[528] [527] [526] [525] [524] [523] [522] [521] [520] [519] [518]

2013年08月18日

「まちぶせ/石川 ひとみ」 - 名曲のご紹介


今日は、石川 ひとみの「まちぶせ」のご紹介です。

石川 ひとみ(いしかわ ひとみ、本名:山田 ひとみ(旧姓・石川1959年9月20日) -)は、愛知県海部郡美和町(現:あま市)出身の歌です。愛称はひっちゃん。

石川 ひとみは、高校2年生の時に、フジテレビ系のオーディション番組「君こそスターだ!」でチャンピオンとなり、1978年5月25日に「右向け右」で歌手デビューをします。
そして、1981年に三木聖子のカバー曲である「まちぶせ」がヒット。この年、念願だった第32回NHK紅白歌合戦に初出場を果たします。

また、NHKの人形劇「プリンプリン物語」(1979-82)で、声優として主役のプリンセス・プリンプリンの声を担当し、同局の歌番組「レッツゴーヤング」で、太川陽介と司会を務めるなど、歌手活動以外でも活躍します。

が、1987年に慢性B型肝炎を発症し、芸能界を一時引退、翌年復帰。
その後は、NHK「母と子のテレビタイム(日曜版)」に出演(ぬいぐるみのニャンちゅうと共演)するなど、ファミリー向け活動を展開しています。
さらにその後は、一五一会によるCDアルバムを中心とした活動を行なっています。

今日は、そんな石川 ひとみのヒット曲の中から、1981年4月21日に発売された通算11枚目のシングル「まちぶせ(作詞・作曲は荒井由実)」をどうぞ。


まちぶせ/石川ひとみ


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字