名曲紹介、作詞・作曲、音楽用語の楽しい覚え方、その他音楽にまつわることを書いていくブログです。可愛い音楽ブログパーツも配布しています。

「右向け右/石川 ひとみ」 - 名曲のご紹介

今日は、石川 ひとみの「右向け右」のご紹介です。

右向け右 石川 ひとみ ジャケットイメージ
写真はこちらからお借りしました。

石川 ひとみ(いしかわ ひとみ、本名:山田 ひとみ(旧姓・石川1959年9月20日) -)は、愛知県海部郡美和町(現:あま市)出身の歌です。愛称はひっちゃん。

そして高校2年生の時に、フジテレビ系のオーディション番組「君こそスターだ!」でチャンピオンとなり、1978年5月25日に「右向け右」で歌手デビューをします。

同年、全国58大学で構成される全国ビューティ・オール学生協会から「'78マスコット・ガール」に選ばれるなど、デビュー当時からルックスと歌唱力が高く評価され、大学生を中心に絶大な支持を得ます。

そのためか、男性誌を中心に、水着姿でのグラビア撮影が多かったものの、石川ひとみは水恐怖症だったため、芸能界入りするまで、水着は1着も持っていませんでした。

そして、1981年に三木聖子のカバー曲である「まちぶせ」がヒット。この年、念願だった第32回NHK紅白歌合戦に初出場を果たします。

また、NHKの人形劇「プリンプリン物語」(1979-82)で、声優として主役のプリンセス・プリンプリンの声を担当し、同局の歌番組「レッツゴーヤング」で、太川陽介と司会を務めるなど、歌手活動以外でも活躍します。

今日は、そんな石川ひとみの、1978年5月25日に発売されたデビュー曲「右向け右」をどうぞ。


右向け右/石川ひとみ 右向け右

この曲の歌詞はこちら

石川ひとみが歌手になったきっかけ

石川ひとみが歌手になったのは、天地真理の存在が非常に大きく、石川ひとみはかつて、「天地真理さんがいなかったら、私は歌手になっていなかった」といっていたことがあります。

石川ひとみは、芸能界では天地真理の後輩に当たり、石川ひとみがデビューしたときには、天地真理は既に引退してしまっていたようですが、このように、誰かの影響を受けて運命が変わることは、世の中にけっこうあるのではないかと思います。

石川ひとみのその後

石川ひとみは、1987年に慢性B型肝炎を発症し、芸能界を一時引退、翌年復帰します。
その後は、NHK「母と子のテレビタイム(日曜版)」に出演(ぬいぐるみのニャンちゅうと共演)するなど、ファミリー向け活動を展開します。
さらにその後は、一五一会によるCDアルバムを中心とした活動を行ないます。

デビュー40周年を迎えた2018年には、1983年の「プライベート」以来、実に35年振りとなる9枚目のオリジナル・アルバム「わたしの毎日」を発売。同年7月にはアルバム発売記念ライブ、10月には40周年記念コンサートを開催し、さらに2019年2月には、東京と名古屋で追加公演を開催しています。