[1078] [1077] [1076] [1075] [1074] [1073] [1072] [1071] [1070] [1069]

2018年06月19日

「今はもうだれも/アリス」 - 名曲のご紹介


今日は、アリスの「今はもうだれも」のご紹介です。

今はもうだれも アリス ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

アリス(Alice、ALICE)は、1971年に結成された、フォークグループ、バンドです。

メンバーは、谷村新司(たにむらしんじ、チンペイ/リードボーカル、ギター)、堀内孝雄(ほりうちたかお、ベーヤン/ボーカル、ギター)、矢沢透(やざわとおる、キンちゃん/ドラム)

アリス結成のきっかけは、1970年のアメリカコンサートツアーで、大阪のフォークグループ、「ロック・キャンディーズ」のリーダーだった桃山学院大学出身の谷村と、東京のソウルバンド、「ブラウン・ライス」のゲストドラマーだった矢沢が知り合い、意気投合したのがきっかけです。

デビュー当初はあまり売れませんでしたが、地道なツアー活動等の懸命な努力の結果、「帰らざる日々」「冬の稲妻」「涙の誓い」「ジョニーの子守唄」「チャンピオン」「秋止符」「狂った果実」等のヒット曲を連発します。

今日は、そんなアリスの、1975年9月5日に発売された通算7枚目のシングルである「今はもうだれも」をどうぞ。


今はもうだれも/アリス

この曲の歌詞はこちら

アリスのエピソード

アリスは、前述したように、売れない下積み時代が長かったのですが、「冬の稲妻」がブレイクしてからは、当時黎明期だったニュー・ミュージック界の中心的存在のひとつと見なされるようになります。

アリスは、無名の活動開始時期は、自他ともにフォークソングのジャンルに分類されるというポジションで音楽活動を続けていましたが、ドラマーが加わっているという点で、同時期のミュージシャンとの差別化をはかっていました。

「冬の稲妻」でブレイク後は、フォークの枠にとらわれることなく独自の世界を展開。ファンを次第に獲得していきます。

その曲調は次第にロック寄りになっ行き、バックミュージシャンもエレキギター、シンセサイザーなどを従え、本格的なバンド編成となり、派手なステージ活動を展開していきます。

このように、結成時のフォーク・シンガーの路線の枠からは完全にはみ出ていたアリスでしたが、1981年に行なった休止宣言ライブでは原点に返り、コーラスもバックミュージシャンもない、3人だけでの演奏を行ないます。

アリスは、全盛期は『NHK紅白歌合戦』に出場しませんでしたが、これは、以前アリスとしてNHKの番組オーディションに応募し、落選した経緯があるためです。
彼らの弁によれば、意地で断っていたということです。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字