[516] [515] [514] [513] [512] [511] [510] [509] [508] [507] [506]

2013年07月04日

「銀の雨/松山千春」 - 名曲のご紹介


今日は、松山 千春の「銀の雨」のご紹介です。

銀の雨 松山千春 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

松山 千春(まつやま ちはる、1955年12月16日 -)は北海道足寄郡足寄町出身のフォークシンガーです。

1975年、STVラジオの竹田健二ディレクターに見出され、翌年に同局の「サンデージャンボスペシャル」内の15分コーナー『千春のひとりうた』でメディアデビューをします。
続いて翌1977年の1月25日に、「旅立ち」でレコードデビューを果たします。

翌年の1978年、発売したシングル「季節の中で」が大ヒットしたことでブレイクし、 その後も「窓(1979年)」「恋(1980年)」「長い夜(1981年)」をはじめとする多数のヒット曲を世に送り出し、ニューミュージック界に確固たる地位を築きます。

今日ご紹介する「銀の雨」は、1977年6月25日に発売された、通算2枚目のシングルである「かざぐるま」のB面に収録されていた曲で、作詞・作曲は、ともに松山千春自身です。

それでは早速、「銀の雨」をどうぞ!( ^-^)/


銀の雨/松山千春

この曲の歌詞はこちら


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

千春様は
青春時代の思い出です
この曲は大好きな一つです
ありがとうございました^^
Re:千春様は
monikaさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

松山千春、いいでよね。
私は当時、「時のいたずら」を聴いてファンになりましたが、この曲は、2番目に好きな曲です。

この曲を聴くと、やはり当時のことが脳裏に蘇ります。(--)トオイ メ

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字