[488] [487] [486] [485] [483] [482] [481] [480] [479] [478] [477]

2013年05月14日

「ひなげしの花/アグネス・チャン」 - 名曲のご紹介


今日は、アグネス・チャンの「ひなげしの花」のご紹介です。

アグネス・チャン(本名:陳美齡、英語:Agnes Miling Kaneko Chan、日本名:金子 陳 美齢(かねこ チャンメイリン)、1955年8月20日 -)は、香港の歌手、エッセイストです。
カトリック教徒で、「アグネス」は洗礼名。

アグネス・チャンは、1972年11月25日に「ひなげしの花」で、日本で歌手デビューをします(※)。
キーの高い澄んだ声と、愛くるしいルックス、そしてたどたどしいけれども一生懸命に日本語で歌うその真摯な姿が受け、一躍人気アイドルとなります。

そしてその後、「妖精の詩」「草原の輝き」「小さな恋の物語」「星に願いを」「ポケットいっぱいの秘密」など多くのヒットを飛ばし、台湾やアメリカ合衆国などでも音楽活動を行ないます。

また、近年では歌手としての活躍以外に、1998年に初代日本ユニセフ協会大使に就任するなど、ボランティアやチャリティー等を通じた社会奉仕や貧困・平和についての発言でも知られているところです。

今日は、デビュー曲である「ひなげしの花」をどうぞ。


ひなげしの花/アグネス・チャン

ちなみに、この曲の作詞は山上路夫、作曲は森田公一です。

※ 前年の1971年、日本でデビューする前に、アグネス・チャンは祖国香港でデビュー(曲は、Joni Mitchell(ジョニ・ミッチェル)のカバーである「Circlr Game(サークル・ゲーム)」)しています。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字