[905] [904] [903] [902] [901] [900] [899] [898] [897] [896] [895]

2016年03月04日

「きみの朝/岸田智史」 - 名曲のご紹介


今日は、岸田 智史の「きみの朝」のご紹介です。

きみの朝 岸田智史 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

岸田 智史(きしだ さとし、現:岸田 敏志(読みは同じ) 本名:稲田 英彦(いなだ ひでひこ) 1953年4月18日 - )は、岡山県真庭郡落合町(現・真庭市)出身のシンガーソングライター、俳優です。
父は書家の稲田東川、息子はパーカッション奏者の稲田しんたろう、娘はミュージカル女優の稲田みづ紀。

岸田 智史は、1976年にCBS・ソニーから「蒼い旅」で歌手デビューをします。

その後、1979年にTBS系列のテレビドラマ「愛と喝采と」で俳優としてもデビュー。
そして、このドラマの挿入歌「きみの朝」(ドラマの中では「モーニング」というタイトルだった)を歌い大ヒット。
この曲は、岸田 智史の代表曲となります。

今日はその「きみの朝」をどうぞ。


この曲の歌詞はこちら

当時、「愛と喝采と」のスタッフが「3年B組金八先生」を手掛けることになったため、岸田 智史に「金八」主演の打診がありました。
が、「きみの朝」のヒットとコンサートで多忙だったため、当時同じ事務所の所属だった武田鉄矢が出演することになりました。

先に、武田鉄矢が作詞した主題歌「贈る言葉」の作曲も依頼されましたが、曲はできたものの、レコーディングまでには至っていません。
岸田智史はその後、桜中学シリーズの第2弾となる「1年B組新八先生」に主演しています。

岸田智史版の「贈る言葉」は、2009年5月7日放送のTBS「サカスさん」に出演した際、岸田智史の演奏にて披露されましたが、マイナー調の曲で、「既に暮れなずんじゃってる感じ」だと自ら語っていました。

他に、自らが主演した「新八」の主題歌「重いつばさ」や、リチャード・クレイダーマンのヒット曲に歌詞をつけてカバーした「潮風のセレナード」、「黄昏」や「21のキャンドルライト」などの曲が知られています。

また、岸田智史は当時、同じCBS・ソニーの所属だった山口百恵から、歌声や作品を気に入られ、山口百恵のオリジナル・アルバム「花ざかり」に「飛騨の吊り橋」「あまりりす」「ドライフラワー」の3曲を提供したことでも有名です。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字