ヒットでヨーロッパ中に名前が知られることになります。
そして、1976年に「ダンシング・クイーン」が全世界的にヒット。その後は「ザッツ・ミー」や「テイク・ア・チャンス・オン・ミー」「アイム・ア・マリオネット」「きらめきの序曲」「チキチータ」「ザ・ウィナー」など、世界的なヒット曲を連発していきます。

今日はそれら多くのヒット曲の中から「テイク・ア・チャンス・オン・ミー」をどうぞ。


テイク・ア・チャンス・オン・ミー(Take a Chance On Me)/アバ(ABBA)

この曲の歌詞はこちら

ABBAとサンプリング

他の楽曲の(ごく)一部を切り取り、コピペして、自分の制作曲に使うことを「サンプリング」と呼びます。
音楽のレコーディングの世界でも、今やデジタル化が進み、PCを使った楽曲制作がもはや当たり前となった昨今、このサンプリングの在り方が問題となっています。

少し前までは、サンプリングといえば「HIPHOP(ヒップホップ)」という感じで、巷でヒットしているHIPHOPを聴くと、高確率でサンプリング音源が使われていることが確認できました。
が今や、サンプリングはテクノやハウスやPOPSなど、さまさまなジャンルの音楽で行なわれています。

サンプリングには、著作権フリーのものもあり、これらを使うぶんにはもちろん何の問題もないのですが、他人の、著作権のある楽曲から無断で拝借する(パクる)となると、これは大きな問題となります。

ABBAは、このサンプリングというものに寛容でないバンドのひとつで、他のミュージシャンに自分たちの作った曲のサンプリングの使用を許諾することはめったにありません。

ローリン・ヒルの在籍していたヒップホップ・グループのフージーズの楽曲、『Rumble In The Jungle』(1996年発表の『きらめきの序曲』をサンプリング)と、マドンナの楽曲『ハング・アップ』(2005年発表の『ギミー!ギミー!ギミー!』をサンプリング)は、数少ないABBAの許諾例です。


Rumble in the Jungle/The Fugees


Hung Up/Madonna

イギリスのエレクトロニック・ミュージックユニットであるThe KLF (ザ・ケイエルエフ)が、1987年に彼らのアルバム『1987 (What the Fuck Is Going On?)』に収録の楽曲『The Queen And I』にて『ダンシング・クイーン』を無許可でサンプリングした際には、ABAは著作権団体を経由して強く抗議を申し立て、このアルバムは回収措置が取られました。

まあ確かに、自分が苦労して作った作品の一部を、それがたとえ1秒であろうと、他人の楽曲に使われるというのは、あまり感じのいいものではありませんね。
仮にそれが有名アーチストであったとしても…。(@_@)ウーン


「ねえ、『サンプリング』って、2つのものを1つに組み合わせることニャよね」
「それは、『カップリング』。ムニャムニャ」

写真はこちらからお借りしました。

音楽用語「lento(レント)」の覚え方

前回、音楽用語の覚え方を公開してから久しいですが、ありがたいことに、最近また「音楽用語 覚え方」等で検索してこのブログに来られる方が増えています。
ということで、今日は音楽用語「lento(レント)」の覚え方を考えてみました。(^^)

音楽用語:lento(レント)
意味:遅く

覚え方:霊園遠く、「遅く」なる

音楽用語 lento レント 覚え方 イラスト

今回は、私Super源さんの創造したキャラクターの1人・柳ゆうれいさんにご登場いただき、彼の独白(どくはく)形式で書いてみたいと思います。
なので、そのつもりでお読みいただければと思います。
それでは、スタート!( ^-^)/


しかし、富士霊園(ふじれいえん)って遠いなあ!
今日は、朝6時に起きて歯をみがき、シリアルを食べてから大空に飛び出した。
1度雲の上に出て富士山を探し、そちらへ体の向きを変えると、5秒ほど目を閉じ、自動追跡(じどうついせき)ミサイルよろしく心と体をロックオン。
これでもう、道に迷うことはない。

そうしたら、再び高度を落とし、地上からの高さを100mくらいにキープ。この高度での幽体飛行(ゆうたいひこう)が、オレには1番心地いい。
これより高くなると、太陽光線がまぶしくなり、低く飛ぶと、人間たちのつくった建物にぶつかる可能性があるからだ。

もっとも、幽霊であるオレは、実際にはこの世界(三次元空間)にあるものには一切ぶつかることはないのだが…。

「ぐうっ!」と腹時計が鳴ったので、腕時計を見ると12時30分。地上に降りてコンビニに入り、牛乳を飲む。
うまい!
が、オレの飲んだのは、牛乳に入っているエネルギーのみ。牛乳には、何の変化もない。
というより、オレの姿は人間たちには見えないから、当然オレが店の中に入っても、ぐるぐる歩き回っても、牛乳パックを動かしても、彼らにはまったく知覚(ちかく)できない。

飲み終わった牛乳パックを元の位置に戻すと、再び空へジャンプ。ここから先は、目的地まで休憩(きゅうけい)なしだ。

どのくらい飛んだだろうか。気づくと、空が暗くなりはじめている。
腕時計を見ると、18時30分。今日は、もう10時間以上空を飛び続けている計算だ。
なのに、富士霊園にはまだ着かない。
困った。
思ったより霊園は遠く、到着が少し遅くなりそうだ
確か、ここのチェックインは、夕方7時までだったっけな。

