[520] [519] [518] [516] [515] [514] [513] [512] [511] [510] [509]

2013年07月18日

「コバルトの季節の中で/沢田 研二」 - 名曲のご紹介


今日は、沢田 研二の「コバルトの季節の中で」のご紹介です。

コバルトの季節の中で 沢田 研二 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

沢田 研二(さわだ けんじ、本名:澤田 研二 1948年6月25日 -)は、鳥取県鳥取市生まれ、京都府京都市出身の歌手、俳優、作詞・作曲家です。ニックネームはジュリー。妻は女優の田中裕子。前妻は元ザ・ピーナッツの伊藤エミ。

沢田 研二は、1971年11月1日に「君をのせて」でソロデビューをします。
オリコン最高位は23位どまりでしたが、この曲がGSの先輩であった「ザ・ワイルドワンズ」の加瀬邦彦プロデュースのもと、十数年にわたって音楽ランキングトップ10にチャートインし続けた沢田のソロ活動のスタートでした。

1973年4月21日に「危険なふたり」を発売。この曲は65万枚を売り上げ、ソロ初のオリコン1位を獲得し、第4回日本歌謡大賞を受賞します。
続いて翌年の1974年には、「追憶」が58万枚を売り上げ、2曲目のオリコン1位を獲得します。

今日は、1976年9月10日に発売された17枚目のシングルである、「コバルトの季節の中で」をどうぞ。


コバルトの季節の中で/沢田研二

ちなみに、沢田研二の存在は社会的にも大きく、当時アイドル歌手の石野真子が「ジュリーがライバル」という曲を歌ってヒットしましたが、沢田研二好きが高じてリングネームにしているプロレスラーや、楽曲をタイトルにしたゲーム、また沢田研二・ジュリーという名前が登場する小説、マンガ、オマージュしたBL系、またカバーバンドも多く存在します。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字