[499] [498] [497] [496] [495] [494] [493] [492] [491] [490] [489]

2013年05月23日

「そして僕は途方に暮れる」- 名曲のご紹介


今日は、大澤 誉志幸の「そして僕は途方に暮れる」のご紹介です。

大澤 誉志幸(おおさわ よしゆき、本名:同じ 1957年10月3日-)は、 東京都杉並区高円寺出身の歌手、作曲家、音楽プロデューサーです。

大澤 誉志幸は、大学在学中の1978年に、ロックバンド「クラウディ・スカイ」を結成します。
卒業後の1981年、ビクターからレコード・デビューしますが、アルバム1枚・シングル2枚を残すのみで同年の末に解散します。
その直後、印税を前借りして単身渡米。帰国後、エピックのディレクターに才能を見出され、ミュージシャン契約を結び、当時のロック・ミュージシャンとしてはかなり珍しいタイプで、「アイドルへの積極的楽曲提供とプロデュース」で一躍売れっ子作曲家として注目を浴びます。

これと並行する形でソロ活動を始め、1983年6月22日に「大沢誉志幸」名義でシングル「彼女には判らない」、アルバム「まずいリズムでベルがなる」でソロデビューをします。

大澤 誉志幸の楽曲は、ハスキーなボーカルと、R&Bを巧みに取り入れたスタイリッシュなロックサウンドが特徴です。

今日は、1984年09月21日に発売された通算5枚目のシングルである「そして僕は途方に暮れる」をどうぞ。


そして僕は途方に暮れる/大沢誉志幸


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字