[928] [927] [926] [925] [924] [923] [922] [921] [920] [919] [918]

2016年05月10日

「WAKU WAKUさせて(ワクワクさせて)/中山美穂」 - 名曲のご紹介


今日は、中山美穂の「WAKU WAKUさせて」のご紹介です。

WAKU WAKUさせて 中山美穂 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

中山美穂(なかやま みほ、本名:辻 美穂(旧姓:中山)、1970年3月1日 -)は、長野県生まれで東京都小金井市出身のアイドル、女優、歌手です。
夫はミュージシャン・小説家の辻仁成(つじ ひとなり)、妹は女優の中山忍。愛称は「ミポリン」です。

中山美穂は、1985年1月に、テレビドラマ「毎度おさわがせします」(TBS系)ののどか役でドラマデビューをします。
このドラマでは、彼女は脇役でしたが、ドラマの人気と共に注目が集まり、同年6月シングル「C」で歌手デビューをします。
また、同時期にバラエティー番組「パーティー野郎ぜ!」(テレビ朝日系)にアシスタントとしてレギュラー出演。
同年末には、第27回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞します。

さて、今日ご紹介する「WAKU WAKUさせて(ワクワクさせて)」は、1986年11月21日に発売された彼女の8枚目のシングルで、作詞作曲はそれぞれ松本隆と筒美京平です。

それでは早速、「WAKU WAKUさせて」をどうぞ。


この曲は、本人主演のフジテレビ系ドラマ「な・ま・い・き盛り」の主題歌として使われました。

また、この曲は1986年12月度月間1位を記録し、中山美穂自身にとって、週間・月間を通して初の首位獲得曲となりました。
くわえて、この年の「FNS歌謡祭」の優秀歌謡音楽賞を受賞しています。

なお、当時、中山美穂のコンサートのバックバンドを務めていたドリームズ・カム・トゥルー結成前の中村正人は、この曲から中山の歌番組出演の際にもバックバンドの一員として参加していました。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字