[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

2016年05月06日

「駈けてきた処女(おとめ)/三田寛子」 - 名曲のご紹介

三田 寛子(みた ひろこ、本名:中村敦子(旧姓・稲垣) 1966年1月27日 -)は、京都市下京区の出身の女優、歌手、タレントです。
夫は、歌舞伎俳優・三代目中村橋之助。


写真は、こちらからお借りしました。

三田 寛子は、1980年に雑誌「セブンティーン」のモデルに応募し合格し、これがきっかけで上京。
1981年に、TBSのドラマ「2年B組仙八先生」の生徒・高坂ひとみ役でデビューをします。

そして、翌年の1982年3月21日に、CBS・ソニーから「駈けてきた処女(おとめ)」で歌手デビュー。

三田 寛子の同期には、小泉今日子、堀ちえみ、松本伊代、中森明菜、早見優、石川秀美、シブがき隊など「花の82年組」と呼ばれた面々がいます。

その後「笑っていいとも!」の「寛子のおかし大好き」のコーナーでのいわゆる「天然ボケ」キャラクターでブレイクします。
また、NHK教育「YOU」の司会などを務めたほか、当時は女優としても多くのドラマに出演しました。

今日は、そんな三田寛子のデビュー曲である、「駈けてきた処女(おとめ)」をどうぞ


駈けてきた処女(おとめ)/三田寛子

私は、当時三田寛子の曲はあまり聴かなかったのですが、何故かこのデビュー曲だけは強く印象に残っています。
また、歌唱中は分からないのですが、バラエティー番組等でのトークとなると、流暢で品のいい京都弁が特徴的な女性だったと記憶しています。(^^)

三田寛子のその後

三田寛子は、その後1991年に中村橋之助と結婚。
第一子を流産した後、将来の歌舞伎役者となる男児を3人もうけます。

その後は、「4人の歌舞伎役者」を抱える“梨園(りえん)の妻業”が生活の中心となりましたが、「主婦タレント」「元アイドル」としてメディアに登場しています。

2016年04月29日

「リ・ボ・ン/堀ちえみ」 - 名曲のご紹介

今日は、「堀ちえみ」の「リ・ボ・ン」のご紹介です。

堀ちえみ(ほりちえみ、1967年2月15日 -)は、大阪府堺市東区出身の歌手、女優、タレントで、本名は加藤智栄美(かとうちえみ、旧姓:堀)です。

堀ちえみは、1981年に開かれた第6回ホリプロタレントスカウトキャラバンの優勝がきっかけで芸能界入りし、1982年に歌手デビューをします。

その翌年の1983年、TBSで放送されたドラマ「スチュワーデス物語」の主演で脚光を浴び、「教官!」「ドジでノロマな亀」のセリフは当時の流行語となり、 翌1984年に新語・流行語大賞にノミネートされ、大衆賞を受賞しました。

また、実子5人、現夫の連れ子2人の計7人の子どもがいる「子沢山」でも知られています。

今日は、そんな堀ちえみの、1985年1月23日に発売された通算13枚目のシングルである「リ・ボ・ン」をどうぞ。


リ・ボ・ン/堀ちえみ

堀ちえみは、この曲をもらったときに、ディレクターの渡辺有三が昔やっていたザ・ランチャーズのギターサウンドを彷彿とさせる曲で、その音に惹かれたとコメントしています。

また、TBS系「ザ・ベストテン」での最高位は8位でしたが、同番組での10位以内のランクインは同曲が最後となりました。
が、日本テレビ系列の「ザ・トップテン」では、1986年発売の「夢千秒」まで、10位以内のランクインを果たしています。

堀ちえみのエピソード

元タレントの堀美矢子は実妹。
ちえみと美矢子の間にいるもう一人の妹・堀一美は元近鉄バファローズ・横浜ベイスターズ外野手の中根仁夫人で、モデルの堀恵子とは従姉妹にあたります。
恵子の夫は、元ヤクルトスワローズ・中日ドラゴンズ投手の川崎憲次郎で、川崎とは義理の親戚関係にあたります。

1997年10月 - 1998年3月にNHKで放送された連続テレビ小説「甘辛しゃん」では、日本酒醸造所のスタッフの役で、「スチュワーデス物語」の教官役・風間杜夫と再共演を果たしました。

