[618] [617] [616] [615] [614] [613] [612] [611] [610] [609] [608]

2014年03月19日

「季節の中で/松山千春」 - 名曲のご紹介


今日は、松山 千春の「季節の中で」のご紹介です。

松山 千春(まつやま ちはる、1955年12月16日 -)は北海道足寄郡足寄町出身のフォークシンガーです。

1975年、「全国フォーク音楽祭」の北海道大会に出場するも落選となりますが、STVラジオの竹田健二ディレクターに見出され、翌年に同局の「サンデージャンボスペシャル」内の15分コーナー『千春のひとりうた』でメディアデビューをします。
続いて、翌1977年の1月25日に、「旅立ち」でレコードデビューを果たします。

翌年の1978年、発売したシングル「季節の中で」が大ヒットしたことでブレイク。
その後も「窓(1979年)」「恋(1980年)」「長い夜(1981年)」をはじめとする多数のヒット曲を世に送り出し、ニューミュージック界に確固たる地位を築きます。

今日は、松山 千春がブレイクするきっかけとなった「季節の中で」をどうぞ。


季節の中で/松山千春

ちなみに、松山 千春はテレビ出演を「出るもんじゃなくって、見るものだから」という理由で拒否していましたが、「あなたには、たくさん届いた番組出演のリクエストのハガキに何か答えなければならないはず」というプロデューサー・弟子丸千一郎の言葉に感銘を受けて、(TBS系『ザ・ベストテン』の出演を承諾し、デビュー以来、テレビに初めて出演します。その後、同番組には3回の出演を果たします。

かつては、滅多にテレビに出ない事を売りにしている側面もある歌手でしたが、30歳になった1985年頃を境に、一転して歌番組ばかりでなく、バラエティや音楽番組、ニュース、ドラマ等にも頻繁に出演するようになります。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字