[634] [633] [632] [631] [630] [629] [628] [627] [626] [625] [624]

2014年04月17日

「キス・オブ・ライフ(Kiss Of Life)/シャーデー(Sade)」 - 名曲のご紹介


今日は、シャーデーの「キス・オブ・ライフ(Kiss Of Life)」のご紹介です。

キス・オブ・ライフ シャーデー ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

シャーデー(Sade)は、女性ボーカルとバックミュージシャンから成る、イギリスのバンドです。

メンバーは、Sade Adu(シャーデー・アデュ 女性ボーカリスト)、Paul Spencer Denman(ベース)、Andrew Hale(キーボード)、Stuart Matthewman(ギター・サックス等)です。

シャーデーは、1984年にデビューをします。
第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンを背景にして、アルバム「Diamond Life」は、祖国のイギリスのみならず米国などでもヒット。翌年の米グラミー賞最優秀新人賞に輝きます。

ジャズとアダルト・コンテンポラリーをミックスしたサウンドや、アデュの落ち着いたミステリアスなボーカルが特徴で、寡作ながら、発表する作品はいずれもが世界的なヒットとなっています。

また、1994年からは、アデュを除くメンバー3人が、「Sweetback」という名前で活動を始めます。

デビュー当初のジャズやソウルの系統のサウンドから、「Lovers Rock」以降はブルースやフォークの影響を感じさせるギター中心のサウンドに変化しており、くわえてアデュがジャマイカに移住したこともあり、レゲエの影響も受けている。

今日は、1992年に発売されたシャーデーの4枚目のスタジオ・アルバム「Love Deluxe(ラブ・デラックス)」からシングルカットされた、通算3枚目のシングルである「キス・オブ・ライフ(Kiss Of Life)」(発売は翌年の1993年)をどうぞ。


キス・オブ・ライフ(Kiss Of Life)/シャーデー(Sade)


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字