[757] [756] [755] [754] [753] [752] [751] [750] [749] [748] [747]

2015年01月12日

「ユー・メイ・ドリーム(You May Dream)」 - 名曲のご紹介


今日は、シーナ&ロケッツの「ユー・メイ・ドリーム(You May Dream)」のご紹介です。

シーナ&ロケッツ(SHEENA & THE ROKKETS)は、ギターロックバンドです。

メンバーは、シーナ(ボーカル・タンバリン)、鮎川誠(ギター・ボーカル)、川嶋一秀(ドラム)、奈良敏博(ベース)の4人で、出身地は、それぞれ北九州市、久留米市、福岡市、福岡市。

プロフィール-SHEENA & THE ROKKETS' OFFICIAL WEB SITE
http://www.rokkets.com/rokket.htm

シーナ&ロケッツは、元サンハウスのギタリスト鮎川誠が、妻・シーナ(本名:悦子)と共に結成。
1978年に、「涙のハイウェイ」で、デビューをします。

そして、翌年の1979年に、イエロー・マジック・オーケストラのメンバーの協力を得て、アルバム「真空パック」を発売。
シングル「ユー・メイ・ドリーム(You May Dream)」が、JALの「マイ・ハート・キャンペーン」のCMに起用されて、ブレイクを果たします。

その後、アメリカのA&Mレコード、フランスのスカイドッグ・レコードなど、海外でもアルバムを発売して世界的に名が知られることとなり、国内外を含めて、これまでに通算35枚のアルバムと、16枚のシングルを発売しています。

2013年には結成35周年を迎えるも、1978年結成当初よりバンド活動には一切のブランクがなく、日々積極的に全国各地でライブ・ツアーを行なっているシーナ&ロケッツ。
日本国内では、トップクラスのロック・バンドとして今日に至っているバンドです。

今日は、そんなシーナ&ロケッツの、1979年12月5日に発売された通算2枚目のシングルである、「ユー・メイ・ドリーム(You May Dream)」をどうぞ。


ユー・メイ・ドリーム(You May Dream)/シーナ&ザ・ロケッツ(SHEENA & THE ROKKETS)

歌詞はこちら

この曲の作詞は柴山俊之、作曲は鮎川誠・細野晴臣です。
また、「シーナ&ザ・ロケッツ」というバンド名の由来は、シーナの本名「悦子」から「ロック+エツコ=ロケッツ」となり、ただのロケッツでは軽いということと、昔風に「○○&ロケッツ」にしたいという鮎川誠の発案からです。

シーナ&ロケッツは、シナロケと略されることもありますが、2013年以降はシーナ&ロケッツと表記されています。
過去には、シーナ&ザ・ロケッツ、シーナ&ロケットなどと表記されることもありました。

ちなみに私は、当時この曲のタイトルYou May Dreamが、「=ドリーム」とも読めるところが面白いなあ、と思いました。(^-^)


追記:2015.2.16
SHEENA(シーナ)、こと鮎川 悦子(あゆかわ えつこ)さんが、2015年2月14日に子宮頸癌のため東京都内の病院で亡くなりました。享年61歳でした。

シーナ&ロケッツのシーナさん死去
4人組ロックバンド「シーナ&ザ・ロケッツ」のボーカル、シーナさん=本名・鮎川悦子=が14日朝、子宮頸がんのため、入院先の都内の病院で亡くなった。61歳だった。

シーナは昨年7月、急病でライブ出演をとりやめたが、鮎川によると、この時、末期の子宮頸がんと診断されていたという。8月にステージ復帰。9月13日に日比谷野音で行われたシナロケの35周年ライブにも出演したが、この時、体調が悪いことを伏せて、ステージに立っていたという。

その後、体調が悪化し、11月下旬に入院。正月は自宅に戻り、家族で過ごすことができたが、今年1月中旬に容態が急変。再び入院。この日、家族が病室に集まり、手を握りながらみまもったが、パソコンでシナロケの35年分の音楽を聴きながら、息を引き取ったという。

シーナ&ロケッツのシーナさん死去-デイリースポーツ online
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/02/14/0007740118.shtml


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字