前方にあった富士山が、にわかに大きくなる。
目的地まであと少しだ。
飛行速度を少し落とし、反対に稜線(りょうせん)に沿って飛行高度を上げていく。
あった! あれか!
前方に富士霊園が見えてきた。
数人の社員が、オレを迎えに出てくれているのが見える。もちろん、皆オレと同じで足がない。
再び時計を見る。19時21分。
ゲッ! 21分の遅刻だ!
オレは、すべるように霊園へと降りて行く。

霊園に到着するやいなや、オレは言った。
「先日予約を入れた柳ゆうれいです。遅くなってしまい、申し訳ない!」

そう、ここは我々日本の幽霊たちの、数少ないアットホームな旅館なのだ。


音楽用語:lento(レント)
意味:遅く

覚え方:霊園遠く、「遅く」なる

いかがだったでしょうか?
上のイラストを見ながら、この暗記句を何度も繰り返し読んでみましょう。
そうすれば、きっとあなたは「レント」の意味をしっかりと覚えることができるでしょう。

この記事がお役に立ちましたら、下のランキングバナーをρ(。_。)ポチッとお願いいたします。

「戻っておいで・私の時間/竹内まりや」 - 名曲のご紹介

今日は、竹内まりやの「戻っておいで・私の時間」のご紹介です。

戻っておいで・私の時間 竹内まりや ジャケットイメージ
写真はこちらからお借りしました。

竹内 まりや(たけうち まりや、本名:山下まりや(旧姓:竹内) 1955年3月20日 -)は、島根県簸川郡大社町(現出雲市)出身のシンガーソングライター、ミュージシャンです。
自称「シンガーソング専業主婦」。夫は、山下達郎。

竹内 まりやは、1978年11月25日にシングル「戻っておいで・私の時間」、アルバム「BEGINNING(ビギニング)」でデビューをします。
当時、アイドル不在の時期と重なったため、当初はそのルックスもあいまって、アイドル歌手のような役割を担います。

1979年に発売したシングル「SEPTEMBER(セプテンバー)」は、第21回日本レコード大賞新人賞を獲得。
1980年に発売したシングル「不思議なピーチパイ」は、資生堂化粧品CMソングとなり、ヒットします。

この頃にアレンジャーとして竹内まりやの前に現れたのが山下達郎で、当初、山下達郎は竹内まりやのレコーディングにアレンジャーとして起用されたのですが、2人の関わりは公私ともに次第に密になっていき、1980年頃から、竹内まりやは山下達郎のマンションにて同棲生活を始めます。

その後は、「もう一度/本気でオンリーユー(Let's Get Married)(1984年4月10日)」「マージービートで唄わせて(1984年8月25日)」「元気を出して(1988年11月28日)」「シングル・アゲイン(1989年9月12日)」「告白(1990年9月18日)」」と、ヒットを飛ばしていきます。

今日は、そんな竹内まりやの、1978年に発売されたデビュー曲である「戻っておいで・私の時間」をどうぞ。


戻っておいで・私の時間/竹内まりや

この曲の歌詞はこちら

この曲は、1978年11月25日にRCA(RVC)より1stアルバム『BEGINNING(ビギニング)』と同時発売されました。
伊勢丹のCMテーマソングとしてつくられたもので、プロデューサーの1人だった宮田茂樹は、この曲のシングル・バージョンのアレンジを気に入っていなかったため、後にベスト・アルバム『VIVA MARIYA!!』を発売する際、服部克久に新アレンジを依頼して再レコーディングし、このアルバムにはその版が収録されました。

宮田茂樹は後に、このときの気持ちを以下のように語っています。

引用:
曲は加藤和彦さん、詞が安井かずみさん、アレンジが瀬尾一三さんと大先輩ばかり。しかしレコーディングが始まったとたん、「おやおや」と思ったことは確かです。だって、出てきた音はDr. Buzzard's Original Savannah Bandの”I'll Play The Fool"と”Cherchez La Famme”にそっくりなんですから。パクリですか! と思いましたが、日本のニュー・ミュージックなんてこんなものなのかもね、とその場では口をつぐんでいました。それでも、のどに刺さった魚の骨みたいでいつまでもスッキリとしない気持ちだったんです。
引用終了:


Dr. Buzzard's Original Savannah Band - "I'll Play The Fool" 1977


Dr. Buzzard's Original Savannah Band - Cherchez La Femme

37年前の本日、デビュー曲「戻っておいで・私の時間」がリリース…竹内まりや、デビュー秘話、のようなもの | 大人のミュージックカレンダー
http://music-calendar.jp/2015112501

そして2011年に、伊勢丹が創業125周年を迎えるにあたり、再びこの「戻っておいで・私の時間」がテーマソングに決定し、この新アレンジ版が33年の時を経て蘇りました。


戻っておいで・私の時間/竹内まりや(2011 Ver.)

そうそう。山下達郎といえば、俳句の季語になっているのですが、ご存知でしたか?
詳しくは、以下の記事をご参照ください。( ^^)/

「山下達郎」「ユーミン」「サザン」は、俳句の季語になっている? | Super源さんの雑学事典
https://www.zatsugaku-jiten.net/blog-entry-1073.html

ちなみに、竹内まりやの生家は、出雲大社正門前に位置する老舗旅館「竹野家」で、4女2男の6人兄弟の三女。
世界で通じるようにとの父の考えから、父親に「まりや」と名づけられました。

また、デビュー後、当初は安井かずみ・加藤和彦夫妻や松本隆などの提供曲を歌っていましたが、これに飽き足らず、次第に自らも作詞・作曲を手がけるようになっていったのは周知の通りです。