[751] [750] [749] [748] [747] [746] [745] [744] [743] [741] [740]

2014年12月28日

「妖精の詩(ようせいのうた)/アグネス・チャン」 - 名曲のご紹介


今日は、アグネス・チャンの「妖精の詩(ようせいのうた)」のご紹介です。

妖精の詩 アグネス・チャン ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

アグネス・チャン(本名:陳美齡、英語:Agnes Miling Kaneko Chan、日本名:金子 陳 美齢(かねこ チャンメイリン)、1955年8月20日 -)は、香港の歌手、エッセイストです。
カトリック教徒で、「アグネス」は洗礼名。

アグネス・チャンは、1972年11月25日に「ひなげしの花」で、日本で歌手デビューをします。
キーの高い澄んだ声と、愛くるしいルックス、そしてたどたどしいけれども一生懸命に日本語で歌うその真摯な姿が受け、一躍人気アイドルとなります。

そしてその後、「妖精の詩」「草原の輝き」「小さな恋の物語」「星に願いを」「ポケットいっぱいの秘密」など多くのヒットを飛ばし、台湾やアメリカ合衆国などでも音楽活動を行ないます。

また、近年では歌手としての活躍以外に、1998年に初代日本ユニセフ協会大使に就任するなど、ボランティアやチャリティー等を通じた社会奉仕や貧困・平和についての発言でも知られているところです。

今日は、1973年4月10日に発売された通算2枚目のシングルである「妖精の詩(ようせいのうた)」をどうぞ


妖精の詩(ようせいのうた)/アグネス・チャン

この曲の作詞は松山猛、作曲は加藤和彦です。
また、アルバム作品のピアノ演奏などで交流のあった矢野顕子が、1977年に発売されたシングル「いろはにこんぺいとう」のカップリング曲としてカバーしています。

アグネスチャンの近況
2007年10月の北京で行なわれたチャリティコンサートが延期となり、その時に空いたスケジュールで受けた検査で乳ガンを発見。同年10月に摘出手術を受けて無事成功し、わずか1週間で芸能活動を再開。

2007年に発表した平和をテーマにした曲の第一弾は、自らピアノを弾きながら詞にメロディーをつけた「そこには幸せがもう生まれているから」。続いて「ピースフルワールド」、「朗らかに」を発売。
これらは、いずれもアグネス・チャンの作詞によるもので、また「みんな地球に生きるひと」など、平和をテーマにしたこの3曲のカップリング曲はすべて彼女の詞です。

1985年には、広尾に自宅を購入。リビング・ルームは事務所の会議室も兼ねており、人が集まる「運命の場所」という考えから、風水を取り入れて広めに設計。
家庭では、子供たちが納得するまで最長8時間説教したことが学びの場.comで公表されています。

また、乳がんの薬の副作用で増えた体重を抑えるために、「エア縄跳び」を始めています。

アグネス: 「健康」は当たり前のことではないんです。そのことは、わたし自身ががんになって気付いたことです。病気になってから、適度に運動することも心掛けています。実は今、縄跳びのまねをする、エア縄跳びにはまっています(笑)。
(2010年10月2日)

八尾市立病院開院60周年記念対談~アグネス・チャンさん~
http://www.city.yao.osaka.jp/0000013580.html


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

この曲、知りませんでした
アグネスのこの曲、知りませんでした。で。乳がんを患われたことも・・。
でも、スケジュールが空いてたまたま検査した時にガンが見つかるなんて、神様に愛されてる人だと思いました✩
源さん、今年もよろしくお願いします✩
Re:この曲、知りませんでした
三毛猫さん、こんばんは。( ^-^)/
コメント、ありがとうございます。

あら。(゚.゚)そうでしたか。
私は、デビュー曲の「ひなげしの花」を聴いてアグネス・チャンのファンになったもので、2枚目の曲であるこの曲もよく聴きました。(--)トオイ メ

そうですね。(^^)仏教では偶然はないといいますし、きっとアグネス・チャンが敬虔なクリスチャンであるために、神様に愛され、命を救われたんでしょうね。

それでは、こちらこそこれからもよろしくお願いします(^^)/

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字