[1032] [1031] [1030] [1029] [1028] [1027] [1026] [1025] [1024] [1023] [1022]

2017年07月21日

「恋文(こいぶみ)/由紀さおり」 - 名曲のご紹介


今日は、由紀さおりの「恋文(こいぶみ)」のご紹介です。

恋文 由紀さおり ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

由紀 さおり(ゆき さおり、本名・旧芸名:安田 章子(やすだ あきこ)、1948年11月13日 -)は、群馬県桐生市出身の歌手、タレント、女優、ナレーターです。
姉は、歌手の安田祥子(やすだ しょうこ)。姉とシンガー・ソング・コメディアン(正しくはシンギング・コメディエンヌ)を自称。

由紀 さおりは、少女時代から姉と共に本名の「安田章子」の名前で童謡歌手として活躍していましたが、1965年にキングレコードから本名名義で「ヒッチハイク娘」で歌手デビューをします。

が、ヒットに恵まれず、童謡歌手時代からの仕事であるCM曲や、テレビ・ラジオ主題歌の吹き込み、また、キャバレーやナイトクラブへの出演を行ないながら、雌伏の時を過ごします。

1969年、東芝音楽工業(現・ユニバーサル ミュージック EMI Records Japanレーベル)から再デビュー作となった「夜明けのスキャット」を発売。

発売後、この曲は大ヒットとなり、最終的には、150万枚のミリオンセラーを達成。
同年の暮れには、「第20回NHK紅白歌合戦」で、念願だったNHK紅白歌合戦初出場を果たします(以降1978年・第29回まで10年連続出場)。

そして、翌年の1970年7月5日には、続けてシングル「手紙」を発売。
この曲も、6週連続1位、1970年度年間6位となる大ヒットとなり、「第12回日本レコード大賞」の「歌唱賞」を受賞します。

今日は、そんな由紀さおりの、1973年8月20日に発売された、通算20枚目のシングルである「恋文」をどうぞ。


恋文(こいぶみ)/由紀さおり

この曲の歌詞はこちら

何というか、古き良き時代の名曲という感じで、節回しとメロディーの展開が独特ですね。
この曲の冒頭部分の歌詞に出てくる「アズナヴール」というのは、フランスの歌手・俳優の「シャルル・アズナヴール」のことです。

シャルル・アズナヴール
シャルル・アズナヴール
写真は、こちらからお借りしました。

由紀さおりは、この曲で1973年の『第15回日本レコード大賞』・最優秀歌唱賞を受賞。
また、同年の『第24回NHK紅白歌合戦』では、この曲を歌唱しました。

姉との歌手活動など

由紀 さおりは、1985年から、姉の安田祥子と共に、童謡コンサートをスタートさせ、徐々に歌手活動に再び重点を置くようになっていきます。

1986年には、童謡アルバム『あの時、この歌』を発表し、同年の暮れには、第28回日本レコード大賞企画賞を受賞。
そして、童謡ブームの火つけ役となります。

1987年には、童謡歌手として「第38回NHK紅白歌合戦」に出場。
NHK紅白歌合戦に9年ぶりに復帰し、以降2001年の「第52回NHK紅白歌合戦」まで紅白の常連として出演します。

2000年には、映画『ドラえもん のび太の太陽王伝説』の主題歌「この星のどこかで」を、安田と共に歌います。

姉との共同レパートリーは童謡・唱歌にとどまらず、オリジナル楽曲、歌謡曲、クラシック、アニメ主題歌等と、多ジャンルに渡っています。

特に、スキャットで唄った「トルコ行進曲」は、1997年の「第48回NHK紅白歌合戦」で披露されたことで、一躍日本全国に知れ渡ります。

現在でも、各地で精力的にコンサートを行なう一方、女優・タレントとしての活動も盛んに行なっています。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字