ブログ内検索
ランキング
プロフィール
HN:
Super源さん
性別:
男性
自己紹介:

東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、音楽、パソコン。ネコが好き。
癒しと励まし、そして切なさをテーマとしたオリジナル曲を作っています。
広告
ページランキング
最新コメント
[07/29 Super源さん]
[07/28 t.o]
[07/07 Super源さん]
[07/06 しちてんはっき]
リンク
ブックマーク

カウンター


開設日: 2008/04/26 (土)

作詞・作曲、名曲のご紹介、その他音楽にまつわることを、ペンペンと書いていきたいと思います。


 
今日は、沢田 研二の「”おまえにチェックイン”」のご紹介です。

沢田 研二(さわだ けんじ、本名:澤田 研二 1948年6月25日 -)は、鳥取県鳥取市生まれ、京都府京都市出身の歌手、俳優、作詞・作曲家です。
ニックネームはジュリー。妻は女優の田中裕子。前妻は元ザ・ピーナッツの伊藤エミ。

沢田 研二は、1971年11月1日に「君をのせて」でソロデビュー※をします。
オリコン最高位は23位どまりでしたが、この曲がGSの先輩であった「ザ・ワイルドワンズ」の加瀬邦彦プロデュースのもと、十数年にわたって音楽ランキングトップ10にチャートインし続けた沢田のソロ活動のスタートでした。

1973年4月21日に「危険なふたり」を発売。
この曲は、65万枚を売り上げ、ソロ初のオリコン1位を獲得、併せて第4回日本歌謡大賞を受賞します。

続いて翌年の1974年には、「追憶」が58万枚を売り上げ、2曲目のオリコン1位を獲得します。

今日は、そんな沢田研二の、1982年5月1日に発売された通算36枚目のシングルである「”おまえにチェックイン”」をどうぞ。


”おまえにチェックイン”/沢田研二

この曲の作詞は柳川英巳(やながわ ひでみ)、作曲は大沢誉志幸(おおさわ よしゆき)によるもので、大沢誉志幸は冒頭のコーラス部分「チュルルルチュッチュ…」の部分にも参加しています(このパートは、沢田研二、大沢誉志幸、佐野元春、伊藤銀次の4人でハモっています)。

この曲のタイトルは、歌詞カードに表記されている通り、正確には前後に引用符がついた「"おまえにチェックイン"」です。
が、この曲を収録したアルバムにや、その他のベストアルバムにも引用符の抜けているものが多く、公式でも表記が統一されていません。


沢田研二のオフィシャルサイトは、以下となっています。
沢田研二 オフィシャルサイト
http://www.co-colo.com/top.html
CD、DVD、ライブ情報などが載っています。

沢田研二に関する情報は、こちらから。
「沢田研二」ブログ-1 | 記事一覧 | ウェブリブログ
http://webryblog.biglobe.ne.jp/f/7/f7dfba3435.html
沢田研二の最新情報・ファンブログがたくさん見つかります。


※沢田研二は、1960年代後半のグループサウンズ(通称GS)全盛期から活躍している歌手で、特に1970年代から1980年代前半にかけて、スーパースターとして日本のポップス界を牽引しました。
ソロ以降のシングル総売上は1,239万枚で、グループ時代に歌っていたザ・タイガース、PYG時代を含めると、1,666万枚となります。この数字から、当時、沢田研二がいかに人気のある歌手であったかということが分かります。


今日は、竹内まりやの「ドリーム・オブ・ユー ~レモンライムの青い風~」のご紹介です。

竹内 まりや(たけうち まりや、本名:山下まりや(旧姓:竹内) 1955年3月20日 -)は、島根県簸川郡大社町(現出雲市)出身のシンガーソングライター、ミュージシャンです。
自称「シンガーソング専業主婦」。夫は、山下達郎

生家は、出雲大社正門前に位置する老舗旅館「竹野家」で、4女2男の6人兄弟の三女。
世界で通じるようにとの父の考えから、「まりや」と名づけられました。

出雲玉造温泉 竹野屋
竹野屋
写真は、こちらからお借りしました。

竹内 まりやは、1978年11月25日にシングル「戻っておいで・私の時間」、アルバム「BEGINNING(ビギニング)」でデビューをします。
当時、アイドル不在の時期と重なったため、当初はそのルックスもあいまって、アイドル歌手のような役割を担います。

