[904] [903] [902] [901] [900] [899] [898] [897] [896] [895] [894]

2016年03月01日

「スムース・オペレーター(Smooth Operator)/シャーデー(Sade)」 - 名曲のご紹介


今日は、シャーデーの「スムース・オペレーター(Smooth Operator」のご紹介です。

スムース・オペレーター EP盤 画像

シャーデー(Sade)は、女性ボーカルとバックミュージシャンから成る、イギリスのバンドです。

メンバーは、Sade Adu(シャーデー・アデュ 女性ボーカリスト)、Paul Spencer Denman(ベース)、Andrew Hale(キーボード)、Stuart Matthewman(ギター・サックス等)です。

シャーデーは、1984年にデビューをします。
第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンを背景にしたアルバム「Diamond Life(ダイアモンド・ライフ)」は、祖国のイギリスのみならず米国などでもヒットし、翌年の米グラミー賞最優秀新人賞に輝きます。

シャーディーの特徴は、ジャズとアダルト・コンテンポラリーをミックスしたサウンドと、アデュの落ち着いたミステリアスなボーカルです。
発表した作品数は、それほど多くはないものの、いずれも世界的なヒットとなっています。

1994年からは、アデュを除くメンバー3人が、「Sweetback(スウィートバック)」という名前で活動を始めます。

デビュー当初のジャズやソウルの系統のサウンドから、「Lovers Rock(ラバーズ・ロック)」以降はブルースやフォークの影響を感じさせるギター中心のサウンドに変化しており、くわえて、アデュがジャマイカに移住したこともあってレゲエの影響をも受けています。

今日は、1984年に発売されたファーストアルバム「ダイアモンド・ライフ (Diamond Life)」の中から、1曲目に収録されている「スムース・オペレーター(Smooth Operator」をどうぞ。


スムース・オペレーター(Smooth Operator)/シャーデー(Sade)

このアルバムは、発売当初は大ヒットには至りませんでしたが、2曲目に収録されている「ユア・ラヴ・イズ・キング(Your Love Is King)」がトップ10に入ってから、売れ始めました。

そして、女性アーティストのアルバムとしては長きに渡るセールスを誇り、全英チャートに99週間残っていました。
最高位は全米5位、全英2位で、今日ご紹介した「スムース・オペレーター」は、今日に至るまで多くのアーティストにカバーされています。

なお、「スムース・オペレーター」はしばしば、1988年発売の「パラダイス」、1992年発売の「ノー・オーディナリー・ラブ」とともに、シャーディーのテーマ音楽と考えられています。

おしゃれで豪華、そして大人の雰囲気をもつ素敵なバンド、シャーデー。
シャーデーの曲の中では、「キス・オブ・ライフ」もまた素敵です。
もしもお時間が許せば、こちらもお聴きになってみてください。(^^)

「キス・オブ・ライフ(Kiss Of Life)」 - 名曲のご紹介


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字