[583] [582] [581] [580] [579] [578] [577] [576] [575] [574] [573]

2014年01月26日

「夕月/黛 ジュン」 - 名曲のご紹介


今日は、黛 ジュンの「夕月」のご紹介です。

夕月 黛 ジュン ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

黛 ジュン(まゆずみ ジュン、本名:渡邊 順子(わたなべ じゅんこ) 1948年5月26日 -)は、東京都調布市出身の歌手、女優です。実兄は作曲家の三木たかし。
1960年代後半を中心に、独特のパンチの効いた魅力的な歌声でヒットを飛ばした歌手です。

黛 ジュンは、1964年に「渡辺順子」の名でデビューします。
が、ヒットせず、2年後の1967年に石原プロモーションへ移籍します。
くわえて、作曲家である黛敏郎のファンであったことと、パンチのある名前ということで「黛ジュン」に改名し、東芝音楽工業から「恋のハレルヤ」で再デビューをします。

この曲は、ミニスカートと共にパンチの効いた歌声で、一気に注目を集めることとなります。

そして、翌年の1968年に発売された「天使の誘惑」は更なるヒットとなり、同年の第10回日本レコード大賞に輝きます。
結果、1967年から1968年の2年間において、レコードの売上が500万枚を記録。「天使の誘惑」「夕月」では映画の主演女優に抜擢。売れっ子女優にもなります。

てなもんや三度笠(1962年 - 1968年)、花の恋人たち(1968年)、火曜サスペンス劇場「姉は二度死んだ」(1984年)、新・事件「断崖の眺め」(1984年)、特捜最前線 第385話「新幹線出張殺人!」(1984年)など多くのドラマにも出演します。

また、年末恒例のNHK紅白歌合戦では、1967年の第18回から1970年の第21回まで、4年間連続で通算4回の出場を果たします。

今日は、そんな黛 ジュンの多くのヒット曲の中から、1968年09月10日に発売された通算5枚目のシングルである、「夕月」をどうぞ。
ちなみに、この曲の作詞はなかにし礼で、作曲は黛の実兄である三木たかし(2009年5月11日に喉頭がんで死去。享年64歳)が手がけた作品です。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字