[878] [877] [876] [875] [874] [873] [872] [871] [870] [869] [868]

2015年12月18日

「炎/松山千春」 - 名曲のご紹介


今日は、松山 千春の「炎」のご紹介です。

松山 千春(まつやま ちはる、1955年12月16日 -)は北海道足寄郡足寄町出身のフォークシンガーです。

1975年、STVラジオの竹田健二ディレクターに見出され、翌年に同局の「サンデージャンボスペシャル」内の15分コーナー『千春のひとりうた』でメディアデビューをします。
続いて翌1977年の1月25日に、「旅立ち」でレコードデビューを果たします。

翌年の1978年、発売したシングル「季節の中で」が大ヒットしたことでブレイクし、 その後も「窓(1979年)」「恋(1980年)」「長い夜(1981年)」をはじめとする多数のヒット曲を世に送り出し、ニューミュージック界に確固たる地位を築きます。

今日は、1979年8月21日に発売された、通算7枚目のシングルである「炎」をどうぞ。


炎/松山千春

この曲の歌詞はこちら

このジャケットの写真は、「明星」の提供によるもので、NHK銀河テレビ小説「家族日記」「海をわたって」の主題歌となっていました。

ちなみに、松山千春の知人の一人に、中島みゆきがいます。
2人は、同時期に、ニューミュージックの一時代を築いています。
共通点は、ともに北海道出身ということで、かつては両者の比較を、雑誌、ラジオ等がよく企画していました。

あるとき、さだまさしと松山千春(二人とも髪が薄い)がワカメスープを飲んでいるのを中島みゆきが発見し、『オールナイトニッポン』でネタにしたこともあります。

また、関西ローカルのやしきたかじんの番組内において、松山千春がかつて中島みゆきと男女の仲だったことを匂わせる発言をしたことがありますが、真偽のほどは不明です。

松山千春が、中島みゆきがパーソナリティを務める『オールナイトニッポン』に遊びに来たとき、2人の昔話をしたなかで、中島みゆきが風邪で寝込んでいたときに、松山千春が彼女の自宅に見舞いに行き、中島みゆきの母親と会って話をしたと語っていました。

これについて、中島みゆきは特に否定せず、「そんなこともあったね」と語っています。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字