[1074] [1073] [1072] [1071] [1070] [1069] [1068]

2018年06月04日

「C/中山美穂」 - 名曲のご紹介


今日は、「中山美穂」の「C」のご紹介です。

C 中山美穂 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

中山美穂(なかやま みほ、本名:辻 美穂(旧姓:中山)、1970年3月1日 -)は、長野県生まれで東京都小金井市出身のアイドル、女優、歌手です。
夫は、ミュージシャン・小説家の辻仁成、妹は女優の中山忍。愛称は「ミポリン」です。

中山美穂は、1985年1月に、テレビドラマ「毎度おさわがせします」(TBS系)ののどか役でドラマデビューをします。

このドラマでは、彼女は脇役でしたが、ドラマの人気と共に注目が集まり、同年6月シングル「C」で歌手デビューをします。

また、同時期にバラエティー番組「パーティー野郎ぜ!」(テレビ朝日系)にアシスタントとしてレギュラー出演。
同年末には、第27回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞します。

今日は、そんな中山美穂の、1985年6月21日に発売された、デビュー曲である「C」をどうぞ。


C/中山美穂

この曲の歌詞はこちら

中山美穂は、ちょっぴり気が強そうな顔と、それに相反する舌たらずで可愛い声が魅力の歌手ですね。(^^)
女優としては、演技力もあると思います。

この曲は、本人主演のTBS系ドラマ「夏・体験物語」の主題歌で、2ヶ月後には、同タイトルのファーストアルバムも発売されました。

このシングルのジャケットは、ドラマ「毎度おさわがせします」で当時ついていた不良のイメージを払拭(ふっしょく)するために、水色と白の服にピンクのバックで爽やかさと可愛らしさが醸(かも)し出されています。

また、中山美穂はこの曲で、「第27回日本レコード大賞最優秀新人賞」と「第23回ゴールデン・アロー賞最優秀新人賞」を受賞しました。

1990年代に入ると、1980年代にデビューした多くのアイドルが、女優やバラドルへと転向を図っていきますが、そんな中、中山美穂は年1本の連続ドラマ、映画、CM、アルバム発売、コンサートツアーと、歌手業と女優業の両立を維持。

1992年10月には、中山美穂&WANDS名義で発売した「世界中の誰よりきっと」が180万枚を超える大ヒットを記録します。

1994年2月には、「ただ泣きたくなるの」が100万枚を超える売り上げを記録。自身単独名義での初ミリオンヒットとなります。

前出の、「世界中の誰よりきっと」と合わせると、この曲は2曲目のミリオンヒットとなり、80年代にデビューした女性歌手の中で、ミリオンヒット2曲というのは初の快挙で、この快挙を達成しているのは、現在のところ中山美穂と今井美樹の2人だけです。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字