[1059] [1058] [1057] [1056] [1055] [1054] [1053] [1052] [1051] [1050] [1049]

2018年01月10日

「ステキな恋の忘れ方/薬師丸ひろ子」 - 名曲のご紹介


今日は、薬師丸ひろ子の「ステキな恋の忘れ方」のご紹介です。

ステキな恋の忘れ方 薬師丸ひろ子 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

薬師丸ひろ子(やくしまる ひろこ、本名:薬師丸 博子(読み同じ)、1964年6月9日 -)は、東京都港区北青山出身の女優、歌手です。

薬師丸ひろ子は、1978年、角川映画「野性の証明」のヒロイン「長井頼子」役オーディションに合格し、高倉健と共演します。
以後、「ねらわれた学園」、「セーラー服と機関銃」、「探偵物語」、「翔んだカップル(東宝映画)」などに次々と出演。「お父さん怖いよ」(「野性の証明」)、「カイカン」(「セーラー服と機関銃」)、「顔はぶたないで。私、女優なんだから」「ああー!!私、お爺さまを殺してしまった!」(「Wの悲劇」)など、多くの流行語も生み出して話題となります。

スヤスヤ、…。「カ・イ・カ・ン!」
猫 カ・イ・カ・ン
写真は、こちらからお借りしました。

今日、そんな薬師丸ひろ子のヒット曲の中から、195年11月1日に発売された、通算7枚目のシングルである「ステキな恋の忘れ方」をどうぞ。

ステキな恋の忘れ方/薬師丸ひろ子

この曲の歌詞はこちら

この曲は、薬師丸ひろ子自身が出演した映画『野蛮人のように』の主題歌として発売されたもので、錯視、じゃなかった、作詞作曲は井上陽水です。

TBS系音楽番組『ザ・ベストテン』では最高7位を記録し、オリコンチャートの登場週数は13週、チャート最高順位は週間4位、累計では25.1万枚の売り上げを記録しました。

またこの曲は、東芝製品のCMソングとしても使われました。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字