[684] [683] [682] [681] [680] [679] [678] [677] [676] [675] [674]

2014年08月07日

「エスカレーション/河合奈保子」 - 名曲のご紹介


以前、河合奈保子の「ハーフムーン・セレナーデ」をご紹介しましたが、今日は、もう一曲ご紹介したいと思います。

曲名は、「エスカレーション」です。

エスカレーション 河合奈保子 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

河合奈保子の楽曲は、それまで竹内まりやなどのニューミュージック系アーティストの楽曲提供が続いていましたが、この作品から筒美京平らが起用されています。

さて、それでは早速、1983年6月1日に発売された、通算13枚目のシングルである「エスカレーション」をどうぞ。( ^-^)/


エスカレーション/河合奈保子

この曲の歌詞はこちら

河合奈保子の曲は、それまで竹内まりや、来生えつこ・たかお姉弟と、ニューミュージック系アーティストの楽曲提供となっていましたが、この曲から、作詞・売野雅勇、作曲・筒美京平のコンビに変わりました(初起用)。

この曲は、オリコンチャートにおいて、河合奈保子自身最大となる35万枚近い売り上げを記録します。

ちなみにこの曲は、同年の1983年に公開された高倉健主演の映画「居酒屋兆治(いざかやちょうじ)」の劇中歌として使われました。
居酒屋兆治というのは、「血族」(第27回菊池寛賞受賞)などで有名な山口瞳の小説を原作にした日本映画(邦画)です。

居酒屋兆治―Movie Walker

この曲が1983年6月27日付の「ザ・トップテン」で8位にランクインされた際、河合奈保子がコンサートで訪れていた名古屋市のホテルにあるプールから中継出演しました。
実はこの時、名古屋でダンスの世界大会が行なわれており、その大会へ出場するために同ホテルへ宿泊し、プールで泳いでいた西ドイツの男性が、この中継に気づくと、なんと、曲に合わせて踊リ出したのです!

この男性は、翌週に日本テレビ側から打診され、同年7月4日付の「ザ・トップテン」で河合奈保子と共演することになりました。

この出来事は、2012年2月27日放送の「人生が変わる1分間の深イイ話」で取り上げられています。

【エスカレーションって?】
エスカレーションって?


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字