[326] [325] [324] [323] [322] [321] [320] [319] [318] [317] [316]

2011年10月21日

「さらば青春/小椋佳」 - 名曲のご紹介


今日は、「小椋佳」の「さらば青春」のご紹介です。

さらば青春 小椋佳 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

小椋佳(おぐら けい、本名: 神田紘爾(かんだ こうじ)、1944年1月18日 -)は、東京都台東区上野出身のシンガーソングライター、作詞家、作曲家です。

小椋佳は、1971年に「しおさいの詩」でデビューをします。
当初は「さらば青春(1933年)」、「俺たちの旅(1975年)」などフォークソングの作り手の一人とみられていましたが、年を経るに従って、音楽ジャンルの枠を越え、美空ひばりの「愛燦燦(1986年)」、布施明の「シクラメンのかほり(1975年)」、アニメーション「銀河英雄伝説」のエンディング曲など、他歌手への作品提供も数多く手掛けています。

何よりも、小椋佳の情緒豊かなその美しい詩と馴染みやすいメロディー、そして透明感のあふれるその歌声で語りかけるように歌い上げる作品は、幅広い支持を得ています。

今日は、彼のその多くの作品の中から、「さらば青春」をどうぞ。


さらば青春 ~ 小椋佳 投稿者 yosihosi


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字