[1131] [1130] [1129] [1128] [1127] [1126] [1125] [1124]

2019年08月18日

「糸/中島みゆき」 - 名曲のご紹介


今日は、中島みゆきの「糸」のご紹介です。

糸 中島みゆき ジャケットイメージ
写真はこちらからお借りしました。

中島みゆき(なかじまみゆき、本名:中島 美雪)は、1952年2月23日生まれ、 広島県竹原市出身のシンガーソングライター、ラジオパーソナリティーです。

中島 みゆきは、1975年にシングル「アザミ嬢のララバイ」でデビューをしてます。
暗く重い作風と、ラジオ番組などでの明るい語り口とのギャップで、1980年代前半に大きな人気を博し、現在も根強い人気があります。

今日ご紹介する糸は、1998年2月4日に発売された通算35枚目の曲で、TBS系テレビドラマ『聖者の行進』の主題歌に起用された曲でもあります。(^^)

さて、それでは早速、その「糸」をどうぞ。( ^-^)/


糸/中島みゆき

この曲の歌詞はこちら

この曲は1992年に発売されたアルバム『EAST ASIA』から20年以上経過した、2010年代に大きな支持を受けるに至り、2017年にはJASRAC賞(著作権使用料分配額)の金賞(=年間1位)を獲得しています。

1970年代:わかれうた(1977年)
1980年代:悪女(1981年)
1990年代:空と君のあいだに(1994年)、旅人のうた(1995年)
2000年代:地上の星(2003年)

この曲が生まれたきっかけ、その他

「糸」はもともと、当時熱心な天理教信者だった中島みきが、1992年に4代真柱・中山善司の結婚を祝して作った楽曲でした(2006年頃に脱会したという噂がありますが、真偽のほどは不明)。

中島みゆきは、ほどなくしてこの曲をレコーディングし、通算20作目となるスタジオ録音作『EAST ASIA』を締めくくるナンバーとして同年の10月に公式に発表しました。

このアルバムに収録された曲のベーシック・トラックは、全般的に日本国内で録音されたものでしたが、のちにコーラスとストリングスがハリウッドのキャピトル・スタジオ(英語版)で追加されています。
コーラスも海外で録音されており、コーラスはレイヴァン・ケーン、ザ・ウォーターズが担当しています。

この曲は、2004年にMr.Childrenのフロントマン櫻井和寿とプロデューサーの小林武史が結成したチャリティ・プロジェクト、Bank Bandのカヴァー・アルバム『沿志奏逢』で取り上げられました。
彼らのカバーは、シングルとして発売されることはなかったものの、翌年に住友生命のコマーシャルに使用され、これを機に楽曲そのものの存在が広く認知されるようになりました。
さらに世間一般に知られるようになったのは2013年頃で、バラエティー番組でBGMやカバーされたりすることがきっかけとなったようです。

2014年現在、この曲はのべ20組以上のアーティストによって相次いでカバー・バージョンが商品化され、中島みゆきによるオリジナル版も複数のテレビドラマやコマーシャル、イベントなどでたびたび使用されています。

また、2018年2月度日本レコード協会リリースにおいて、(着うたフル+ネット配信)でのミリオンに認定された。2002年4月のフル配信開始から15年10か月かかっており、既往の記録であった中島美嘉「雪の華」(13年0か月)を抜き、史上もっとも長い年月をかけてフル配信ミリオンに到達した楽曲となりました。

2020年には、本楽曲に着想を得た映画『糸』(監督:瀬々敬久、脚本:林民夫、主演:菅田将暉・小松菜奈)が公開予定となっており、中島みゆきの楽曲が映画のモチーフになるのはこれが初めてのことです。
  このエントリーをはてなブックマークに追加  
合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字