[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

2018年01月20日

「赤道小町ドキッ/山下久美子」 - 名曲のご紹介

今日は、山下達郎、じゃなかった山下久美子の「赤道小町ドキッ」のご紹介です。

赤道小町ドキッ 山下久美子 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

イキナル マチガエル ナヨ!(。_゚)☆\カーン(-.-メ)

山下 久美子(やました くみこ、1959年1月26日 - )は、大分県別府市出身の歌手です。

山下 久美子は、1980年にシングル「バスルームから愛をこめて」でデビューをします。

そして、1982年に、シングル「赤道小町ドキッ」がヒット。
その過激なライブパフォーマンスによって、「総立ちの久美子」の異名を得ます。

1991年に、シングル「Tonight (星の降る夜に)」とアルバム「JOY FOR U」を立て続けに発売。

1996年には、TBS系のテレビドラマ・「その気になるまで」に出演。
離婚歴のあるキャリアウーマン、馬場千春役を務めます。

今日は、そんな山下久美子の、1982年4月1日に発売された通算4枚目のシングルである「赤道小町ドキッ」をどうぞ。


赤道小町ドキッ/山下久美子

この曲の歌詞はこちら

この曲は、前述したように、山下久美子にとって初めてのヒット曲となりましたが、これは、当時隆盛を極めていた化粧品会社による季節キャンペーンCMのイメージソングに抜擢されたことが大きいです。

また、山下久美子はこの曲のヒットを受け、当時多くの歌番組に出演。
「ザ・ベストテン」には、1982年5月27日に「今週のスポットライト」で初出場し、のちに10位以内にランクインを果たします。

また、同番組で最高位の第3位にランクされた際、本物の象の背にまたがって、歌を披露するパフォーマンスを行なったこともあります。

なお、この曲は後に、以下のアーティストにカバーされています。

・2006年、夏目ナナ(シングル「赤道小町ドキッ」)
・2006年、Mi(アルバム「80's×Mi」)
・2008年、中川翔子(シングル「Shiny GATE」のカップリング)
・2008年、西脇彩華(9nine)(アルバム「ORDINARY VENUS」)
・2015年、橋本絵莉子 - カゴメトマトジュースプレミアムCM曲
・2016年、Crystal Kay - カゴメトマトジュースプレミアムCM曲

2018年01月18日

「リトル・キッス/ミルク」 - 名曲のご紹介

今日は、ミルクの「リトル・キッス」のご紹介です。

リトル・キッス ミルク ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

「ミルク」は、1979年から1980年にかけて活動した、小学生女子3人によるアイドルグループです。

メンバーは、小畑和美(ミミ)、荻野目洋子(ルミ)、大森絹子(クミ)。

グループ名の由来は、彼女たちの愛称「ミミ」「ルミ」「クミ」から、それぞれ文字ずつを取ったものです。

「ミルク」は、1979年(昭和54年)4月に、楽曲 「ザ・あれから いちねん」でレコードデビューをします。
そして、翌年の1980年8月に、2枚目となるシングルレコード・「リトル・キッス」を、ワーナーパイオニアから発売します。

それでは、今日はその「リトル・キッス」をどうぞ。


リトル・キッス/ミルク

この曲の作詞は湯川れい子、作曲は馬飼野康二です。

向かって一番右で歌っている、1人だけ長髪の少女が荻野目洋子です。
歌、うまいし、可愛いですね。おお!(゚o゚)

「ミルク」は、音楽番組や音楽誌などで、「「リトル・キッス」でデビューしたミルク」と紹介されることがあります。
が、前述したように、彼女たちのデビュー曲は「ザ・あれからいちねん」です。

