[310] [309] [308] [307] [306] [305] [304] [303] [302] [301] [300]

2011年08月06日

「風と落葉と旅びと/チューインガム」 - 名曲のご紹介


今日は、「チューインガム」の「風と落葉と旅びと」のご紹介です。

風と落葉と旅びと チューインガム ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

チューインガムは、大阪府豊中市出身の姉妹フォークデュオです。
チューインガムは、1972年に「風と落葉と旅びと」でデビューします。
メンバーは、松田りか、松田マミの2人。両親はソングライターの松田篝と松田泰子で、親子で作詞・作曲をしている作品が多く、またシモンズやまがたすみこと並び、三大『妖精フォーク』と称されています。

さて、今日はそんな彼女たちの曲の中から、デビュー曲であり、同時に代表曲でもある、「風と落葉と旅びと」をどうぞ。


風と落葉と旅びと/チューインガム

そうそう、チューインガムといえば、これ、調べてみたら、ものスゴく歴史があるものなんですね。
あっ、私のいっているのは、「噛む方」ですよ。(^^)
なんと、成績、じゃなかった、西暦300年頃からあるんです。w(゚゜)w オォーッ

その頃、メキシコ南部のユカタン半島で、マヤ文明というのが栄えていたのですが、そこの住人たちが、樹液を煮詰めた「チクル」というものを噛む習慣があったんです。
そしてこれが、チューインガムのルーツとされているんですね。

ということは…、約2000年の歴史があるということですね。(゚O゚;スゴッ!

え?(・o・) 何故彼らは、そんなものを噛(か)んでいたのかって?

気になった方は、以下のサイトにGo! ( ^-^)/

チューインガムは、古代マヤ人が発明したものだった? | Super源さんの雑学事典
http://www.zatsugaku-jiten.net/blog-entry-1538.html


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字