[676] [675] [674] [673] [672] [671] [670] [669] [668] [667] [666]

2014年07月22日

「関白宣言/さだまさし」 - 名曲のご紹介


今日は、さだまさしの「関白宣言」のご紹介です。

関白宣言 さだまさし ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

さだまさし(本名:佐田雅志)は、長崎県長崎市出身のシンガーソングライター、タレント、小説家です。

さだまさしは、1972年に、二人組のフォークデュオ「グレープ」でデビューし、「精霊流し(1974年)」のヒットで全国にその名を知られるようになります。

ソロシンガーになってからも「雨やどり」、「関白宣言」、「道化師のソネット」、「防人の詩 」、「親父の一番長い日」、「北の国から~遥かなる大地より~」などの数々の曲を生み出していきます。

今日は、1979年7月10日に発売された、シングル盤ではさだまさしの最大のヒット作であり、約160万枚というミリオンセラーを記録する大ヒットとなった「関白宣言」をどうぞ。


関白宣言/さだまさし

ちなみにこの曲は、さだまさしが当時通っていた京都・先斗町のスナック「鳩」のママに、

「最近の男は駄目になった。だから若い娘も駄目になった。男はん、しっかりしとくれやっしゃ。お師匠はん、そういう歌を作っとくれやっしゃ」

と、言われたことがきっかけで生まれた作品です。

そのため、あえて男が強気な内容の歌詩となっているわけで、この曲をもって、さだまさしが亭主関白であると解釈するのは間違いです。

そもそも、さだまさし自身、「こんなのが売れるとは思ってなかった」と述べていますし、近年では「男は女の付属品です」とも言っています。

なお、この楽曲を元にした、同タイトルの映画作品もあります。

【パパの悩み】
パパの悩み


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字