[770] [769] [768] [767] [766] [765] [764] [763] [762] [761] [760]

2015年02月12日

「ウィズアウト・ユー(Without you)/マライア・キャリー(Mariah Carey)」 - 名曲のご紹介


今日は、マライア・キャリーの「ウィズアウト・ユー」のご紹介です。

ウィズアウト・ユー マライア・キャリー ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

マライア・キャリー(Mariah Carey, 1970年3月27日 -)は、アメリカのシンガーソングライター、音楽プロデューサー、女優です。

マライア・キャリーは、ハイスクール卒業後、マンハッタンへ移り、ウェイトレスなどをしながらチャンスを待っていましたが、その後ブレンダ・K・スターのバックコーラスとなり、ブレンダに連れられて訪れたパーティー会場で、CBSレコード(現:ソニー・ミュージックエンタテインメント (米国))のトミー・モトーラ社長へブレンダがデモテープを渡したことがきっかけで、1990年に「Vision Of Love」でデビューをします。

そして、このシンデレラストーリーと、デビュー直前にNBAファイナルで「America the Beautiful」を熱唱して話題になったことから大ブレイクします。

デビュー当時のキャッチコピーは、「7オクターブの音域を持つ歌姫」(ただし、これには誇張があり、実際には5オクターブ)。

マライア・キャリーの音域は、数多く存在する歌手の中でもかなり広く、女性では不可能に近い男性並の低音域から、ハープやフルートの最高音に匹敵する超高音域のホイッスルボイスまで、自在に操ることができる広さです。
音域をいっぱいにまで使った曲は、デビューから今もなおよく見られ、最も高い声を出す人として、ギネス・ブックにも認定されています。

さて、今日はそんなマライア・キャリーの1994年に発売されたアルバム「ミュージック・ボックス」から、3枚目のシングルとして発売された「ウィズアウト・ユー」をどうぞ。


ウィズアウト・ユー(Without you)/マライア・キャリー(Mariah Carey)


マライア・キャリーが、サビの部分を超音波のような高音で、♪アイ・キャント・リ~~~~~ブ!と熱唱する、あまりにも有名な曲です。
が、実はこの曲、彼女のオリジナルではありません。

この「ウィズアウト・ユー」は、1972年に「ニルソン(Harry Nilsson)」が歌ってヒットした曲で、その後実に多くのアーティストがカバーしていて、もはやスタンダードの粋に達した名曲と言えます。声域の広さをアピールするために使われる曲とも言われているくらいです。

それでは、オリジナルは誰が歌っているのでしょうか?

この曲のオリジナルは、イギリスの「バッドフィンガー(Badfinger)」というロック・グループで、作曲はメンバーのピート・ハムとトム・エヴァンスによるものです。


ウィズアウト・ユー(Without you)/バッドフィンガー(Badfinger)

ピート・ハムが中心となって曲を作り、サビはトム・エヴァンズが作ったというもので、ニルソンのバージョンが耳に馴染んでいるせいか、バッドフィンガーのオリジナルバージョンはかえって新鮮です。
1970年発売の彼らのセカンド・アルバム「No Dice(ノー・ダイス)」 に収録されており、シングルカットはされていません。

バッドフィンガーは、当時ビートルズが設立したアップル・レコードの人気グループだったため、「第二のビートルズ」とも呼ばれたグループです。
その呼び名も伊達ではなく、ジョンとポールの名コンビの如く、彼らの作る楽曲もまた、素晴らしいポップスばかりです。

参考にしたサイト
マライア・キャリー「Without you」の原曲は誰?
http://www.cdjournal.com/main/research/-/1280


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字