[952] [951] [950] [949] [948] [947] [946] [945] [944] [943] [942]

2016年07月31日

「MAY(メイ)/斉藤由貴」- 名曲のご紹介


今日は、斉藤由貴の「MAY(メイ)」のご紹介です。

MAY 斉藤由貴 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

斉藤由貴(さいとう ゆき、本名:小井由貴)いさらい ゆき)(旧姓:斉藤、1966年9月10日 -)は、神奈川県横浜市南区出身の女優、歌手です。
元俳優の斉藤隆治は実弟。声優で歌手の芹澤優は姪。趣味・特技は作詞・イラスト・読書・詩を書くことなど。左利き。

斉藤由貴は、1984年に第3回ミスマガジン(講談社)グランプリを受賞し、1985年に「卒業」で歌手デビューをします。
女優としては、『スケバン刑事』(フジテレビ)で連続テレビドラマ初主演し、また、相米慎二監督『雪の断章 -情熱-』(東宝)で映画デビューをします。

1986年、4月からNHK連続テレビ小説「はね駒(はねこんま)」のヒロインに抜擢され、その平均視聴率が40%を超えます。
このことにより、「斉藤由貴」の名は全国に知れ渡ります。

また、テレビアニメ『めぞん一刻』(フジテレビ)の主題歌に、「悲しみよこんにちは」が起用され、歌番組にも多く出演。
同年12月には、『第37回NHK紅白歌合戦』(NHK)に同曲で初出場します。

1990年代以降は、女優として映画・テレビ・舞台に出演し、詩作活動やナレーターなどとして幅広く活躍。
また、作詞家としてミュージカルの作詞や、同世代の女性歌手にも作品を提供しています。

今日は、そんな斉藤由貴の、1986年11月19日に発売された8枚目のシングルである「MAY」をどうぞ。


MAY(メイ)/斉藤由貴

この曲の歌詞はこちら

この曲は、斉藤由貴主演・大森一樹監督の映画『恋する女たち』(1987年・東宝)の主題歌として使われました。
作詞は谷山浩子で、本人もセルフカバーしており、シングルでは大村雅朗が編曲しています。

また、この曲のジャケットは、前髪を上げて額を出した斉藤由貴の顔写真が初めて採用されました。

斉藤由貴の近況

1994年12月に結婚。
その後、1999年11月に長女、2000年10月に長男、2010年12月に次女を出産。
現在は、3児の母となっています。

2008年3月8日に、PARCO劇場にて、単独では結婚以来13年ぶりのコンサートを開催。
その翌日、追加公演を行ないました。

2011年2月には、デビュー25周年を機に制作されたニューアルバム「何もかも変わるとしても」を発売(先行販売は2010年)。
これに合わせて、5日連続のコンサートをPARCO劇場で開催しました。

また、同年5月10日には、福岡 Yahoo! JAPAN ドームで行なわれた、パ・リーグ公式戦福岡ソフトバンクホークス対オリックス・バファローズの試合前のセレモニーで、「国歌独唱」を行ないました。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字