[563] [562] [561] [560] [559] [558] [557] [556] [555] [554] [553]

2013年12月18日

「霧のかなたに/黛 ジュン」 - 名曲のご紹介


今日は、黛 ジュンの「霧のかなたに」のご紹介です。

霧のかなたに 黛 ジュン ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

黛 ジュン(まゆずみ ジュン、本名:渡邊 順子(わたなべ じゅんこ) 1948年5月26日 -)は、東京都調布市出身の歌手、女優です。実兄は作曲家の三木たかし。
1960年代後半を中心に、独特のパンチの効いた魅力的な歌声でヒットを飛ばした歌手です。

黛 ジュンは、1964年に「渡辺順子」の名でデビューします。
が、ヒットせず、2年後の1967年に石原プロモーションへ移籍します。
くわえて、作曲家である黛敏郎のファンであったことと、パンチのある名前ということで「黛ジュン」に改名し、東芝音楽工業から「恋のハレルヤ」で再デビューをします。

この曲は、ミニスカートと共にパンチの効いた歌声で、一気に注目を集めることとなります。

そして、翌年の1968年に発売された「天使の誘惑」は更なるヒットとなり、同年の第10回日本レコード大賞に輝きます。
結果、1967年から1968年の2年間において、レコードの売上が500万枚を記録。「天使の誘惑」「夕月」では映画の主演女優に抜擢。売れっ子女優にもなります。

また、年末恒例のNHK紅白歌合戦では、1967年の第18回から1970年の第21回まで、4年間連続で通算4回の出場を果たします。

今日は、そんな黛 ジュンの多くのヒット曲の中から、1967年07月05日に発売された通算2枚目のシングルである、「霧のかなたに」をどうぞ。


霧のかなたに/黛ジュン

( ^o^) ♪山のソナタの空遠く~ 幸い住むとひとの言う~♪
あっ!(゚o゚)『あなた』だった。(爆)

ちなみに、この曲の歌詞はこちら


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

無題
歌詞読んでみました。
切ない雰囲気のある素敵な詞ですね。古くても素晴らしい曲たくさんあるのだと分かりました。
後姿さびしく、霧のかなたに。。
無題
カルさん、こんばんは。(^^)
コメントありがとうございます。

歌詞、読んでいただけましたか。(^^)
そうですね。切ないですが、素敵な詩ですね。

「あの人」は都会へ出て行ってしまい、「私」は待ち続ける。…

この頃の曲は、優れた詩に、マッチングしたメロディーと、型にはまらない自由なアレンジが施されているものが多かったように思います。

それで、いつまでも心に残るんですね、きっと。

特に、60年代から80年代にかけては、名曲がたくさん生まれてると思います。

現在主流の16ビートの曲と比べると、スピーソ感やインパクトさにかけるきらいはありますが…。(^^;

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字