[951] [950] [949] [948] [947] [946] [945] [944] [943] [942] [941]

2016年07月25日

「ルームライト/由紀さおり」 - 名曲のご紹介


今日は、由紀さおりの「ルームライト」のご紹介です。

ルームライト ジャケット画
写真は、こちらからお借りしました。

由紀 さおり(ゆき さおり、本名・旧芸名:安田 章子(やすだ あきこ)、1948年11月13日 -)は、群馬県桐生市出身の歌手、タレント、女優、ナレーターです。
姉は、歌手の安田祥子(やすだ しょうこ)。姉とシンガー・ソング・コメディアン(正しくはシンギング・コメディエンヌ)を自称。

由紀 さおりは、少女時代から姉と共に本名の「安田章子」の名前で童謡歌手として活躍していましたが、1965年にキングレコードから本名名義で「ヒッチハイク娘」で歌手デビューをします。

が、ヒットに恵まれず、童謡歌手時代からの仕事であるCM曲や、テレビ・ラジオ主題歌の吹き込み、また、「大人の世界を歌えるように」という修行の意味合いもあって、キャバレー・ナイトクラブへの出演を行ないながら、雌伏の時を過ごします。

1969年、東芝音楽工業(現・ユニバーサル ミュージック EMI Records Japanレーベル)から再デビュー作となった「夜明けのスキャット」を発売。

この曲は、もともとTBSラジオの深夜ラジオ番組「夜のバラード」のオープニングとして制作されたもので、当初はレコード化の予定はありませんでした
が、リスナーからの問い合わせが相次ぎ、シングルの発売が企画されます。

発売後、この曲は大ヒットとなり、最終的には、150万枚のミリオンセラーを達成。
同年の暮れには、「第20回NHK紅白歌合戦」で、念願だったNHK紅白歌合戦初出場を果たします(以降1978年・第29回まで10年連続出場)。

そして、翌年の1970年7月5日には、続けてシングル「手紙」を発売。
この曲も、6週連続1位、1970年度年間6位となる大ヒットとなり、「第12回日本レコード大賞」の「歌唱賞」を受賞します。

今日は、1973年03月01日に発馬された、通算15枚目のシングルである「ルームライト」をどうぞ。


ルームライト/由紀さおり

この曲の歌詞はこちら

いやしかし、難しい詩ですね。【><】
まず、この2人の関係が、今一分かりません。
どうやら不倫の関係のようですが、そろそろ終わろうとしているのでしょうか?
もしそうなら、何故、いっしょにタクシーで帰るのでしょうか?

♪あなたが私の手を軽くにぎってくれる頃♪
別れ際に手を握るのですから、少なくともまだダメにはなっていないと思うのですが、かといって、2人の幸せな未来も見えないですね。

♪あなたが運転手に道を教え始めたから♪
私が黙っているから、「あなた(相手の男性)」が道を教えるわけですよね。
そして、教えることが分かっているから、私は黙っている。
そして、「あなた」と別れるときには、いつもこの場面が繰り返される…。
これは、切ないですね。【><】

「私」は、少しでも長くあなたと一緒にいたい。 できることなら明日の朝まで。
でも、あなたは事務的に運転手に道を教えている…。
時間にすれば、わずか数分のシーンを切り取っただけの描写なのに、切なく哀しいです。

♪もう送られることにも 慣れてしまった♪
ここが効いていますね。
この最後のフレーズが、なんともいえない哀愁を誘います。(+_;)


ところで、

「♪道を・教え・はじめ・たから」

の歌詞の部分ですが、この部分、どこかで聞いたことがあるようなメロディーになっているのですが、どなたかお気づきの方はいらっしゃいますか?(・o・)え?

正解は、森進一の「襟裳岬」です。

やはり、最初の方の、

「♪燃やし・はじめてる・らしい」

の部分と、ほぼ同じですね。(^^)

「襟裳岬(えりもみさき)」 - 名曲のご紹介|Super源さんの音楽ブログ
http://musingbuff.blog.shinobi.jp/Entry/290/

実はこの2曲、作曲者がどちらも吉田拓郎なのです。

w(゚゜)w エエーッ←(^^;オドロキ 杉。

ちなみに、このシングルの発売から4年後の1977年に発売された吉田拓郎のアルバム『ぷらいべえと』に、この曲のセルフカバー版が収録されています。


おっと!(゚o゚)そろそろ夕飯の時間だ。
何か、今日は私らしくなく、真面目に(?)記事を書いてしまった。(爆)

参考にしたサイト
ルームライト 由紀さおり | 70年代歌謡曲 愛の空間史
http://www.emitefil.com/column/music/room/roomlight.html


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字