[567] [566] [565] [564] [563] [562] [561] [560] [559] [558] [557]

2013年12月26日

「折鶴(おりづる)」 - 名曲のご紹介


今日は、千葉 紘子の「折鶴(おりづる)」のご紹介です。

千葉 紘子(ちば ひろこ、本名:同じ 1944年11月19日 -)は北海札幌北出身の女性歌手、教育関係者です。

千葉 紘子は、1970年2月に、大阪万国博覧会の第3回全国カンツォーネコンクールで優勝し、翌年の1971年7月に「恋する女に悔いはない」でデビューをします。

そして、その翌年の1972年7月に発売した「折鶴」が大ヒット。この曲は、オリコンチャート最高位第9位を取得します。

1980年以降は、ラジオパーソナリティとして活躍中で、FM東京の「ステレオ歌謡バラエティ」、NHKラジオ第1放送「はつらつスタジオ505」などを担当。
また、当時「ルックルックこんにちは」の名物コーナー「ドキュメント女ののど自慢」の審査員も務めています。

今日は、1972年8月25日に発売された、作詞・安井かずみ、作曲・浜圭介による「折鶴」をどうぞ。


折鶴(おりづる)/千葉紘子

ちなみに、千葉紘子は中学校の教員免許を持っており、歌手活動に加えて少年の育成にも携わっています。
1983年には法務省の篤志面接委員に、1990年には保護司に就任し、全国各地の少年院などへの慰問や、院生のカウンセリングを行なっています。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字