したがって、「リトル・キッス」は、ミルクにとって2ndシングル、あるいは再デビュー盤ということになるでしょう。

なお、この曲を最後に、「ミルク」は自然解散となりました。

2018年01月10日

「ステキな恋の忘れ方/薬師丸ひろ子」 - 名曲のご紹介

今日は、薬師丸ひろ子の「ステキな恋の忘れ方」のご紹介です。

ステキな恋の忘れ方 薬師丸ひろ子 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

薬師丸ひろ子(やくしまる ひろこ、本名:薬師丸 博子(読み同じ)、1964年6月9日 -)は、東京都港区北青山出身の女優、歌手です。

薬師丸ひろ子は、1978年、角川映画「野性の証明」のヒロイン「長井頼子」役オーディションに合格し、高倉健と共演します。
以後、「ねらわれた学園」、「セーラー服と機関銃」、「探偵物語」、「翔んだカップル(東宝映画)」などに次々と出演。「お父さん怖いよ」(「野性の証明」)、「カイカン」(「セーラー服と機関銃」)、「顔はぶたないで。私、女優なんだから」「ああー!!私、お爺さまを殺してしまった!」(「Wの悲劇」)など、多くの流行語も生み出して話題となります。

スヤスヤ、…。「カ・イ・カ・ン!」
猫 カ・イ・カ・ン
写真は、こちらからお借りしました。

今日、そんな薬師丸ひろ子のヒット曲の中から、195年11月1日に発売された、通算7枚目のシングルである「ステキな恋の忘れ方」をどうぞ。

ステキな恋の忘れ方/薬師丸ひろ子

この曲の歌詞はこちら

この曲は、薬師丸ひろ子自身が出演した映画『野蛮人のように』の主題歌として発売されたもので、錯視、じゃなかった、作詞作曲は井上陽水です。

TBS系音楽番組『ザ・ベストテン』では最高7位を記録し、オリコンチャートの登場週数は13週、チャート最高順位は週間4位、累計では25.1万枚の売り上げを記録しました。

またこの曲は、東芝製品のCMソングとしても使われました。

2017年12月31日

「ブルドック/フォーリーブス」 - 名曲のご紹介

今日は、フォーリーブスの「ブルドッグ」のご紹介です。

ブルドック フォーリーブス ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

フォーリーブスは、日本の男性アイドルグループです。
1967年4月1日結成され、1968年9月5日レコードデビューをします。

メンバーは、北公次(コーちゃん)、青山孝史(ター坊)、江木俊夫(トシ坊)、おりも政夫。

フォーリーブスは、初期のジャニーズ事務所を代表するグループです。

今日は、そんな彼らの、1977年に発売されたした「ブルドッグ」をどうぞ。


ブルドック/フォーリーブス

この曲の歌詞はこちら

この曲は当時、硬派で攻撃的な歌詞や、独特の奇抜なパフォーマンスが話題を呼んで、オリコンにおいて前年の「踊り子」を上回る売上げを記録します。

なお、グループ名である「フォーリーブス」の由来については、「Four Leaves(4枚の葉←leavesはleafの複数形)」が定説となっていますが、もともとはジャニー喜多川が脚本を書いたミュージカル・「いつかどこかで~フォーリーブス物語」内のグループ名からとったもので、「4つに“別れる、去る、出発する”」という意味の自動詞の「“leave”」です。

「ブルドッッグ」。
いやー、何かカッコいいタイトルですねー。(^O^)

このタイトルを見聞きするたびに、私は豪邸の門柱のところとか、あるいは玄関先にいるような、凛々しい「猛犬ー獰猛な犬」を想像してしまいます。(^^)

猛犬に注意 イメージ ユーモア
写真は、こちらからお借りしました。

中には、このようなちょっと頼りない「猛犬」もいますが。(爆)

再結成

・2002年1月29日に、メンバー中誰よりも解散を惜しみ、それまで再結成を訴え続けていた青山の念願がかなって、「フォーリーブス」がついに再結成されます。
初日に中野サンプラザでコンサートが行なわれ、同年8月22日にはシングル「it's more 愛(いつも愛)」が発売。
この曲は、山野楽器銀座本店の週間ランキングで初登場4位となりました。

・2006年8月27日に、ソニー・ミュージックダイレクトからCD-BOX『フォーリーブス 1968-1978』を発売。
これは、全シングルのA面・B面にアルバムから選んだ曲を加えた5枚組で、その後、ソニーミュージックショップのオーダーメイドファクトリーでオリジナル・アルバムや青山孝のソロ・アルバムなどが復刻されています。

