[498] [497] [496] [495] [494] [493] [492] [491] [490] [489] [488]

2013年05月22日

「32階のBar/水越 けいこ」- 名曲のご紹介


今日は、「水越けいこ」の「32階のBar」のご紹介です。

32階のBar 水越 けいこ ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

水越けいこ(みずこし けいこ、1954年2月4日 -)は、山梨県南都留郡道志村出身のシンガーソングライター、作曲家です。

水越けいこは、女性デュオユニットの「姫だるま(※)」を経て、1978年に「しあわせをあ りがとう」でデビューをします。

そして、その後「めぐり逢いすれ違い」「ほほにキスして」「Touch Me In The Memories」「Thank you SUMMER 」と、順次シングルを発売していきます。

水越けいこの主な活動期は、1970年代中期 - 1992年、そして1997年 - 現在で、その間発売されたシングル盤は31枚、そしてアルバムは21枚となっています。

また、当時のプロフィールによれば、シカゴやツェッペリンが好きで、リンダ・ロンシュタットが目標とのことで、当時歌手以外の活動として、夜のヒットスタジオ(フジテレビ)、紅白歌のベストテン(日本テレビ)、ドリフ大爆笑(フジテレビ)、レッツゴーヤング(NHK)、ヤングおー!おー!(MBS)などに出演しています。

今日ご紹介する「32階のBar」は、1982年11月21日に発売された通算10枚目のシングル、「今夜だけ踊らせて」のB面に入っている曲です。

それでは早速、「32階のBar」をどうぞ。


32階のBar/水越 けいこ

この曲の歌詞はこちら

※「姫だるま」は、水越恵子が奥谷美保子と組んで結成したフォークデュオ。当時のかぐや姫などと同系統の叙情派フォーク曲「道祖神のある坂道を」でテイチクレコードからデビューした。この「姫だるま」は、奥谷美保子が姫だるまのマネージャと結婚したのを期に、2枚目のシングル「吉田川」を最後に解散した。

道祖神のある坂道を
道祖神のある坂道を/姫だるま

上のジャケット写真は、こちらからお借りしました。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字