[1056] [1055] [1054] [1053] [1052] [1051] [1050] [1049] [1048]

2017年12月31日

「ブルドック/フォーリーブス」 - 名曲のご紹介


今日は、フォーリーブスの「ブルドッグ」のご紹介です。

ブルドック フォーリーブス ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

フォーリーブスは、日本の男性アイドルグループです。
1967年4月1日結成され、1968年9月5日レコードデビューをします。

メンバーは、北公次(コーちゃん)、青山孝史(ター坊)、江木俊夫(トシ坊)、おりも政夫。

フォーリーブスは、初期のジャニーズ事務所を代表するグループです。

今日は、そんな彼らの、1977年に発売されたした「ブルドッグ」をどうぞ。


ブルドック/フォーリーブス

この曲の歌詞はこちら

この曲は当時、硬派で攻撃的な歌詞や、独特の奇抜なパフォーマンスが話題を呼んで、オリコンにおいて前年の「踊り子」を上回る売上げを記録します。

なお、グループ名である「フォーリーブス」の由来については、「Four Leaves(4枚の葉←leavesはleafの複数形)」が定説となっていますが、もともとはジャニー喜多川が脚本を書いたミュージカル・「いつかどこかで~フォーリーブス物語」内のグループ名からとったもので、「4つに“別れる、去る、出発する”」という意味の自動詞の「“leave”」です。

「ブルドッッグ」。
いやー、何かカッコいいタイトルですねー。(^O^)

このタイトルを見聞きするたびに、私は豪邸の門柱のところとか、あるいは玄関先にいるような、凛々しい「猛犬ー獰猛な犬」を想像してしまいます。(^^)

猛犬に注意 イメージ ユーモア
写真は、こちらからお借りしました。

中には、このようなちょっと頼りない「猛犬」もいますが。(爆)

再結成

・2002年1月29日に、メンバー中誰よりも解散を惜しみ、それまで再結成を訴え続けていた青山の念願がかなって、「フォーリーブス」がついに再結成されます。
初日に中野サンプラザでコンサートが行なわれ、同年8月22日にはシングル「it's more 愛(いつも愛)」が発売。
この曲は、山野楽器銀座本店の週間ランキングで初登場4位となりました。

・2006年8月27日に、ソニー・ミュージックダイレクトからCD-BOX『フォーリーブス 1968-1978』を発売。
これは、全シングルのA面・B面にアルバムから選んだ曲を加えた5枚組で、その後、ソニーミュージックショップのオーダーメイドファクトリーでオリジナル・アルバムや青山孝のソロ・アルバムなどが復刻されています。

・2006年8月12日、NHK『第38回思い出のメロディー』に出演し「ブルドッグ」と「地球はひとつ」を歌唱。
北公次はバック転も披露しました。
これは、彼らの久々のテレビ出演であり、特にNHKには前述の1978年の解散時に出演した『ビッグショー』以来28年ぶりでした。

・2007年1月に、『徹子の部屋』に出演。
以後の全員揃っての在京局のテレビ番組への出演は、2008年2月12日放送の『2時っチャオ!』と2008年11月11日放送の『NHK歌謡コンサート』(ブルドッグ」を歌唱)があります。
また、同年3月2日に放送された『Dのゲキジョー』に江木俊夫がVTR出演した際、フォーリーブスのコンサートや舞台裏の模様も放送されました。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字