[852] [851] [850] [849] [848] [847] [846] [845] [844] [843] [842]

2015年09月13日

「けんかをやめて/河合奈保子」- 名曲のご紹介


今日は、河合奈保子の「けんかをやめて」のご紹介です。

けんかをやめて 河合奈保子 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

河合奈保子(かわい なおこ、出生名:河合 奈保子(かわい なほこ)1963年7月24日 -)は、大阪市住之江区出身の歌手、シンガーソングライター、女優です。
娘は、歌手のkaho

河合 奈保子は、1980年代に活躍した歌手・アイドルの一人です。
代表曲には、「エスカレーション」「スマイル・フォー・ミー」「夏のヒロイン」「けんかをやめて」(オリコンチャートシングル売上記録順)などがあります。

河合 奈保子の、その明るい笑顔と、天真爛漫で素直な性格は、当時幅広い世代に愛され、またスタイル抜群な彼女は、雑誌のグラビアやアイドル水泳大会を度々飾り、写真集は2012年の現在もなお古書市場において根強い人気を保っています。

また、歌以外にも、ピアノ・ギター・マンドリン・シンセサイザーを演奏し、自作曲(作詞作曲)も発表しています。

くわえて、彼女は中西裕の漫画「あしたのナオコちゃん」のモデルにもなっています。

今日は、そんな彼女の曲の中から、1982年9月1日に発売された通算10枚目のシングルである「けんかをやめて」をどうぞ。


けんかをやめて/河合奈保子

河合 奈保子はこの曲で、「第24回日本レコード大賞」で金賞を受賞し、オリコンでは「スマイル・フォー・ミー」以来のベスト5にランクインしています。

この曲の作詞・作曲は、シンガーソングライターの竹内まりやです。
ある時、竹内まりやは、たまたまテレビで河合奈保子が「スマイル・フォー・ミー」を歌う姿を見て「彼女はしっとりとした歌を歌ってもきっと似合うだろうなあ」と感じて、表題曲の着想を得たといいます。

竹内まりやは、この曲について、「奈保子ちゃんが歌うと、ちょっとワガママな女の子の揺れてる気持ちが自然に聞こえてくる」と評し、また、河合奈保子の抑揚をつけた「ごめんなさいね 私のせいよ」という歌い方から、少女の心の機微が伝わってくると述べています。

のちに、竹内まりやはこの曲をセルフカバーしましたが、「奈保子ちゃんが歌うとすごく可愛いのに、私が歌うとひどく傲慢(ごうまん)な女性に聞こえるのはなぜだ(笑)?」と自身の歌い方を評し、歌手による視点の変化の妙を語りました。

なお、作曲家・筒美京平は、この曲を高く評価しています。

ちなみに、河合奈保子が金賞を受賞した「第24回日本レコード大賞」では、堀ちえみが「待ちぼうけ」で新人賞を受賞しています。こちらも竹内まりやの作詞・作曲によるものです。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字