1979年に発売したシングル「SEPTEMBER(セプテンバー)」は、第21回日本レコード大賞新人賞を獲得。
1980年に発売したシングル「不思議なピーチパイ」は、資生堂化粧品CMソングとなり、ヒットします。

その後は、「もう一度/本気でオンリーユー(Let's Get Married)(1984年4月10日)」「マージービートで唄わせて(1984年8月25日)」「元気を出して(1988年11月28日)」「シングル・アゲイン(1989年9月12日)」「告白(1990年9月18日)」」と、ヒットを飛ばしていきます。

当初は、安井かずみ・加藤和彦夫妻や松本隆などが提供する曲を歌っていましたが、これに飽き足らず、自らも作詞・作曲を手がけるようになります。

今日は、そんな竹内まりやの、1979年2月25日に発売された通算2枚目のシングルである、「ドリーム・オブ・ユー~レモンライムの青い風~」をどうぞ。


ドリーム・オブ・ユー ~レモンライムの青い風~/竹内まりや

山下達郎とのなれそめについては、もともと、山下達郎の音楽のファンでしたが、同じレコード会社の先輩後輩という関係となり、「芸能人運動会みたいな番組に出て悩んで行き詰まったときに、いろいろと相談に乗ってくれたのが、結婚に至ったきっかけ」と話しています。
また、結婚の際、山下達郎からのプロポーズの言葉はなく「結婚しようか」くらいだったということです。

基本的に、竹内まりやがライブをやらない理由としては、「子育てや家庭を優先するため」と語っており、夫・山下達郎から制限を受けたり、遠慮や気遣いをしているわけではない、と明言しています。
以前、インタビューで、竹内まりやは「達郎が『ライブは、やるな』と言っているとか、『達郎に遠慮している』とか言われているけど、私がライブをやりたくなったら、達郎がなんと言おうと、私はやるって! 本当にやりたくないから、今はやらないだけ」と答えています。


今日は、中島みゆきの「地上の星」のご紹介です。

中島みゆき(なかじまみゆき、本名:中島 美雪 1952年2月23日-)は、 広島県竹原市出身のシンガーソングライター、ラジオパーソナリティーです。

中島 みゆきは、1975年にシングル「アザミ嬢のララバイ」でデビューをします。
暗く重い作風と、ラジオ番組などでの明るい語り口とのギャップで、1980年代前半に大きな人気を博し、現在も根強い人気があります。

今日は、そんな中島みゆきの2000年7月19日に発売された、通算37枚目のシングルである「地上の星」をどうぞ。


地上の星/中島みゆき

「地上の星」は、「第56回NHK紅白歌合戦」の「スキウタ」アンケートにて、紅組7位にランクインしています。
また、オリコンによる累計売上枚数では、1994年に発売された「空と君のあいだに/ファイト!」に次ぐ、中島みゆき自身の2番目の売り上げとなっています。

この曲は、NHKの「プロジェクトX~挑戦者たち~」の主題歌として作られたもので、同番組のエンディングテーマには、カップリング曲の「ヘッドライト・テールライト」が起用されています。

同番組の主要な視聴者である中高年を中心に、幅広い支持を得るに至り、2005年12月28日には、中島みゆき本人が「プロジェクトX」の最終回に出演。スタジオで「ヘッドライト・テールライト」を熱唱しました。


ちなみに、中島みゆきはデビュー前、吉田拓郎の追っかけをやっており、楽屋にも出入りするほどで、周囲では有名なファンでした。
その吉田拓郎は、中島みゆきの「ファイト!」を気に入っており、よくコンサートで歌っています。
中島みゆきは、吉田拓郎のことを「よた」と呼んでおり、2006年9月23日に行なわれた「吉田拓郎&かぐや姫コンサートinつま恋2006」にゲストとして出演し、提供曲「永遠の嘘をついてくれ」で共演。
この模様はNHK BShiで生放送され、同コンサートのDVD「Forever Young Concert in つま恋 2006」に収録されています。


「地上の星」雑学?
「地上の星」は、テンポが約100(BPM100)です。そのため、一次救命処置の講習会などで、心臓マッサージの際のリズムとりに有効な曲として紹介されることがあります。
これは、心臓マッサージを1分間に100回の速さで行なうことが望ましいとされているためです。


←←   前のページ  音楽ブログ  次のページ   →→
Copyright(C) 2008-2014 Super源さんの音楽ブログ All Rights Reserved.
*
blogdesigned by 福井めい