2006年6月13日から、サントリーCM{なっちゃん」の「CA~機内サービス篇」「CA~歩行訓練篇」において、新米客室乗務員(CA)堀北真希を指導する先任CA役として出演。
かつて主演した、「スチュワーデス物語」のその後の姿を彷彿とさせるキャラクターを演じました。

2010年4月、「スチュワーデス物語」以来のTBSドラマ「ヤンキー君とメガネちゃん」に出演。
このドラマでは、元スチュワーデスの設定で出演しています。
また、初のレシピブック「堀ちえみの子どもとたのしく パパッ!と母ごはん」が発売となりました。

同年5月、味の素「ほんだし」を使用したおにぎり5,555個を使用して、巨大アートを作成。
この記録は、ギネスブックに認定されています。

2016年04月18日

「メモリーグラス/堀江淳」 - 名曲のご紹介

今日は、堀江淳の「メモリーグラス」のご紹介です。

堀江 淳 (ほりえ じゅん、1960年10月19日 - )は、北海道苫小牧市出身のシンガーソングライターです。
元祖歌謡ファンクごちゃまぜポップスバンド、米米クラブなどで活躍するパーカッショニストの三沢またろうは中学の同級生。

堀江 淳は、1979年に、CBSソニー(現・ソニー・ミュージックエンタテインメント)の第1回SDオーディションに合格し、1981年、「メモリーグラス」でデビューをします。
その中性的な容姿・声も話題になり、デビューシングルは70万枚の大ヒットとなり、オリコン最高3位を記録します。

1994年、ビクターエンタテインメントへ移籍し、アルバム「微風通信」を発売。
そして1998年に、ユニット「spoon」を結成。
ライブ活動やM、インターネットテレビへの出演し、アニメ「ドキドキ伝説 魔法陣グルグル」のEDテーマを手がける等の活動を行ないますが、2004年に活動を休止。

以後、ソロ活動に戻り、ラジオ出演、他ミュージシャンのプロデュース、楽曲提供など地道に活動を続けます。

今日はそんな堀江 淳 の、デビュー曲である「メモリーグラス」をどうぞ。


メモリーグラス/堀江淳

この曲が生まれたきっかけは、堀江 淳が東京・広尾の交差点で、日中信号待ちをしているときに、「水割りを下さい。涙の数だけ」という歌詞とメロディーが思い浮かび、それを元に書き上げたということです。

堀江 淳は、以前酒を提供する店でアルバイトしていた時期があり、そのときの、客の「水割りを下さい」という言葉が耳に残っており、そこからインスピレーションを膨らませたということです。

また、「メモリーグラス」には水割りが登場しますが、本人は「水割りは苦手な堀江淳です」と述べています。
飲むのはもっぱらお湯割りの方で、「水割りをください」といったことはないといいます。

堀江淳のエピソード

・「メモリーグラス」のヒットからしばらく経った1983年、「交通事故に遭って負傷した」と報道されたことが原因とみられる死亡説が流れたことがあります。
が、その噂が立った後、自ら健在であることをアピールするために「“生きてますよ”コンサートツアー」と銘打ったツアーを挙行したのですが、生きているのを知ったのはこのツアーの会場に来たファンのみで、世間では死亡説が消えず、さらにはアジア移住説までもが流れ、「堀江淳をタイで見た」等の目撃証言等も報じられました。
が、本人は、「僕はタイに行った事ないから」と語っています。

さらに、地元の苫小牧市の水道局に、偶然にも同姓同名の職員がいて、「堀江淳は苫小牧に帰り公務員になった」という噂も流れたということです。

・小堺一機(こざかい かずき)が、『ザ・トップテン』でレポーターを務めていたとき、最初は、「小堺さん、よろしくお願いします」と腰が低かったのですが、人気が上がっていくにつれて、「小堺さん」→「小堺君さぁ」→「おい、小堺!」と、分かりやすすぎるくらいに天狗になっていき、これを小堺一機と関根勤が担当していたラジオ番組「コサキン」でネタにされていました。

ホント、いるんですよねー、こういう人間が…【><】