[1135] [1134] [1133] [1132] [1131] [1130]

2019年10月11日

「涙の茉莉花LOVE」(なみだのジャスミン・ラヴ)/河合その子」 - 名曲のご紹介


今日は、河合その子の「涙の茉莉花LOVE」(なみだのジャスミン・ラヴ)」のご紹介です。


写真はこちらからお借りしました。

河合その子(かわい そのこ、1965年6月20日、本名: 後藤 その子(ごとう そのこ) 旧姓:河合)は、愛知県知多郡横須賀町(現 東海市)出身の元歌手です。

河合その子 グラビア
写真はこちらからお借りしました。

河合その子は女性アイドルグループである「おニャン子クラブ」の元メンバーで、会員番号は12番。
現役当時は、渡辺プロダクション→イザワオフィスに所属していました。

そして引退後は、専業主婦として、出身地の愛知県東海市にある実家の近くに居を構えていましたが、2010年に芸能活動を再開します。

今日は、そんな河合その子の、1985年9月1日に発売された「涙の茉莉花LOVE」(なみだのジャスミン・ラヴ)」をどうぞ。



この曲の歌詞はこちら

異国情緒の漂う曲です。河合その子の声も可愛いですね。(^^)
「涙の茉莉花LOVE」は、当時おニャン子クラブの会員番号12番だった河合その子のソロ・デビュー第1弾シングルとなる曲で、初チャートイン(第5位)翌週のオリコンシングルチャートにて第1位を獲得。
おニャン子クラブ関連でも初の1位獲得でした。

TBS系の音楽番組『ザ・ベストテン』では、9月26日放送分で9位で初登場(同週は「セーラー服を脱がさないで」も6位にランクイン)し、10月17日放送分まで合計4週に渡ってランクインします。

この曲の初めと終わりの部分で、河合その子自らがキーボードをパフォーマンスが見られました。
1988年1月1日に発売された企画アルバム『Dedication(デディケーション)』では、大きくアレンジを変えた新録音バージョンが収録されています。

なお、この盤のB面に収録された「恋のチャプターA to Z」は河合その子 with おニャン子クラブ名義で、バックのメンバーは国生さゆり(こくしょう さゆり)・名越美香(なごや みか)・高井麻巳子(たかい まみこ)・城之内早苗(じょうのうち さなえ)が務めており、彼女たちはよみうりランドでのデビュー握手会イベント等にも随伴(ずいはん)しました。
  このエントリーをはてなブックマークに追加  
合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字