・2006年8月12日、NHK『第38回思い出のメロディー』に出演し「ブルドッグ」と「地球はひとつ」を歌唱。
北公次はバック転も披露しました。
これは、彼らの久々のテレビ出演であり、特にNHKには前述の1978年の解散時に出演した『ビッグショー』以来28年ぶりでした。

・2007年1月に、『徹子の部屋』に出演。
以後の全員揃っての在京局のテレビ番組への出演は、2008年2月12日放送の『2時っチャオ!』と2008年11月11日放送の『NHK歌謡コンサート』(ブルドッグ」を歌唱)があります。
また、同年3月2日に放送された『Dのゲキジョー』に江木俊夫がVTR出演した際、フォーリーブスのコンサートや舞台裏の模様も放送されました。

2017年12月25日

「スプリング・サンバ/大場久美子」 - 名曲のご紹介

今日は、大場久美子の「スプリング・サンバ」のご紹介です。

スプリング・サンバ 大場久美子 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

大場久美子(おおば くみこ、本名同じ 1960年1月6日 -)は、埼玉県川口市出身の女優、歌手、心理カウンセラーです。

大場久美子は、1970年に、友人の応募で東京宝映テレビのオーディションに合格。
同社主宰の劇団・「劇団フジ」に入り、児童タレントとして活動を始めます。

1974年には、日本テレビ系列のテレビ番組「愛の山河」に出演し、テレビデビューを果たします。
1977年6月5日には、「あこがれ」で歌手デビュー。

そして、1978年6月12日から翌年の1979年の9月24日まで、約1年3ヶ月にわたって放送されたTBS系のテレビ番組「コメットさん」(第2期、全68話)のヒロインを務め、全国的にその名が知れ渡り、ブロマイドが爆発的に売れ、一躍トップアイドルとなります。

1979年3月5日には7枚目のシングル「スプリング・サンバ」を発売し、これが大ヒット。
この曲は、彼女の代表曲となります。

それでは、今日はその「「スプリング・サンバ」」をどうぞ。


スプリング・サンバ/大場久美子

この曲の歌詞はこちら

この曲は、オリコン最高位44位、シングル売上3万枚を記録しました。

大場久美子の近況

・2000年に、林寛子、あべ静江、沢田亜矢子と共に自称“熟女ユニット”『女盛りゲザデレタ』を結成。同年6月21日、シングルCD「Animal Blood」を発売。

・2008年1月18日、この日に放送されたフジテレビ「独占!金曜日の告白」で、8年間パニック障害に悩まされていたことを、初めて公に告白。放送後、大反響を呼びます。

・2008年2月23日に、「KUMIKO OHBA 35th Anniversary Live」を東京で開催。ライブ中、単独コンサートとしては30年ぶりに「コメットさん」の衣装を披露。

・2009年10月3日に、認知行動療法を学び、日本推進カウンセラー協会の心理カウンセラーの資格を取得。

・2012年4月4日 活動に協力している「一般社団法人UKC JAPANUKC JAPAN(現・J-Taz'sアニマルシェルター)」のために、28年ぶりに11枚目のシングル「ボクの命?20キロ圏内のペット達の想い?」を配信限定で発売。

・2014年7月8日に、林寛子とコンビを組み、アマ名義で「キングオブコント2014」(第7回大会)に参加を表明。『○1○2』(マルイチマルニ)というコンビ名で出場したが、2回戦で敗退となります。

・同年10月7日 この日発売の「週刊アサヒ芸能」で35年ぶりの水着姿を披露。その後も「週刊ポスト」などで披露。

・2015年12月18日、フットリーディングアドバンスセラピスト(足底反射療法士)の資格を取得する。同年12月31日に、父の宣夫死去(享年84歳)。

・2016年9月に、浦安市の会員制美容室の一角を借りて、フットリフレクソロジーサロン『和萌憂つぼ』のビジネスを開始(2017年10月に閉店)。

・同年12月22日に、音楽健康指導士2級の資格を取得す。

・2017年9月16日に、ハンドリフレカウンセラーの資格を取得する。同年11月10日に、食品衛生責任者の資格を取得。