[203] [202] [201] [200] [199] [198] [197] [196] [195] [194] [193]

2010年09月21日

「 ラブ・ミー・ライク・ザ・ファースト・タイム(Love Me Like The First Time)/ブレンダ・K・スター(Brenda K. Starr)」 - 名曲のご紹介


今日は、ブレンダ・K・スター(Brenda K. Starr)のヒット曲、 「Love Me Like The First Time」のご紹介です。

ブレンダ・K・スターは、1966年10月15日ニューヨークで生まれました。本名はブレンダ・ジョイ・カプラン。
彼女は、ステイシー・ラティソーのデモ・シンガーを経験した後、ハリー・ベラフォンテにスカウトされて映画『ビート・ストリート』(1984年)に端役で出演します。そして、この作品で音楽を手掛けていたアーサー・ベイカーに認められて、1985年にベイカーのプロデュースするフリースタイル・ナンバー“Pickin' Up Pieces”で歌手デビューを果たします。
そして、マドンナ路線のダンス・ポップ・シンガーとして脚光を浴びることになります。

Love Me Like The First Time は、1985年に発売された2枚目のアルバム、I Want Your Loveに収録されている曲です。

さて、それでは早速「Love Me Like The First Time」をどうぞ。


ラブ・ミー・ライク・ザ・ファースト・タイム(Love Me Like The First Time)/ブレンダ・K・スター(Brenda K. Starr)

ブレンダ・K・スターは、ベビー・ボイスゆえにボーカリストとしては過小評価されがちですが、その歌声にじっと耳を傾けてみれば、大変な実力者であることが良く分かります。

また、マライア・キャリーが彼女のバック・ボーカリストだったことは有名な逸話で、ブレンダの推薦があったからこそ、マライアはソロ・デビューすることが出来たといっても過言ではありません。



合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

きのうSuper
きのうSuper源さんと、過言にヒットしたかもー。

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字