[718] [717] [716] [715] [714] [713] [712] [711] [710] [709] [708]

2014年10月07日

「岬めぐり/山本コータロー&ウィークエンド」 - 名曲のご紹介


今日は、山本コウタローとウィークエンドの「岬めぐり」のご紹介です。

岬めぐり 山本コウタローとウィークエンド ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

山本コウタロー(やまもとコウタロー、本名:山本厚太郎(やまもとこうたろう)、1948年9月7日 -)は、東京都千代田区出身の歌手、タレント、白鴎大学(はくおうだいがく)※教授です。

山本コウタローは、一橋大学社会学部に在学中から、「ソルティー・シュガー」のメンバーとしてフォークソングを手がけ、日本におけるコミックソングの代表作のひとつともいえる「走れコウタロー」を発売。
次第に熱狂する競馬中継を模したこの曲は、その面白さから第12回日本レコード大賞新人賞を受賞するヒットソングとなります。

ソルティー・シュガー解散後に結成した「山本コウタローとウィークエンド」でもフォークを手がけ、「めぐり」がヒット。
この曲も、「走れコウタロー」と並んで、現在でも歌い継がれています。

また、TBSラジオの深夜放送「パック・イン・ミュージック」金曜日の第1部パーソナリティを担当、第2部は後に山本コウタローのパートナーとなり、現在も同居生活をしている吉田真由美(DJ、映画評論家)が担当していました。
「パック・イン・ミュージック」終了後は、単身アメリカに渡り、約2年間生活。
帰国後「アメリカあげます」(ほんの木社)を書き上げます。

その後は、テレビ番組の司会(「午後は○○おもいッきりテレビ」の初代司会者を務めた)、タレントとして活躍しています。

2005年から、「山本コウタローとウィークエンド」を、一部メンバーを替え「山本コウタローとほぼウイークエンド」として再結成し、ライブ活動を開始。

2007年8月29日には、ニューアルバムを発売しています。

今日は、そんな山本コウタローのヒット曲で、1974年に発売された「山本コウタローとウィークエンド」のファーストシングルである「岬めぐり」をどうぞ。


この曲の歌詞はこちら

ギターコードはこちら

この曲は、オリコンシングルチャートで最高5位を記録し、約40万枚ほどを売り上げ、山本コウタローとウィークエンドでは最高の売り上げとなりました。

また、作詩の山上路夫によれば、日本各地の岬を歩きまわってできた総合的なイメージをもとに書いたということですが、三浦では三浦半島がモデルであると信じられており、山路路夫も「三浦の人たちに愛され、この歌は幸せですね」と述べています。
この曲はまた、京浜急行電鉄久里浜線三崎口駅の接近メロディーとしても使われています。


ちなみに、この曲の歌詞についてですが、私は今まで、失恋した男性の「傷心旅行」と捉えていたのですが、再度読み返してみて疑問に思い、色々調べてみたところ、やはりちょっと違うようです。

まず、歌詞の中に、

「二人で行くと 約束したが 今ではそれも かなわないこと」

とあります。
ここから、その約束は、「もう、絶対にかなわない」というニュアンスが読みとれます。
もしも、この主人公の恋人との別れが失恋であるならば、たとえ約束があったとしても、それは自動的に反古になるべきもので、そのことについていつまでもウジウジしたりはしないでしょう。

次に、 

「僕はどうして 生きてゆこう」

とあります。
この部分から、主人公にとって、この別れは失恋以上のもっと大きな喪失であることが伺えます。

くわえて、3回も繰り返される、

「悲しみ深く 胸に沈めたら この旅終えて 街に帰ろう」

のフレーズ。
この部分からは、残された者の悲しみは、残された者が深く沈めていかなければならず、それを抱えての再出発しかほかに道はないということを、自らに納得させようとしていることが読みとれます。

これらの点から、この曲は単なる失恋ソングではなく、恋人を亡くしてしまった男性が、心に負った深い傷を癒すべく出た旅を歌ったものであることが伺えます。

フォークの名曲「岬めぐり」のヒロインは?
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/852068.html
番外:『岬めぐり』にはテーマソングがありそれはもちろんあの同名の歌なのでついでに三浦半島の岬めぐり-でんでんむしの岬めぐり
http://dendenmushimushi.blog.so-net.ne.jp/2012-02-02


※白鴎大学(はくおうだいがく)は、1986年に設置された、栃木県小山市大行寺1117番地に本部を置く日本の私立大学で。略称は白鴎大、白大(はくだい)。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字