[1039] [1038] [1037] [1036] [1035] [1034] [1033] [1032] [1031] [1030] [1029]

2017年08月28日

「フィルムの向こう側/南野陽子」 - 名曲のご紹介


今日は、南野 陽子の「フィルムの向こう側」のご紹介です。

フィルムの向こう側 南野陽子 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

南野 陽子(みなみの ようこ、本名同じ、1967年6月23日 - )は、兵庫県伊丹市出身の女優、タレント、歌手です。愛称は、ナンノ。

南野 陽子は、1985年6月23日に「恥ずかしすぎて」で歌手デビューをします。
そして、同年の11月からフジテレビ系ドラマ「スケバン刑事」シリーズ第2作「スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説」で主役を演じ、一躍ブレイク。
トップアイドルの座を獲得します。

同時に、1986年3月に発売された、同ドラマの主題歌「悲しみモニュメント」が、初のオリコンチャートトップ10入りします。

1987年2月公開の映画「スケバン刑事」では、主演に抜擢(ばってき)され、南野陽子が自ら歌う主題歌の「楽園のDoor」は、初のオリコンチャート第1位を獲得します。

そしてその後も、「話しかけたかった」「パンドラの恋人」「吐息でネット」「あなたを愛したい」「秋からも、そばにいて」「涙はどこへいったの」「トラブル・メーカー」…と、ヒット曲を連発していきます。
また、グリコ、フジカラー、JR西日本などの多数の企業のイメージキャラクターに起用され、CMにも出演。

かくして南野 陽子は、中山美穂、工藤静香、浅香唯(あさか ゆい)とともに、「女性アイドル四天王」の1人として活躍することになります。

今日は、そんな南野 陽子の、1989年11月29日に発売された南野陽子の16枚目のシングルである「フィルムの向こう側」をどうぞ。

聴いていると、どこか落ち着く曲です。(^^)
この曲は、「CHAGE&ASKA」の飛鳥涼が作詞・作曲したもので、エンディングでヨハン・パッヘルベルのカノンを引用しています。

(^o^)♪タラララー!(^o^)♪タラララー!(^o^)♪タラララー!(^o^)♪タラララー!

という曲ですね。(^^)

ソレジャ 分カラナイヨ!(-_-メ)/~~~~~バシィ!!(T/O)

実はこの曲は、以前このブログでもご紹介しています。
ということで、以下に曲のURLを張りつけます。
大変有名な曲なので、お聴きいただければ「ああ、この曲か!」となるかと思います。(^^)

「涙のカノン/レイモン・ルフェーブル」 - 名曲のご紹介
http://musingbuff.blog.shinobi.jp/Entry/228/

だいぶ前に、CMにも使われたことがあったかと…。

またこの曲は、「秋からも、そばにいて」以来、南野陽子自身9作目のオリコン1位を獲得しました。
が、オリコン初登場で1位を記録しますが、その翌週は「あぁーっ!(゚ロ゚) 」と、15位までランクダウン。【><】

当時のオリコンシングルチャート1位を獲った翌週のランクダウン記録をも更新しました。

実は、それまでのオリコンでのランクダウン記録は、渡辺満里奈の「夏休みだけのサイドシート」で、この曲は1位を獲った翌週に、一気に13位まで落ちたのです。
ところがこの曲は、その「夏休みだけのサイドシート」を越える落ち方をしたわけです。

「あああ~っ!」

写真は、こちらからお借りしました。

あららら。(゚O゚;クマさんまで落ちてきてしまいましたね。【><】

なお、南野陽子の発売したシングルで、オリコン1位を獲得したのは、この曲が最後となっています。

と書きましたが、これはちょっと説明が必要です。
南野陽子は、デビュー2年後の1987年に、映画「スケバン刑事(スケバンデカ)」に主演します。
そして、自ら歌った主題歌「楽園のDoor」で、初のオリコンチャート第1位を獲得。

まぁ、映画の力を借りて売れたという、ここまではありがちなことかも知れません。
が、ここからがスゴいんですね。

このチャート第1位獲得をきっかけに、南野陽子はその後も「話しかけたかった」「パンドラの恋人」「秋のIndication」「はいからさんが通る」「吐息でネット」…と、出す曲出す曲がすべてヒットし、なんと、8曲連続して、次々とオリコン1位を獲得!
そして、2曲間をおいて「フィルムの向こう側」で再び1位を獲得!

つまり、南野陽子は、”計9曲”ほとんど連続してオリコン1位を獲得しているのです。おお!(゚o゚)

詳しくは、以下の表をご覧ください。

No.タイトル発売日オリコン最高位
6楽園のDoor1987年1月10日1位
7話しかけたかった1987年4月1日1位
8パンドラの恋人1987年7月1日1位
9秋のIndication1987年9月23日1位
10はいからさんが通る1987年12月2日1位
11吐息でネット1988年2月26日1位
12あなたを愛したい1988年6月18日1位
13秋からも、そばにいて1988年10月8日1位
14涙はどこへいったの1989年2月15日2位
15トラブル・メーカー/瞳のなかの未来
(両A面シングル)
1989年6月21日2位
16フィルムの向こう側1989年11月29日1位

このことから、当時南野陽子が、いかに人気が高かったかが分かります。

というより、今日は、私としたことが、かなり力が入ってしまった。(^~^;)ゞポリポリ


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字