[487] [486] [485] [483] [482] [481] [480] [479] [478] [477] [476]

2013年05月13日

「揺れるまなざし/小椋 佳」 - 名曲のご紹介


今日は、小椋 佳の「揺れるまなざし」のご紹介です。

小椋 佳(おぐら けい、本名:神田 紘爾(かんだ こうじ)、1944年1月18日 -)は、シンガーソングライター、作詞家、作曲家です。

小椋 佳は、1971年に「しおさいの詩 / さらば青春」で歌手デビューをします。
当初は、フォークソングあるいはニューミュージックに分類されていましたが、次第にジャンルを広げていきます。

歌手として、自ら曲を歌う一方、他の歌手への楽曲提供も多く、「シクラメンのかほり」(歌:布施明)を初めとして、「俺たちの旅」「時」「俺たちの祭」「愛燦燦」「愛しき日々」(作曲・歌:堀内孝雄)、「山河」(作曲:堀内孝雄、歌:五木ひろし)、「白い一日」(作曲・歌:井上陽水)などがあります。

また、小椋佳の書く詞は、季節、旅、恋などを切り口としたものが多く、その内容は、非常に抽象的であることが特徴のひとつとして挙げられるでしょう。

今日は、1976年7月21日に発売された「揺れるまなざし」をどうぞ。


揺れるまなざし/小椋 佳

ちなみに、この曲は資生堂キャンペーンソングに使われました。

シカシ、コノ曲ヲ キクト、昔ノ コトヲ イロイロト 思イ出ス ナア!(--)トオイ メ
ン? スルト君ハ、コノ曲ヲ キカナイト 何モ 思イ出セナイ ノカ。(?_?)ヾ(^^;)ソウジャナイッ テ!


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字